Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

歴代アーティスト別ダウンロード売上ランキング

2006年以降に流行した曲を知るためには、CD売上だけでなく、日本レコード協会が認定しているダウンロード売上の数字をチェックすることが必須であることは、以下の記事「歴代配信ダウンロード売上ランキング」で述べたとおりである。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

流行という意味では曲に限った話ではなく、アーティスト人気に関しても同様のことが言える。アーティスト人気を計る指標として有名なのはオリコンのトータル・セールスであったが、長きに渡り配信売上がこの指標に組み込まれなかったことや、楽曲人気に関係しない要因でCD売上を積み増す動きが定着した今となっては、この指標でアーティスト人気の量を計ることは不適切になっている。

 

トータル・セールスがアーティスト人気指標として機能していた時代においては、B'z最も多くのCDセールスを記録したアーティストであることは広く知られているが、最も多くのダウンロードセールスを記録したアーティストは誰なのかは、残念ながら認知普及機会が乏しいのが現状である。

 

そこで、日本レコード協会のダウンロード認定データを用いて、アーティストごとにフル配信認定数を合計し、降順に並べることで、歴代アーティスト・トータル・ダウンロード・セールスをランキング化した。

  

 

1-50位

 

上位50組は以下のとおり。このうち6組が認定総数1,000万ダウンロードを突破しており、錚々たる面々が並んでいる。

 

f:id:musicnever_die:20210219003024p:plain

 

アーティスト別解説ページ一覧

 

上記のうち、認定総数250万ダウンロードを突破したアーティスト45組個別解説記事を作成している。下記にリンクをあいうえお順に並べている。

 

あ行

AI

青山テルマ

Aqua Timez

安室奈美恵

絢香

いきものがかり

UVERworld

宇多田ヒカル

AKB48

EXILE

大塚愛

Official髭男dism

ORANGE RANGE

 

か行

加藤ミリヤ

KARA

木村カエラ

GReeeeN

倖田來未

コブクロ

 

さ行

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE

SEAMO

清水翔太

JUJU

シェネル

少女時代

Superfly

 

た・な行

東方神起

DREAMS COME TRUE

ナオト・インティライミ

中島美嘉

西野カナ

 

は・ま行

back number

浜崎あゆみ

B'z

平井堅

ヒルクライム

福山雅治

星野源

MISIA

 

や・ら行

YUI

米津玄師

RADWIMPS

L'Arc~en~Ciel

LiSA

レディー・ガガ

 

TOP10アーティスト&代表曲解説

 

1位 EXILE

 

1位は歴代唯一認定総数2,000万ダウンロードを突破しているEXILE。2001年にデビューした男性ダンス&ボーカルグループである。これまでにダウンロードミリオン8曲CDアルバムミリオン6作を輩出しており、圧倒的な人気を獲得していた。配信ミリオン8曲は、配信ミリオン認定曲数歴代単独1位記録となる。Billboard JAPAN Top Albums Salesでは2008年から2010年にかけて3年連続年間1位を獲得している(EXILE LOVE」EXILE BALLAD BEST愛すべき未来へ)。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

配信ミリオン認定を受けた8曲の中で唯一、配信ダブルミリオンに到達している曲が2008年9月に発売された「Ti Amo」である。「EXILE BALLAD BEST」からの先行シングルとして送り出されたこのバラードナンバーは、女性目線の報われない恋を描いた歌詞の切なさや格調高く歌い上げるATSUSHIとTAKAHIROのボーカルが支持され爆発的なセールスを記録した。

 

フル配信ダブルミリオンは国内史上9曲しか存在しないことからも、本曲がいかに突出した特大ヒットを記録していたかが分かる。EXILE自身、シングルCD売上を含めても200万という数字を超えた曲は他になく、「Ti Amo」が自身最大のヒット曲であることに疑いの余地はない。2008年の日本レコード大賞受賞曲でもある。


EXILE / Ti Amo

 

2位 西野カナ

 

2位は西野カナ。2008年にデビューした女性ソロアーティストである。これまでにダウンロードミリオン7曲を輩出しており、2019年に活動を休止するまで圧倒的な人気を獲得していた。配信ミリオン7曲はEXILEの8曲に次いで配信ミリオン認定曲数歴代単独2位記録である。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

配信ミリオン認定を受けた7曲の中では、2010年5月に発売された「会いたくて 会いたくて」が自己最速となる所要僅か3ヶ月で配信ミリオンに到達している。これは歴代十傑に入る速さであり、いかに猛烈な勢いでセールスが積み上げられていたかが窺える。失恋ソングである本曲はサビの会いたくて震えるという歌詞が強烈なフックとなり大人気を獲得した。

 

なお2010年発売曲で同年中にミリオンを突破した曲は、CDシングル売上を含めても「会いたくて 会いたくて」が唯一である。この年のCDシングル売上チャート上位はAKB48だったが、もし当時ダウンロード売上を合算した総合チャートが存在していれば、西野カナが年間1位となっていた可能性はかなり高い。実際はそのようなチャートが一向に作られなかったため、高配信売上曲が脚光を浴びづらい状況となり、本曲の楽曲人気もしばしば過小評価されることとなってしまった。


西野カナ 『会いたくて 会いたくて(short ver.)』

 

3位 AKB48

 

3位はAKB48。2006年にデビューした女性アイドルグループである。これまでにダウンロードミリオン6曲を輩出しており、これはEXILEの8曲、西野カナの7曲に次いで配信ミリオン認定曲数歴代単独3位記録である。配信ダウンロード販売に握手券は付属していないので、これは楽曲人気相応の数字である。Billboard JAPAN Hot 100ではこれまでに4度年間1位を獲得している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

配信ミリオン認定を受けた6曲の中では、2010年8月に発売されたヘビーローテーションが自己最速となる所要8ヶ月で配信ミリオンを突破している。当時はAKB商法が拡大途上だったため、本曲のCD売上は88万枚。CD売上だけ見ているのでは、この曲のヒットはこの後のAKB商法定着後の大量のCDミリオンナンバーに埋もれてしまう。

 

CDシングル売上枚数は2011年以降、楽曲人気指標として一切使用できなくなっているため、楽曲人気を考える上で参照するデータとしては不適切である。AKB48もダウンロード売上に楽曲人気が表れており、そのデータを見れば、AKB48の代表的人気曲が「ヘビーローテーション」や「恋するフォーチュンクッキー」であることに疑いの余地はない。


【MV full】 ヘビーローテーション / AKB48 [公式]

 

4位 GReeeeN

 

4位はGReeeeN。2007年にデビューした男性音楽グループである。TVなどで顔出しをしないというスタイルながらも圧倒的な人気を獲得し、これまでにダウンロードミリオン4曲CDアルバムミリオン1作を輩出した。配信ミリオン認定曲数は歴代4位タイ記録である。Billboard JAPAN Hot 100では「キセキ」2008年の年間1位を獲得している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

その「キセキ」歴代で唯一フル配信400万ダウンロード認定を受けたモンスターヒットナンバーである。CDシングルやレコード時代まで遡っても、400万枚以上の売上を記録した作品は子門真人およげ!たいやきくんしかおらず、歴史上最も売れた曲と言っても大袈裟ではない。愛に溢れたラブソングは時代を選ばない普遍性を有していたほか、最高視聴率19.5%を記録した人気ドラマ「ROOKIES」の主題歌だったことも後押しになったことで爆発的に普及し、ダウンロード売上歴代1位の金字塔を打ち立てた。


GReeeeN - キセキ

 

5位 コブクロ

 

5位はコブクロ。2001年にデビューした男性2人組音楽デュオである。これまでにダウンロードミリオン4曲を輩出しており、これは配信ミリオン認定曲数歴代4位タイ記録である。また、CDアルバムミリオン2作も輩出しており、しかもそのうちの1作「ALL SINGLES BEST」305万枚という特大セールスを記録するほどの圧倒的人気を獲得していた。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

配信ミリオン認定を受けた4曲の中で唯一、配信ダブルミリオンに到達している曲が2007年4月にフル配信解禁された「蕾(つぼみ)」である。この曲はメンバーの小渕健太郎が亡き母親へ贈った感動のバラードであり、最高視聴率18.1%を記録したドラマ「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」主題歌に起用されたこともあって普及が進み、歴代で9曲しかないフル配信売上ダブルミリオンを記録した。2007年の日本レコード大賞受賞曲でもある。


コブクロ - 蕾

 

6位 宇多田ヒカル

 

6位は宇多田ヒカル。1998年にデビューした女性ソロシンガーソングライターである。これまでにCDミリオン5曲、配信ミリオン3曲、CD+配信の合算で1曲、合計9曲のミリオンセラーを輩出しているほか、CDアルバムでもミリオン6作を輩出している。CDで爆発的なセールスを記録していたことは有名だが、ダウンロードが音楽の聴き方の主流となって以降もトップクラスのダウンロード売上水準を記録していた。デビューから年月が経過しても衰えない大人気は、「Fantome」Billboard JAPAN Hot Albums2016年の年間1位を獲得したことからも窺えている。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

CDシングル売上も含めれば「Automatic」自身最大セールス(CD206万枚と配信10万ダウンロードで合計216万)を記録しているが、ここでは配信で自身最速ミリオン認定を受けたPrisoner Of Loveを紹介する。この曲は2008年3月に配信され、その僅か4ヶ月後の7月に配信ミリオンを突破した。収録アルバムHEART STATION101万枚を売り上げてミリオンを突破している。この曲は最高視聴率22.8%を記録したドラマ「ラスト・フレンズ」の主題歌として書き下ろされ、タイアップに相応しい複雑な大人の恋愛を描いた歌詞やシリアスな楽曲の雰囲気が想像を掻き立てる形で大きな支持を獲得した。


宇多田ヒカル - Prisoner Of Love

 

7位 いきものがかり

 

7位はいきものがかり。2006年にデビューした音楽グループであり、ボーカル吉岡聖恵、ギター水野良樹山下穂尊の3人組である 。これまでにダウンロードミリオン2曲CDアルバムミリオン1作を輩出しており、老若男女から支持される国民的グループとなるほどの大人気を獲得した。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

そのポジションの獲得に貢献したタイアップの一つがNHK朝ドラ主題歌である。2010年に放送され最高視聴率23.6%を記録した「ゲゲゲの女房」の主題歌に起用された「ありがとう」は大切な人への感謝を歌う普遍性がお茶の間に浸透する形で広く普及し、2012年12月に配信ミリオンを達成した。配信から所要2年7ヶ月での達成であり、同じく配信ミリオンとなった「YELL」の所要4年8ヶ月を上回る自己最速での達成であった。


いきものがかり 『ありがとう』Music Video

 

 

8位 米津玄師

 

8位は米津玄師。2013年にデビューした男性ソロシンガーソングライターである 。これまでにダウンロードミリオン2曲CDアルバムミリオン1作を輩出している。米津玄師がブレイクした2010年代中盤は既に音楽の聴き方の主流がダウンロードからストリーミングに移行していた時期で、ダウンロード市場の規模は着うたフルでの販売が流行していた2000年代後半と比べ縮小していた。それにも拘らずダウンロード認定総数でTOP10入りを果たしていることからは、米津玄師の人気が特筆すべき規模となっていることが窺える。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

中でも超特大セールスを記録した曲が「Lemon」である。他界した祖父への想いをベースに「死」をテーマに作られた本曲は、タイアップ先のドラマ「アンナチュラル」の内容ともリンクし、配信トリプルミリオンを突破するとてつもない支持を獲得した。配信トリプルミリオンは国内史上3曲しかなく、他の2曲は着うたフル全盛時代の2008年に発売されたGReeeeN「キセキ」青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」であることから、いかに「Lemon」が突出した超特大人気となっていたかが窺える。MVでも前人未踏の6億再生を突破しており、Billboard JAPAN Hot 100では2018年から2019年にかけて2年連続年間1位を獲得。本曲を収録したアルバム「STRAY SHEEP」CD147万枚、配信18万ダウンロードを売り上げて2020年のBillboard JAPAN Hot Albumsで年間1位となるなど、数々の偉業を樹立した。


米津玄師 MV「Lemon」

 

9位 倖田來未

 

9位は倖田來未。2000年にデビューした女性ソロアーティストである 。これまでにダウンロードミリオン1曲CDアルバムミリオン3作を輩出しており、「エロかっこいい」という代名詞とともに絶大な人気を獲得した。ダウンロード認定の下限基準は売上10万以上だが、倖田來未合計42曲が10万ダウンロード以上の認定を受領しており、これはEXILEの59曲に次いで浜崎あゆみと並ぶ歴代2位タイ記録である。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

自身唯一の配信ミリオン認定を受けた曲が2007年9月に発売された「愛のうた」である。本曲は女性目線のラブバラードとなっており、愛する人への想いをストレートに表現した歌詞や、それを歌い上げる倖田來未の確かな歌唱表現力などが支持を集めた。CDシングル売上を含めても100万という数字を記録した曲は自身唯一であり、この曲が自身最大のヒット曲であることに疑いの余地はない。


倖田來未-KODA KUMI-『愛のうた(album version)』~ 20th Year Special Full Ver. ~

 

10位 安室奈美恵

 

10位は安室奈美恵。1992年にデビューした女性ソロアーティストである。これまでにCDミリオン5曲、配信ミリオン1曲、合計6曲のミリオンセラーを輩出しているほか、CDアルバムでもミリオン6作を輩出した。CDで爆発的なセールスを記録していたことは有名だが、ダウンロードでも2018年に引退するまでトップクラスの売上水準を維持していた。引退にあたり発売されたベストアルバム「Finally」Billboard JAPAN Hot Albums2017年から2018年にかけて2年連続年間1位を獲得したことからも、最後まで衰えなかった大人気が窺える。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

CDシングル売上も含めれば「CAN YOU CELEBRATE?」自身最大セールス(CD229万枚と配信25万ダウンロードで合計254万)を記録しているが、ここでは配信で自身唯一のミリオン認定を受けた「Love Story」を紹介する。この曲は最高視聴率18.4%を記録した月9ドラマ「私が恋愛できない理由」主題歌に起用されたバラードナンバー。女性のライフスタイルが多様化している世相を捉えたドラマにリンクした歌詞などが大きな支持を集め、配信開始から8ヶ月で配信ミリオンを突破した。


安室奈美恵 / 「Love Story」Music Video

 

まとめ

 

このアーティスト・トータル・ダウンロード売上ランキングを作成することで、2000年代後半から2010年代にかけて大きな人気を獲得していたアーティストはほぼ浮かび上がらせることが可能であった。この時期は高配信売上曲の人気過小評価と高CD売上曲の人気過大評価が蔓延していた。その結果としてアイドル戦国時代に突入したという偏った認識が既成事実化されていったが、決してアイドル以外のアーティスト人気が奮っていなかったわけではないことをこのランキングから確認することができる。

 

特定ジャンルやアーティストにより楽曲人気チャート上位が独占される状況が生じた場合、その人気を称えるより先に、そのチャートの楽曲人気指標としての機能不全を疑う必要がある。2000年代後半から2010年代前半にかけてはCD売上がまさに楽曲人気指標として機能不全を起こしていたが、なかなか認識のアップデートが進まず、CD売上データの楽曲人気指標としての誤用が2010年代後半まで続いてしまっていた。とにかくこの時期に人気だったアーティストを知りたいならCD売上だけではなくダウンロード売上データをチェックすることは必須である。

 

なお、ここで紹介したダウンロード売上データは日本レコード協会ホームページ内の下記サイトで検索することができる。自分の好きな曲がどれだけダウンロードされているのか、検索してみるのも楽しいかもしれない。

 

www.riaj.or.jp

 

2009年配信曲のダウンロード売上ランキング

この記事では2009に配信された楽曲のヒットをフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。CDシングルでは出なくなったミリオンセラーがフル配信ダウンロードで続々誕生するようになり、完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。よって2006年以降のオリコンチャートは総合的な楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

累計配信売上は結局日本レコード協会のダウンロード認定でしか確認できないため、ここではこのデータを使って2009年のヒット曲を振り返る。2009年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち13曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20210209003950p:plain

 

続きを読む

2008年配信曲のダウンロード売上ランキング

この記事では2008に配信された楽曲のヒットをフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。CDシングルでは出なくなったミリオンセラーがフル配信ダウンロードで続々誕生するようになり、完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。よって2006年以降のオリコンチャートは総合的な楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

累計配信売上は結局日本レコード協会のダウンロード認定でしか確認できないため、ここではこのデータを使って2008年のヒット曲を振り返る。2008年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち14曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20210209003911p:plain

 

続きを読む

2007年配信曲のダウンロード売上ランキング

この記事では2007に配信された楽曲のヒットをフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。2007年になると発売年内にフル配信100万ダウンロードを突破する大ヒット曲が2曲誕生し、シングルCDミリオン達成作品数を上回って完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。よって2006年以降のオリコンチャートは総合的な楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

累計配信売上は結局日本レコード協会のダウンロード認定でしか確認できないため、ここではこのデータを使って2007年のヒット曲を振り返る。2007年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち11曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20210219010550p:plain

 

続きを読む

2006年配信曲のダウンロード売上ランキング

この記事では2006に配信された楽曲のヒットをフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年に入ると配信市場が無視できない規模に拡大。発売年内にフル配信50万ダウンロードを売り上げるヒット曲が誕生し始めた。

 

日本レコード協会がダウンロード認定を開始したのも2006年である。したがって2006年からはダウンロード売上を確認することが楽曲人気把握に必須となった。しかし楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。よって2006年以降のオリコンチャートは総合的な楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

累計配信売上は結局日本レコード協会のダウンロード認定でしか確認できないため、ここではこのデータを使って2006年のヒット曲を振り返る。2006年配信曲で50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち7曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20210209003824p:plain

 

続きを読む

2005年以前配信曲のダウンロード売上ランキング

この記事では2005年以前に配信された楽曲のヒットをフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。一方で配信市場も急速に普及を始めており、長い年月を経てCD売上よりもフル配信ダウンロード売上の方が多い数字を積み上げた楽曲も少なからず存在する。

 

50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち6曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20210209003732p:plain

 

続きを読む

清水翔太の配信ダウンロード売上ランキング

清水翔太は2008年に「HOME」でメジャーデビューした男性シンガーソングライター。同年にブレイクを果たし、2010年代中盤にかけてヒット曲を大量輩出した。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は12曲加藤ミリヤ×清水翔太及び清水翔太×加藤ミリヤ名義も含めれば16曲)で、認定総ダウンロード売上は255万(歴代43位タイ)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、清水翔太のヒット史を振り返る。

 

f:id:musicnever_die:20210116172622p:plain

 

f:id:musicnever_die:20210116205402p:plain

 

f:id:musicnever_die:20210116205426p:plain

 

続きを読む

ナオト・インティライミの配信ダウンロード売上ランキング

ナオト・インティライミは2010年に「カーニバる?」でメジャーデビューした男性シンガーソングライター。同年にブレイクを果たし、2010年代前半から中盤にかけてヒットシーンを彩った。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は9曲で、認定総ダウンロード売上は255万(歴代43位タイ)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、ナオト・インティライミのヒット史を振り返る。

 

f:id:musicnever_die:20210111145746p:plain

 

続きを読む