Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

歴代配信ダウンロード売上ランキング

米津玄師「Lemon」日本レコード協会より史上最速のトリプルミリオン配信認定を受けた。この一報を受けて、「歴代配信ダウンロード売上ランキングはどうなってるのだろう?」と考えた人も多いのではないだろうか。

 

www.oricon.co.jp

 

日本レコード協会の配信ダウンロード認定は、一定のボーダーラインを超えるごとに認定される。具体的には、10万、25万、50万、75万、100万、以降は100万上積みされるごと、である。つまり、同じ300万認定でも、実際の累計が301万なのか、399万なのかはわからない。

 

CD売上の集計で有名なオリコンは長らく配信ダウンロードの集計を実施しておらず、2018年になってようやく開始した。しかしご存知のように今や音楽の聴き方はダウンロードからストリーミングに移っており、市場が縮小してから集計を始めても意味は乏しい。CD売上の集計を2007年から始めて、秋川雅史千の風になって」が史上初のCDミリオンです!と言うようなものだ。

 

日本レコード協会は着うたが普及した2000年代当初からダウンロード数の認定作業をしているのだが、上述のように細かい実数が分からないことから、歴代CD売上ランキングのように、歴代配信ダウンロード売上ランキングを作ることは不可能だと思っていた。

 

しかし、「Lemon」の記事で「史上最速」という煽りを見て、その視点で作れるじゃないか!と気づいた。

 

つまり、同じ100万認定でも、1年で100万を突破した曲の方が、10年かけて100万を突破した曲より多くダウンロードされていることがほとんどだろう、という仮定のもと、配信開始日から認定までの日数がより早かった曲を上位に並べることで、ランキング化することができる。何より、日本レコード協会が公式に「史上最速」は偉業だと言わんばかりにプレスリリースしているので、この考え方へのお墨付きはバッチリだ。

 

認定は月次で行われているが、例えば2019年9月度の認定であれば、認定日は2019年9月末日(2019/9/30)として計算されているようだ。これは「Lemon」の最速200万認定記事で具体的な認定所要日数の言及がされたことから明らかになっている。

www.fnn.jp

(ただし、このニュースリリースは、昔の曲で着うたフルのみで200万となった曲を含めていない点に注意。それも含めれば、最速200万は青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」となる。後ほどグラフでも示す。)

 

ということで、上記要領で、これまで日本レコード協会から配信ミリオン以上の認定を受けている全90曲を歴代ランキング化した。 

 

続きを読む

RADWIMPSの配信ダウンロード売上ランキング

RADWIMPSは2005年に「25コ目の染色体」でデビューした男性3人組ロックバンド。デビュー以降ジワジワと人気を拡大・維持していき、2016年には大ヒット映画主題歌を担当したことで大きな脚光を浴びるなど、現在まで約15年に渡りヒット曲を大量輩出している。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は23曲で、認定総ダウンロード売上は515万(歴代17位)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、RADWIMPSのヒット史を振り返る。

 

f:id:musicnever_die:20200616184805p:plain

 

続きを読む

Superflyの配信ダウンロード売上ランキング

Superflyは2007年に「ハロー・ハロー」でデビューした女性ソロアーティスト。デビューして1年でブレイクし、以降10年以上に渡りヒット曲を大量輩出している。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は20曲で、認定総ダウンロード売上は530万(歴代16位)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、Superflyのヒット史を振り返る。

 

f:id:musicnever_die:20200619222605p:plain

 

続きを読む

浜崎あゆみの配信ダウンロード売上ランキング

浜崎あゆみは1998年に「poker face」でデビューした女性ソロアーティスト。デビュー後すぐにブレイクし、以降10年以上に渡りヒット曲を大量輩出した。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は42曲EXILEに次ぎ、倖田來未に並ぶ歴代2位タイ)で、認定総ダウンロード売上は585万(歴代15位)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、浜崎あゆみのヒット史を振り返る。

 f:id:musicnever_die:20200607131817p:plain

 

続きを読む

2020年上半期のBillboard JAPAN総括

Billboard JAPAN Hot 100の2020年上半期ランキングが発表された。この記事では2020年上半期にヒットした楽曲を、音楽チャートの読み方とともに解説する。

 

2020年上半期のBillboard JAPAN Hot 100のTOP10は以下のとおりとなった。

 

f:id:musicnever_die:20200605115452p:plain

 

www.billboard-japan.com

 

続きを読む

back numberの配信ランキング

back numberは2011年に「はなびら」でメジャーデビューした男性3人組ロックバンド。デビューから数年後に大ブレイクを果たし、2010年代に渡りヒット曲を大量輩出した。2020年代に突入した今なお人気は健在である。

 

back numberがブレイクした時期はMV視聴などのストリーミングサービスが音楽視聴方法の主流であるため、通常であれば楽曲人気もMV再生数ランキングを通じて把握することになるのだが、back numberの場合はストリーミング配信に長らく消極的で、MVもショートバージョンの公開に留まっているほか、音源も2018年末になってようやく過去曲を解禁した*1が、依然として直近楽曲は未解禁のままである。そのため、楽曲人気は既に市場が縮小していた配信ダウンロード売上に色濃く表れる結果になっている。ここではダウンロード、MV、ストリーミングの3指標をもとにしながら、back numberのヒット史を振り返る。

 

まず配信ダウンロード売上ランキングは以下のとおり。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は19曲で、認定総ダウンロード売上は590万(歴代14位)となっている。

 

f:id:musicnever_die:20200523132138p:plain

 

*1:当初はLINE MUSICにのみ先行配信され、全ストリーミングサービスに音源が解禁されたのは2019年2月

続きを読む

中島美嘉の配信ダウンロード売上ランキング

中島美嘉は2001年に「STARS」でデビューした女性ソロアーティスト。デビュー後すぐにブレイクし、以降10年以上に渡りヒット曲を大量輩出した。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は20曲で、認定総ダウンロード売上は600万(歴代13位)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、中島美嘉のヒット史を振り返る。

 

f:id:musicnever_die:20200512170632p:plain

 

続きを読む

絢香の配信ダウンロード売上ランキング

絢香は2006年に「I believe」でデビューした女性ソロアーティスト。デビュー後すぐにブレイクを果たし、ヒット曲を大量輩出した。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は18曲で、認定総ダウンロード売上は685万(歴代12位)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、絢香のヒット史を振り返る。

 

f:id:musicnever_die:20200509214153p:plain

 

f:id:musicnever_die:20200509223231p:plain

 

続きを読む