Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

歴代MV再生回数ランキング(YouTube・日本国内)

米津玄師「Lemon」のMVがYouTubeの集計で国内史上初となる6億再生を突破した。この一報を受けて、「歴代MV再生数ランキングはどうなってるのだろう?」と考えた人も多いのではないだろうか。

 

www.billboard-japan.com

 

YouTubeは2010年代に日本国内でサービスが普及するにつれて、次第に音楽の聴き方の主流に君臨するようになっていった。音楽の聴き方は2000年代前半まではCD、2000年代後半は配信ダウンロードにより楽曲を購入する方法が主流だったが、YouTubeの普及によりオンライン上の音源にアクセスして聴くという方法に変化していった。この方法をストリーミングと言う。

 

ストリーミングの普及に伴って音楽業界の収益構造も変化しつつあり、広告収入型ストリーミングや定額制音楽配信サービスが新たな収益源になってきている。YouTubeに関しては基本的に消費者は無料で音楽を視聴できるので前者に該当する。対して現在一気に普及が進んでいるSpotifyApple music、LINE MUSICなどで消費者が毎月定額を支払うことで享受できる聴き放題サービスは後者に該当する。この定額制のことを英語でサブスクリプション、略してサブスクと呼ぶ。

 

この音楽の聴き方の変化に伴い、今どの曲が人気なのかを知る手段も変化を続けている。2000年代前半まではCD売上枚数が楽曲人気に直結していたので、CD売上の集計で有名なオリコンランキングを確認すれば良かった。

 

2000年代後半からは配信ダウンロード売上を併せて確認しないと楽曲人気を把握できなくなったが、オリコンは配信売上の集計を一向に開始しなかった。そのため、CD売上が楽曲人気指標であるという古い認識がなかなかアップデートされなかった。このことは歴代配信ダウンロード売上ランキング関連記事でまとめている。

 

billion-hits.hatenablog.com

  

billion-hits.hatenablog.com

 

こうして高配信売上曲の人気過小評価が続く間にダウンロード市場も縮小し始め、代わってストリーミング市場が台頭してきた。YouTubeはその先駆けであるが、YouTubeがメインとするサービスは音源だけではない動画配信であり、Spotifyなどの音源ストリーミングサービスに先んじて動画ストリーミングサービスが普及したことは、世界各国の動向とは異なる日本音楽業界の特徴として挙げられる。

 

したがって、2010年代に人気を博した楽曲を把握するためには、上記ダウンロード売上と併せてYouTubeのMV再生数を確認することが必要となる。そこで、2020年12月31日時点の歴代MV再生数ランキングを以下に示す。これまでに55曲の国内MVが、大ヒット基準の1億再生を突破している

 

(集計対象MVや集計方法は下記画像内注釈を参照)

 

f:id:musicnever_die:20201231161134p:plain

 

 

 

2億再生以上達成曲の楽曲解説

 

1位 米津玄師「Lemon」

 

歴代1位はぶっちぎり米津玄師「Lemon」。2018年2月に配信された本曲は、最高視聴率13.3%を記録した人気ドラマ「アンナチュラル」主題歌に起用された。他界した祖父への想いをベースに「死」をテーマに作られた本曲はドラマの内容ともリンクし、とてつもない支持を獲得した。MV6億4,300万再生は2位以下に2億以上の差をつけており、ダントツで国内史上1位である。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

MV再生数だけでなく、フル配信ダウンロードでも圧倒的な売上となり、国内史上3曲しか達成していない配信トリプルミリオンを突破している。他の2曲はGReeeeN「キセキ」青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」であり、着うたフルを主力とした達成であったが、着うた文化が消滅して以降では初の300万ダウンロード達成となった。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

この歴史的楽曲人気により、Billboard JAPAN Hot 100では通算7週1位を獲得し、年間でも2018年1位→2019年1位→2020年17位と推移。Hot 100史上初の2年連続1位を達成した。これら数々の偉業により、当ブログでも2010年代を代表する楽曲十選に「Lemon」を選出している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 


米津玄師 MV「Lemon」

 

 

2位 DAOKO×米津玄師「打上花火」

 

2位はDAOKO×米津玄師「打上花火」。2017年8月に配信された本曲はアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌のタイアップが付いた。映画の興行収入は15億円とまずまずの成績だったが、楽曲は和を感じさせるテイストが花火の情景と見事にマッチしたことで映画以上の人気規模となった。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

MVは3億9,900万再生を突破しており、4億の大台突破は時間の問題となっている。また、音源ストリーミングでも1億再生を突破している。Billboard JAPAN Hot 100では通算2週1位を獲得し、年間でも2017年3位→2018年4位→2019年21位→2020年75位と推移するロングヒットとなった。「打上花火」も「Lemon」同様、当ブログで2010年代を代表する楽曲十選に選出している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 


DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO

 

 

3位 ピコ太郎「PPAP (Long Version)」

 

3位はピコ太郎「PPAP (Long Version)」。原曲のPPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」は、お笑いタレント古坂大魔王が扮するピコ太郎が2016年8月に動画配信した1分少々の楽曲である。9月にジャスティン・ビーバーがお気に入りの動画としてTwitterで取り上げたことなどにより、中毒性の高いリズムが世界的に人気を広げ、国内外から大量の再生数を獲得した。

 

特に11月に公開されたロング・バージョンが最も多い3億6,900万再生を記録した。ちなみにこの動画は世界の名門レーベルUltra Musicから配信されたもので、これとは別にピコ太郎個人のチャンネルから配信された同内容の動画もあり、こちらも別途9,900万再生を突破している。8月に公開された当初の原曲は1億3,900万再生となっている。参考までに全部合計すれば6億700万再生となる。

 

これらの圧倒的人気を可視化する形で、Billboard JAPAN Hot 100では週間1位を獲得。年間でも2016年6位→2017年8位と推移した。


PIKOTARO - PPAP (Pen Pineapple Apple Pen) (Long Version) [Official Video]

 

 

4位 King Gnu「白日」

 

4位はKing Gnu「白日」。ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌として2019年2月に配信で発売された。かねてより音楽ファンの間では注目を集めていたバンドだったが、ドラマ主題歌への起用やメディア出演を機に認知が普及し、洗練されたサウンドやボーカル井口理のファルセットに耳を奪われた人が続出し大ヒットした。

 

MVは3億700万再生となっており、ここまでの4曲が3億超えを果たしている。「白日」はMVだけでなく音源ストリーミングでも3億再生を突破しており、Billboard JAPAN Hot 100の年間では2019年4位→2020年5位と推移している。


King Gnu - 白日

 

  

5位 Official髭男dism「Pretender」

 

5位はOfficial髭男dism「Pretender」。2019年4月に配信された本曲は切ないラブソングになっており、印象的な韻を踏むメロディーや共感性の高い歌詞が支持されたことや、主題歌となった映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」が興行収入29億円を記録する人気となったことをきっかけに、髭男を大ブレイクに導く特大ヒットとなった。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

MVは2億8,100万再生となっている。それだけでなく、音源ストリーミング4億再生(歴代1位)フル配信ダウンロードミリオンも記録しており、歴史的な数字を各指標で打ち立てた。Billboard JAPAN Hot 100では通算7週1位を獲得し、年間では2019年3位→2020年2位と推移している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

これらの偉業により、当ブログでも2010年代を代表する楽曲十選に「Pretender」を選出している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 


Official髭男dism - Pretender[Official Video]

 

 

6位 米津玄師「アイネクライネ」

 

6位は米津玄師「アイネクライネ」。2014年3月にMVが公開された本曲は2ndオリジナルアルバム「YANKEE」に収録されているアルバム曲。自身初となるタイアップが付き、東京メトロのCMソングに起用されたほか、スペースシャワーTVでパワープッシュされた。美しいメロディーに加え想像をかき立てる物語性の高い歌詞やMVなどが支持され、楽曲は米津玄師が知名度を増すごとに時間をかけて徐々に普及していった。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

MVは2億7,700万再生を突破している。Billboard JAPAN Hot 100の年間では、米津玄師の知名度が急拡大し始めた2017年になってから顔を出すようになり、2017年53位→2018年40位→2019年52位と推移した。


米津玄師 MV「アイネクライネ」

 

 

7位 米津玄師「LOSER」

 

7位は米津玄師「LOSER」。2016年9月に配信された本曲はラップを交えたテンポの早い曲調になっており、MVで本人が踊るキレのあるダンスとともに高く支持された。発売当時はノンタイアップだったにもかかわらず楽曲は徐々に普及していき、2018年にはホンダのCMソングに起用されたことからこのタイミングで再度人気にブーストがかかった。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

MVは2億6,500万再生を突破している。Billboard JAPAN Hot 100の年間では2017年62位→2018年16位→2019年41位と推移した。


米津玄師 MV「LOSER」

 

 

8位 RADWIMPS前前前世(movie ver.)」

  

8位はRADWIMPS前前前世(movie ver.)」。2016年7月に配信された、映画君の名は。挿入歌である。この映画は新海誠が監督を務めたアニメ映画で、監督がファンだというRADWIMPSに楽曲制作を依頼し、主題歌だけではなく劇中音楽全ての制作を担う運びとなった。「前前前世 (movie ver.)」は実質的なリードトラックとして機能し、勢いのあるキャッチーなメロディーや映画にリンクした歌詞がたちまち評判となった。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

MVは2億5,200万再生を突破しているほか、フル配信ダウンロードミリオンも記録。Billboard JAPAN Hot 100では週間1位を獲得し、年間でも2016年2位→2017年9位と推移した。


前前前世 (movie ver.) RADWIMPS MV

 

 

9位 DA PUMP「U.S.A.」

 

9位はDA PUMP「U.S.A.」。本曲は2018年5月にMV公開された、DA PUMPにとって29枚目のシングル表題曲であり、イタリア人歌手ジョー・イエローにより1992年に発売された同名ユーロビートナンバーのカバーである。まず4月に本シングルのジャケットが公開されると、それがダサかっこいいとして話題を呼んだ。楽曲が配信されると、インパクト抜群のサビメロと歌詞、振り付けのいいねダンスが大人気となり、一大ブームを巻き起こすまでに至った。

 

MVは後奏カットされているにも拘らず2億2,900万再生を突破し、Billboard JAPAN Hot 100の年間では2018年2位→2019年9位と推移した。


DA PUMP / U.S.A.

 

 

10位 星野源「恋」

 

10位は星野源「恋」。2016年9月にMVが公開された本曲は、最高視聴率20.8%を記録した大人気ドラマ逃げるは恥だが役に立つの主題歌に起用された。前向きになれる明るい曲調や、恋ダンスと呼ばれたキャッチーな振り付け、対象を限定しない普遍性の高い歌詞が支持され、一大ムーブメントを巻き起こした。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

MVは曲の途中に広告が挿入されているにも拘らず2億2,700万再生を突破している。それだけでなく、2010年代発売曲では他に「Lemon」しか達成していないフル配信ダウンロードダブルミリオン突破を果たした。この歴史的動向を反映する形で、Billboard JAPAN Hot 100では1位常連の関ジャニ∞、Hey!Say!JUMP、NMB48Mr.Childrenらを次々と2位止まりにする形で週間1位街道を驀進し、歴代最多となる通算11週1位を獲得。年間でも2016年3位→2017年1位→2018年46位→2019年95位と推移。これらの偉業により、当ブログでも2010年代を代表する楽曲十選に「恋」を選出している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 


星野源 – 恋 (Official Video)

 

 

11位 あいみょんマリーゴールド

 

11位はあいみょんマリーゴールド。この曲は2018年8月に発売され、ノンタイアップでありながらも、音楽フェスでの披露を重ねながらストリーミングを中心に懐かしさを感じさせるサウンドが支持を広げていき、年末歌番組での連続的な披露を決定打に大ヒットに至った。

 

MVは2億2,200万再生を突破している。他にも音源ストリーミングではこの曲で国内アーティスト史上初の1億再生突破を果たし、現在は3億再生にまで記録を伸ばしている。Billboard JAPAN Hot 100では週間1位を獲得し、年間でも2018年48位→2019年2位→2020年8位と推移している。


あいみょん - マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

 

12位 Foorin「パプリカ」

 

12位はFoorin「パプリカ」。 2018年7月にMVが公開された本曲は米津玄師が作詞作曲プロデュースを担当し、NHK〉2020応援ソングプロジェクト(2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクト)として制作された。歌い手のFoorinはオーディションで選ばれた小学生(当時)5人により結成された。凝っていながらも自然と耳に入るメロディーが支持されたことや、元気な笑顔で歌い踊る子供たちの姿が各所の幼稚園や学校で歌い踊る機会を作る意欲を促し、社会現象と呼べるほどに流行した。

 

MVは2億1,400万再生を突破しているほか、音源ストリーミングでも1億再生を突破している。Billboard JAPAN Hot 100の年間では2019年7位→2020年40位と推移している。


<NHK>2020応援ソング「パプリカ」ダンス ミュージックビデオ

 

 

13位 米津玄師「ピースサイン

 

13位は米津玄師「ピースサイン。2017年6月にMVが公開された本曲は、アニメ「僕のヒーローアカデミア」主題歌に起用された。疾走感溢れるロックナンバーはアニメの人気も手伝って支持を拡大した。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

MVは2億1,200万再生を突破している。Billboard JAPAN Hot 100では1位常連のジャニーズWESTを2位止まりにする形で週間1位を獲得する勢いを見せ、年間でも2017年14位→2018年31位→2019年76位と推移した。


米津玄師 MV「ピースサイン」Kenshi Yonezu / Peace Sign

 

 

14位 NiziU「Make you happy」

 

14位はNiziU「Make you happy」。NiziUは日韓合同オーディションプロジェクトNizi Projectを経て6月に結成された日本人9人によるガールズアイドルグループ。オーディションの模様は4月から5月にかけて朝の情報番組「スッキリ」でも定期的に特集されていた。オーディションでは、参加メンバーが仲間とともに励まし合いながら課題に取り組む様子や、プロデューサーJ.Y.Parkによるメンバーの個性を尊重した指導法などが感動を呼び、結成前からメンバーは一定の人気と知名度を獲得することとなった。

 

その結果、結成直後の2020年6月30日にMVが公開された「Make you happy」は、アイドルの特性であるヴィジュアル需要の高さも相まって歴史的な勢いで再生数を積み上げ、国内史上最速となる所要62日で1億再生を突破した。年末にかけてはメディア出演も増加したことで勢いは全く衰えることなく、2020年12月31日にはこれも国内史上最速となる所要184日で2億再生を突破した。

 

MVだけでなく音源ストリーミングでも1億再生を突破しており、CDに頼ることなく配信指標を中心にして大人気を獲得している。未だに多くのアイドルがCDを中心にしたプロモーションを展開する中で数少ない、音楽の聴き方のCDから配信への移行に対応できているアイドルであることから、今後の日本のアイドル業界を牽引する活躍も期待されている。


NiziU 『Make you happy』 M/V

 

 

公開年別MV再生回数ランキング

 

上記で紹介した楽曲を含む高MV再生曲をMV公開年別に振り分けた再生回数ランキングも作成し、下記リンク先に載せている。

 

2010年以前公開MV再生回数ランキング

2011年配信曲のダウンロード売上ランキング【2011年のヒット曲】

2012年配信曲のダウンロード売上ランキング【2012年のヒット曲】

2013年配信曲のダウンロード売上ランキング【2013年のヒット曲】

2014年配信曲のダウンロード売上ランキング【2014年のヒット曲】

2015年配信曲のダウンロード売上ランキング【2015年のヒット曲】

2016年配信曲のダウンロード売上ランキング【2016年のヒット曲】 

 

2017年以降はBillboard JAPAN年間チャートを参照して各年のヒット曲を振り返っている。

 

2017年Billboard JAPAN年間チャート総括【2017年のヒット曲】

2018年Billboard JAPAN年間チャート総括【2018年のヒット曲】

2019年のBillboard JAPAN年間チャート総括

2020年Billboard JAPAN年間チャート総括【2020年のヒット曲】

 

まとめ

 

以上までの14曲が2億再生以上を記録している国内のMVとなる。他にも15位以下の41曲が1億再生を突破している。

 

今後音楽の聴き方の主流がストリーミングになっていくことは確定的なので、大人気曲がMV1億再生以上を記録する傾向はこの先も続くと思われる。音源ストリーミングと併せて1億再生を達成した曲を把握しておけば、今後出現する流行歌もほぼ支障なく捕捉できるだろう。

 

billion-hits.hatenablog.com

  

思えば10年以上前の2000年代後半は音楽の聴き方がCDから配信に移行したことが全く考慮されず、ひたすらCDヒットの減少が嘆かれ、音楽業界の未来を悲観視する雰囲気に覆われていた。2010年代後半になってようやく新しい音楽の聴き方が捕捉され、再生数で楽曲人気を計ることがスタンダード化してきている。こうなれば、今後どんな大ヒット曲が誕生するのか(=どんな曲が1億再生を達成するのか)、未来への期待は高まるばかりである。

 

この歴代MV再生数ランキング記事は暫く2020年末時点のデータとして保存するつもりだが、一定のスパンで最新の再生数データにアップデートしていく予定である。