Billion Hits!

フル配信ダウンロード売上、MV再生回数、ストリーミング再生回数、Billboard JAPANランキングデータなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

トップページ

当ブログでは主に2000年代以降の日本国内の楽曲人気動向に関係するヒットデータを様々な切り口からまとめています。メインで使用しているデータは以下のとおりです。

 

 

データは随時最新版にアップデートしていますが、管理人の繁忙状況等によりタイムラグが生じる場合がありますのでご了承ください。

 

 

アーティスト別楽曲人気データ

 

あ行

 

AI

あいみょん

青山テルマ

Aqua Timez

安室奈美恵

絢香

いきものがかり

UVERworld

宇多田ヒカル

AKB48

EXILE

大塚愛

Official髭男dism

ORANGE RANGE

 

か行

 

加藤ミリヤ

KARA

木村カエラ

King Gnu

GReeeeN

倖田來未

コブクロ

 

さ行

 

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

SEAMO

清水翔太

JUJU

シェネル

少女時代

Superfly

 

た行

 

東方神起

DREAMS COME TRUE

 

な行

 

ナオト・インティライミ

中島美嘉

西野カナ

 

は行

 

back number

浜崎あゆみ

B'z

BTS

平井堅

ヒルクライム

福山雅治

星野源

ポルノグラフィティ

 

ま行

 

MISIA

Mrs. GREEN APPLE

miwa

 

や行

 

YUI

YOASOBI

米津玄師

 

ら行

 

RADWIMPS

L'Arc~en~Ciel

LiSA

レディー・ガガ

 

わ行

 

ONE OK ROCK

 

その他

 

配信ダウンロード売上では分からない2006年以降のヒット曲

ジャニーズ事務所所属アーティストのヒット曲(2011年以降)

 

各種歴代ランキング

 

着うたダウンロード売上

 

歴代着うたランキング

 

フル配信ダウンロード売上

 

歴代配信ダウンロード売上ランキング

歴代アーティスト・トータル・ダウンロード売上ランキング

 

MV再生回数

 

歴代MV再生回数ランキング(YouTube・日本国内)

 

ストリーミング再生回数

 

歴代ストリーミング再生回数ランキング

歴代アーティスト・トータル・ストリーミング再生回数ランキング

 

各種年間ランキング

 

フル配信ダウンロード売上

 

2005年以前配信曲のダウンロード売上ランキング

2006年配信曲のダウンロード売上ランキング【2006年のヒット曲】

2007年配信曲のダウンロード売上ランキング【2007年のヒット曲】

2008年配信曲のダウンロード売上ランキング【2008年のヒット曲】

2009年配信曲のダウンロード売上ランキング【2009年のヒット曲】

2010年配信曲のダウンロード売上ランキング【2010年のヒット曲】

2011年配信曲のダウンロード売上ランキング【2011年のヒット曲】

2012年配信曲のダウンロード売上ランキング【2012年のヒット曲】

2013年配信曲のダウンロード売上ランキング【2013年のヒット曲】

2014年配信曲のダウンロード売上ランキング【2014年のヒット曲】

2015年配信曲のダウンロード売上ランキング【2015年のヒット曲】

2016年配信曲のダウンロード売上ランキング【2016年のヒット曲】

 

Billboard JAPAN

 

2017年Billboard JAPAN年間チャート総括【2017年のヒット曲】

2018年Billboard JAPAN年間チャート総括【2018年のヒット曲】

2019年Billboard JAPAN年間チャート総括【2019年のヒット曲】

2020年Billboard JAPAN Hot 100上半期チャート総括

2020年Billboard JAPAN年間チャート総括【2020年のヒット曲】

2021年Billboard JAPAN上半期チャート総括

2021年Billboard JAPAN年間チャート総括【2021年のヒット曲】

2022年Billboard JAPAN上半期チャート総括

 

各種週間ランキング

 

2008年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2009年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2010年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2011年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2012年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2013年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2014年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2015年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2016年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2017年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2018年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2019年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2020年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

2021年Billboard JAPAN Hot 100週間チャート回顧

 

紅白歌合戦

 

第70回(2019年)NHK紅白歌合戦歌唱曲の楽曲人気データ

続・第70回(2019年)NHK紅白歌合戦歌唱曲の楽曲人気データ【完全版】

第71回(2020年)NHK紅白歌合戦歌唱曲の楽曲人気データ

続・第71回(2020年)NHK紅白歌合戦歌唱曲の楽曲人気データ【完全版】

第72回(2021年)NHK紅白歌合戦歌唱曲の楽曲人気データ

 

音楽チャート論

 

2010年代のヒット曲10選を楽曲人気データから選出する

「ヒット曲」の定義 

「ヒットチャート」の条件

日本音楽ヒットチャートのCD偏重問題 ~歴史~

日本音楽ヒットチャートのCD偏重問題 ~2021年第4四半期時点の状況と解決案~

日本ストリーミングチャートのファンダム過熱問題 ~2022年第2四半期までの経緯と現状~

 

AIの配信ダウンロード売上ランキング

AIは2000年に「Cry, just Cry」でデビューした女性ソロアーティスト。2005年にブレイクし、以降2010年代に入ってもコンスタントにヒット曲を輩出し続けた。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は11曲で、認定総ダウンロード売上は395万(歴代27位)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、AIのヒット史を振り返る。

 

  

続きを読む

歴代アーティスト・トータル・ダウンロード売上ランキング

2006年以降に流行した曲を知るためには、CD売上だけでなく、日本レコード協会が認定しているダウンロード売上のチェックが必須であることは、以下の記事「歴代配信ダウンロード売上ランキング」で述べたとおりである。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

流行という意味では曲に限った話ではなく、アーティスト人気に関しても同様のことが言える。アーティスト人気を計る指標として有名なのはオリコンのトータル・セールスであったが、長きに渡り配信売上がこの指標に組み込まれなかったことや、楽曲人気に関係しない要因でCD売上を積み増す動きが定着した今となっては、この指標でアーティスト人気の量を計ることは不適切になっている。

 

トータル・セールスがアーティスト人気指標として機能していた時代においては、B'z最も多くのCDセールスを記録したアーティストであることは広く知られているが、最も多くのダウンロードセールスを記録したアーティストは誰なのかは、残念ながら認知普及機会が乏しいのが現状である。

 

そこで、日本レコード協会のダウンロード認定データを用いて、アーティストごとにフル配信認定数を合計し、降順に並べることで、歴代アーティスト・トータル・ダウンロード・セールスをランキング化した。

 

TOP50は以下のとおり。このうち6組が認定総数1,000万ダウンロードを突破しており、錚々たる面々が並んでいる。

 

 

このうち、認定総数250万ダウンロードを突破したアーティスト47組個別解説記事を作成している。下記にリンクをあいうえお順に並べている。

 

  • あ行

 

AI

青山テルマ

Aqua Timez

安室奈美恵

絢香

いきものがかり

UVERworld

宇多田ヒカル

AKB48

EXILE

大塚愛

Official髭男dism

ORANGE RANGE

 

  • か行

 

加藤ミリヤ

KARA

木村カエラ

GReeeeN

倖田來未

コブクロ

 

  • さ行

 

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

SEAMO

清水翔太

JUJU

シェネル

少女時代

Superfly

 

  • た・な行

 

東方神起

DREAMS COME TRUE

ナオト・インティライミ

中島美嘉

西野カナ

 

  • は・ま行

 

back number

浜崎あゆみ

B'z

平井堅

ヒルクライム

福山雅治

星野源

ポルノグラフィティ

MISIA

miwa

 

  • や・ら行

 

YUI

米津玄師

RADWIMPS

L'Arc~en~Ciel

LiSA

レディー・ガガ

 

続きを読む

2022年Billboard JAPAN上半期チャート総括

この記事では2022年上半期のヒット曲をBillboard JAPANを通じて振り返る。

  

2022年上半期のBillboard JAPAN Hot 100年間TOP10は以下のとおりとなった。

 

 

www.billboard-japan.com

  

続きを読む

日本ストリーミングチャートのファンダム過熱問題 ~2022年第2四半期までの経緯と現状~

この記事では「日本ストリーミングチャートのファンダム過熱問題」を取り上げる。

 

「日本ストリーミングチャートのファンダム過熱問題」とは、一部アーティストのファンダムが、楽曲の視聴ではなく、大量再生に付属する特典の獲得やチャート成績向上を主目的とした大量再生を行っていることによって生じる音楽チャート上の問題を指す。

 

なお、ここで問題とするのは音楽チャートの設計やその在り方であり、ファンダムの過熱そのものの是非は論点としておらず、否定する意図もない。ここで例示した楽曲やアーティストを批判するものでもない。

 

続きを読む

2016年配信曲のダウンロード売上ランキング【2016年のヒット曲】

この記事では2016に配信された楽曲のヒットを、主にフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。ミリオンセラーがフル配信ダウンロードで続々誕生するようになり、完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。そのCD売上チャートも、楽曲人気に関係しない要因によって特定アーティストにより過度に独占されるようになったため、楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

そんな中でもCD売上を楽曲人気指標として誤用する動きはなかなか改善されず、そうこうしているうちに、スマートフォンの普及によりこれまで着うたフルが牽引してきたダウンロード市場が2010年代に入って一気に縮小を始めた。

 

ダウンロードに代わって音楽の聴き方の主流となったのがストリーミングであり、日本国内で先陣を切って普及し始めたストリーミングサービスがYouTubeである。この変化に伴い、以降は徐々に楽曲人気を計る方法もダウンロード売上からMV再生数に移行していくこととなる。

 

2016年はこのような変化の過渡期だったことを踏まえ、ダウンロード売上をメインに取り上げつつも、MV再生数データにも適時触れながら、ヒットシーンを振り返っていくこととする。

 

累計配信売上は日本レコード協会のダウンロード認定で確認する。2016年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち2曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20220305004738p:plain

 

続きを読む

2015年配信曲のダウンロード売上ランキング【2015年のヒット曲】

この記事では2015に配信された楽曲のヒットを、主にフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。ミリオンセラーがフル配信ダウンロードで続々誕生するようになり、完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。そのCD売上チャートも、楽曲人気に関係しない要因によって特定アーティストにより過度に独占されるようになったため、楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

そんな中でもCD売上を楽曲人気指標として誤用する動きはなかなか改善されず、そうこうしているうちに、スマートフォンの普及によりこれまで着うたフルが牽引してきたダウンロード市場が2010年代に入って一気に縮小を始めた。

 

ダウンロードに代わって音楽の聴き方の主流となったのがストリーミングであり、日本国内で先陣を切って普及し始めたストリーミングサービスがYouTubeである。この変化に伴い、以降は徐々に楽曲人気を計る方法もダウンロード売上からMV再生数に移行していくこととなる。

 

2015年はこのような変化の過渡期だったことを踏まえ、ダウンロード売上をメインに取り上げつつも、MV再生数データにも適時触れながら、ヒットシーンを振り返っていくこととする。

 

累計配信売上は日本レコード協会のダウンロード認定で確認する。2015年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち3曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20220305003444p:plain

 

続きを読む

2014年配信曲のダウンロード売上ランキング【2014年のヒット曲】

この記事では2014に配信された楽曲のヒットを、主にフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。ミリオンセラーがフル配信ダウンロードで続々誕生するようになり、完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。そのCD売上チャートも、楽曲人気に関係しない要因によって特定アーティストにより過度に独占されるようになったため、楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

そんな中でもCD売上を楽曲人気指標として誤用する動きはなかなか改善されず、そうこうしているうちに、スマートフォンの普及によりこれまで着うたフルが牽引してきたダウンロード市場が2010年代に入って一気に縮小を始めた。

 

ダウンロードに代わって音楽の聴き方の主流となったのがストリーミングであり、日本国内で先陣を切って普及し始めたストリーミングサービスがYouTubeである。この変化に伴い、以降は徐々に楽曲人気を計る方法もダウンロード売上からMV再生数に移行していくこととなる。

 

2014年はこのような変化の過渡期だったことを踏まえ、ダウンロード売上をメインに取り上げつつも、MV再生数データにも適時触れながら、ヒットシーンを振り返っていくこととする。

 

累計配信売上は日本レコード協会のダウンロード認定で確認する。2014年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち3曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20220305002122p:plain

 

続きを読む

2013年配信曲のダウンロード売上ランキング【2013年のヒット曲】

この記事では2013に配信された楽曲のヒットを、主にフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。ミリオンセラーがフル配信ダウンロードで続々誕生するようになり、完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。そのCD売上チャートも、楽曲人気に関係しない要因によって特定アーティストにより過度に独占されるようになったため、楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

そんな中でもCD売上を楽曲人気指標として誤用する動きはなかなか改善されず、そうこうしているうちに、スマートフォンの普及によりこれまで着うたフルが牽引してきたダウンロード市場が2010年代に入って一気に縮小を始めた。

 

ダウンロードに代わって音楽の聴き方の主流となったのがストリーミングであり、日本国内で先陣を切って普及し始めたストリーミングサービスがYouTubeである。この変化に伴い、以降は徐々に楽曲人気を計る方法もダウンロード売上からMV再生数に移行していくこととなる。

 

2013年はこのような変化の過渡期だったことを踏まえ、ダウンロード売上をメインに取り上げつつも、MV再生数データにも適時触れながら、ヒットシーンを振り返っていくこととする。

 

累計配信売上は結局日本レコード協会のダウンロード認定で確認する。2013年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち1曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20220305000721p:plain

 

続きを読む

2012年配信曲のダウンロード売上ランキング【2012年のヒット曲】

この記事では2012に配信された楽曲のヒットをフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。ミリオンセラーがフル配信ダウンロードで続々誕生するようになり、完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。そのCD売上チャートも、楽曲人気に関係しない要因によって特定アーティストにより過度に独占されるようになったため、楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

累計配信売上は結局日本レコード協会のダウンロード認定でしか確認できないため、ここではこのデータを使って2012年のヒット曲を振り返る。2012年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち4曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20220304235624p:plain

 

続きを読む

歴代アーティスト・トータル・ストリーミング再生回数ランキング

令和時代以降に流行した曲を知るためには、Billboard JAPAN日本レコード協会が認定しているストリーミング再生回数のチェックが必須であることは、以下の記事「歴代ストリーミング再生回数ランキング」でも述べたとおりである。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

流行という意味では曲に限った話ではなく、アーティスト人気に関しても同様のことが言える。アーティスト人気を計る指標として有名なのはオリコンのトータル・セールスであったが、長きに渡り配信売上がこの指標に組み込まれなかったことや、楽曲人気に関係しない要因でCD売上を積み増す動きが定着した今となっては、この指標でアーティスト人気の量を計ることは不適切になっている。

 

トータル・セールスがアーティスト人気指標として機能していた時代においては、B'z最も多くのCDセールスを記録したアーティストであることは広く知られているが、最も多くのストリーミング再生回数を記録したアーティストは誰なのかは、残念ながら認知普及機会が乏しいのが現状である。

 

そこで、Billboard JAPANと日本レコード協会のストリーミング再生回数認定データを用いて、アーティストごとに再生回数を合計し、降順に並べることで、歴代アーティスト・トータル・ストリーミング認定総数をランキング化した。

 

 

このうち上位アーティスト10組個別解説記事リンクを以下あいうえお順に並べている。

 

あいみょん

Official髭男dism

King Gnu

TWICE(作成中)

back number

BTS

Mrs. GREEN APPLE

優里(作成中)

YOASOBI

米津玄師

 

続きを読む

米津玄師のMV再生回数&配信ダウンロード売上ランキング

米津玄師は2013年に「サンタマリア」でメジャーデビューした男性シンガーソングライター。デビューから数年後に大ブレイクを果たし、2010年代後半にヒット曲を大量輩出した。2020年代に突入した今なお音楽シーンを席巻し続けている。

 

米津玄師がブレイクした時期はYouTubeが音楽視聴方法の主流だったため、楽曲人気もMV再生数を通じて把握する。一方で、既に市場が縮小していた配信ダウンロード売上でも、その圧倒的な人気から歴史的な売上を記録している。同様に、2020年代以降の音楽視聴方法の主流となったオーディオストリーミングサービスでも、全面解禁がやや遅かったながらも無視できない規模を記録している。ここではMV、ダウンロード、ストリーミングの3指標をもとにしながら、米津玄師のヒット史を振り返る。

 

まずMV再生数ランキング(YouTube)は以下のとおり。MV再生数では1億が大ヒットのボーダーラインとされているが、MV再生数1億超えは12曲(「打上花火」も含めれば13曲)で、これはぶっちぎりの歴代1位記録である。ここではMV3,000万再生以上を記録した26曲を抽出する。

 

 

(歴代MV再生数ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

次にダウンロード売上ランキングは以下のとおり。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は19曲(「打上花火」も含めれば20曲)で、認定総ダウンロード売上は880万(歴代8位)となっている。

 

 

f:id:musicnever_die:20200824230152p:plain

 

続きを読む

BTSのストリーミング再生回数ランキング

BTS防弾少年団は2014年に「No More Dream (Japanese Ver.)」で日本デビューした男性7人組K-POPアイドルグループ。世界規模で着実に人気を積み上げ、2020年には日本でも大ブレイクを果たし、その後も現在進行形でヒット曲を大量輩出している。これまでにストリーミング再生数3,000万以上を記録した曲は39曲(歴代1位)で、認定総再生数は30.3億(歴代3位)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、BTSのヒット史を振り返る。

 

 

続きを読む