Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

2011年配信曲のダウンロード売上ランキング【2011年のヒット曲】

この記事では2011に配信された楽曲のヒットをフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。ミリオンセラーがフル配信ダウンロードで続々誕生するようになり、完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。そのCD売上チャートも、楽曲人気に関係しない要因によって特定アーティストにより過度に独占されるようになったため、楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

累計配信売上は結局日本レコード協会のダウンロード認定でしか確認できないため、ここではこのデータを使って2011年のヒット曲を振り返る。2011年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち9曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20210209004054p:plain

 

 

(ランキング作成方法および歴代ダウンロード売上ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

(歴代アーティスト別ダウンロード売上ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

 

この年活躍したアーティスト

 

以下アーティストの活躍は個別記事を設けて詳細解説しているので、記事へのリンクをあいうえお順に並べた。

 

AI

安室奈美恵

いきものがかり

AKB48

EXILE

KARA

JUJU

シェネル

少女時代

ナオト・インティライミ

西野カナ

back number

福山雅治

レディー・ガガ

 

ミリオン(100万)達成曲解説

 

安室奈美恵「Love Story」は12月に発売された38th両A面シングルの2曲目に収録されていた楽曲で、最高視聴率18.4%を記録した月9ドラマ「私が恋愛できない理由」主題歌に起用されたバラードナンバーである。女性のライフスタイルが多様化している世相を捉えたドラマにリンクした歌詞が支持を集めたことなどから、本曲は125万ダウンロードを売り上げる大ヒットとなった。


安室奈美恵 / 「Love Story」Music Video

 

安室奈美恵はこの年発売した人気アニメ「ONE PIECE」の主題歌「Fight Together」50万ダウンロードを売り上げており、この年大活躍していた。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

「やさしくなりたい」は11月に発売された斉藤和義の39thシングルで、表題曲は最高視聴率40.0%を記録した歴史的人気ドラマ「家政婦のミタ」主題歌に起用された。再起を図りたいと歌う楽曲内容はドラマの内容ともリンクしており絶大なタイアップ効果を増幅させ、配信ミリオンを突破する大ヒットとなった。


斉藤和義 - やさしくなりたい [Music Video Short ver.]

 

フライングゲットは8月に発売されたAKB48の22ndシングル。この年の総選挙で1位に返り咲いた前田敦子がセンターを務めたことや、フラゲに例えて恋愛感情を歌う歌詞などが話題となり、配信ミリオンを達成した。 


【MV full】 フライングゲット (ダンシングバージョン) / AKB48 [公式]

 

AKB48がこの年発売したシングル表題曲では他にもEveryday、カチューシャ配信ミリオンを達成しているほか、桜の木になろう」「風は吹いている」50万ダウンロードを記録しており、正に全盛期と言える大活躍を記録した。ダウンロード購入に握手券等の特典は付属していないため、これらの数字はCD売上とは異なり楽曲人気相応の数字である。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」は、人気子役の鈴木福芦田愛菜が出演していたドラマ「マルモのおきて」内の役名で発売した楽曲である。その子供らしい素朴な歌唱や可愛らしい振り付けが話題となったことや、ドラマが最高視聴率23.9%を記録する右肩上がりの人気となったことなどから配信ミリオンの大ヒットとなった。当時小学生のユニットによる配信ミリオン達成は本曲が史上唯一である。


薫と友樹、たまにムック。 - マル・マル・モリ・モリ!

 

レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」は2月に発売された同名2ndアルバムのリードトラックである。楽曲は自らの生き様に自信を持つこと、そこに誰からの承認も必要ないことが力強く歌われており、前例のない表現を続けてきたレディー・ガガが歌うことによる説得力もあって全世界で大ヒットを記録。日本国内だけでもその人気は絶大なものとなり、配信ミリオンを達成した。


Lady Gaga - Born This Way (Official Music Video)

 

レディー・ガガは多くの来日公演や、東日本大震災からの復興支援としてチャリティーリストバンドの販売収益を寄付するなどの行動が親しみを呼んだことで、国外アーティストの中では一際高い人気となっており、その人気はダウンロード売上に表れている。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

「Rising Sun」は9月に発売されたEXILEの37thシングル表題曲。東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティーソングである。日本を元気にするという目的のもと、多くの場面で歌われたことで支持を広げ、配信ミリオンを達成した。 


EXILE / Rising Sun -short version-

 

EXILEはこの年3月に発売した8thオリジナルアルバム「願いの塔」76万枚を売り上げるヒットを飛ばしている。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

「MR.TAXI」は4月に発売された少女時代の3rdシングル表題曲。本曲はシングル表題曲では初の日本オリジナル楽曲として制作され、タクシードライバーを意識したセクシーな衣装と振り付け、サビにあえて入れた韓国語の歌詞のキャッチーさが大人気となり、配信ミリオンを記録した。 


Girls' Generation 少女時代 'MR. TAXI' MV (JPN Ver.)

 

6月には日本1stオリジナルアルバム「GIRLS' GENERATION」を発売し、累計87万枚を記録するヒットを飛ばした。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

家族になろうよは4月に配信された福山雅治の27thシングル。ウェディングソングである本曲はゼクシイのCMソングにも起用された。2011年は東日本大震災が発生し、多くの命が失われた年となったが、そのような状況の中で身近な存在である家族や恋人との絆も例年以上にクローズアップされた。それを反映するように、この曲もジワジワと支持を広げ、配信ミリオンの大ヒットを記録した。 


福山雅治 - 家族になろうよ (Full ver.)

 

なおCDシングルミリオンはこれまでに3枚輩出している福山雅治だが、配信ミリオンは「家族になろうよ」が唯一である。

 

billion-hits.hatenablog.com

  

トリプル・プラチナ(75万)達成曲ピックアップ

 

100万回の「I love you」は3月に発売されたRakeの3rdシングル。ストレートな歌詞で綴られた王道のラブソングである本曲は、前年末から切り売りの着うた配信が開始されると告白ソングとして話題を集めた。年初からはヨコハマタイヤのCMソングに起用されたことで普及が加速し、最終的には75万ダウンロードを記録するヒットとなった。


Rake 『100万回の「I love you」』

 

ダブル・プラチナ(50万)達成曲ピックアップ

 

「何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那」JAMOSAJAY’EDと若旦那を客演に迎えて2月に発売した楽曲である。最高視聴率13.2%を記録したドラマ「美咲ナンバーワン!!」主題歌として書き下ろされた本曲は、何か一つのものに夢中になることを勧める歌詞がドラマを通じて学生を中心に支持を広げていき、50万ダウンロードを記録するヒットとなった。


JAMOSA / 何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那

 

LMFAO「パーティー・ロック・アンセムはノリの良いサウンドシャッフルダンスが人気となり世界的な大ヒットとなった洋楽ナンバーである。日本でもCMやバラエティ番組のBGMなどで使われる機会が多かったことなどから50万ダウンロードを売り上げるヒットを記録した。ちなみに本曲の振り付けは在英日本人ダンサーの小西北斗が担当している。


LMFAO ft. Lauren Bennett, GoonRock - Party Rock Anthem (Official Video)

 

もし当時年間ダウンロード売上チャートがあったらどうなっていたか

 

上記で挙げた配信ヒット曲は、当時楽曲人気指標として最も有名だったオリコンが配信売上の集計を一向に開始しなかったことにより、音楽チャート上で人気が十分に可視化されず過小評価された。国内に総合楽曲人気チャートが存在しないという不健全な状況は2006年以降約10年に渡り継続した。

 

2011年当時楽曲人気が適切に可視化されなかった歪な歴史を少しでも修復すべく、ここではもし当時網羅的なダウンロード売上チャートが存在していたら年間ランキングはどのような様相になっていたのか推定し、適切な2011年間楽曲人気チャートを再構築することを試みる。

 

具体的には、2011年配信曲2011年12月までに認定されたダウンロード数*1を確認することで年内のダウンロード売上を推定し、ランキング化した。その結果は以下のとおりである。

 

f:id:musicnever_die:20210211151744p:plain

 

2011年は、2006年以来5年ぶりに年内にフル配信ダウンロードミリオン認定を受けた曲が出ない年となり、これまで着うたフルが牽引してきたダウンロード市場の縮小の兆候が見え始めていた。しかし9曲は年内に50万ダウンロードを突破しており、まだ一定程度の水準は保たれている。その中で唯一年内75万ダウンロード突破を果たしたのがAKB48Everyday、カチューシャである。

 

AKB48はAKB商法によってこの年発売した5枚のCDシングル全てがミリオンセラーとなり、楽曲人気に関係なく常時CDミリオンセラーを出せる体制を確立した。既にCD市場は楽曲人気だけでミリオンセラーを出すことが不可能なほど縮小していたので、この年のオリコン年間チャートは必然的にAKB48がTOP5を独占した。

 

流行とは本来、「一定の楽曲人気を獲得→音楽チャート上位進出→流行を追う層も存在を認知→ムーブメント化」という流れで形成されるが、AKB48AKB商法によって最初のステップを踏まずとも流行を形成することを可能とした

 

このようなケースが生じた場合、音楽チャートは本来であれば上位進出を抑制する措置を対策として講じ、楽曲人気指標としての機能を保つことが必要とされたが、オリコンは何も対策を打たなかったどころか、AKB48のチャート上位進出のカラクリを説明することすらしなかった。*2

 

その結果、既に楽曲人気指標ではなくなっていたCD売上チャートにおけるAKB48の上位進出が、まるで楽曲人気の獲得によって生じたとでも言うかのようなミスリードが横行した。AKB48のムーブメント化は、本来の流れとは倒錯した形での音楽チャート上位進出で人気をアピールしたことも一助となっていた。

 

この歪な事態を招いた責は全面的に当時の音楽チャート作成者に帰属しており、AKB48に直接批判を向ける話ではない。過程はどうあれ、AKB48がこの年に大人気を獲得したことは事実であり、仮にこの年の楽曲人気チャートをCD売上抜きで作成したとしても年間1位はEveryday、カチューシャになっていた可能性が高い。ただ結果的には、たまたまCD売上年間1位と楽曲人気年間1位が一致してしまったことで、CD売上が楽曲人気指標として使用できなくなっていることへの理解が遅れてしまった感は否めない。

 

2011年のBillboard JAPAN年間チャート

 

Hot 100

 

Billboard JAPAN Hot 100「社会への浸透度を計る」ことを明確に理念に掲げ、CD売上以外の要素も加味して作成されている総合楽曲チャートである。CD売上チャートによる楽曲人気のミスリードが続く中、2008年に誕生したこの音楽チャートは楽曲人気の可視化を目指してひっそりと試行錯誤を続けていた。

 

2011年になると、ついにiTunesのダウンロード売上が集計対象に加わったことで、集計対象指標はCD売上ラジオエアプレイiTunesダウンロード売上の3指標になった。まだ網羅的なダウンロード売上の集計には至っていなかったものの、ラジオやiTunesで配信ヒット曲の人気を拾い上げることにより、CD売上だけのチャートよりは楽曲人気チャートに近い存在になっていた。

 

2011年のBillboard JAPAN Hot 100年間TOP10は以下のとおり。参考記録として、各曲のダウンロード売上も併記した。

 

f:id:musicnever_die:20210207152953p:plain

 

(TOP100はこちら↓)

www.billboard-japan.com

 

当時のビルボードもCD売上の比重が高いことは否めないが、年間1位から7位までがAKB48と嵐だけで埋め尽くされたオリコン年間シングルチャートと比べれば偏りが緩和されている。

 

年間1位はAKB48Everyday、カチューシャとなっているが、楽曲人気指標としてこの妥当性が高いことは上述したとおりである。さらには、レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」など配信で大ヒットした曲をAKB48や嵐に割って入る形で上位進出させることにも成功している。

 

ただ、全ての配信ヒット曲を上位に送り込むことはできていない。イメージとしては、CD売上チャートと配信売上チャートの中間のような印象を受けるのではないだろうか。

 

また、この時期のビルボード順位を決定する総合ポイントが非公開になっている。これらの欠点により、当時のビルボード楽曲人気チャートとしての合格点には達していなかった。それでも、配信限定曲やアルバム曲、c/w曲など全楽曲がランクイン可能という集計対象の網羅性ではCDシングル売上チャートに勝っていた。

 

この集計対象の網羅性が楽曲人気チャートとして最も重要な要件であること*3や、実際に一部とはいえ配信ヒット曲をCD売上に頼らず上位に送り込むことができていることから、ビルボードは当時からCD売上チャートに代わり国内で最も楽曲人気チャートに近い存在になっていたのである。

 

当時はまだ歴史が浅かったこともあり知名度がなく、ほとんど注目されていなかったビルボードだが、2010年代後半になると知名度が高まり、楽曲人気指標としての権威を確立した。2011年の年間チャートも、最も楽曲人気指標に近い公式なチャートとして、今からでも押さえておきたいところである。

 

(2011年の主要週間チャート結果はこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

Top Singles Sales

 

Hot 100を構成する各指標の年間ランキングも紹介する。CDシングル売上チャートTop Singles Salesの年間TOP10は以下のとおり。

 

f:id:musicnever_die:20210207203313p:plain

 

(TOP100はこちら↓)

www.billboard-japan.com

 

CD売上は楽曲人気指標として一切使用できなくなっているので、ここではオリコンとの違いだけ触れておく。

 

当時のビルボードオリコンと異なるAKB商法への対応を採っていた。すなわち、所謂劇場版と呼ばれる販路限定握手券付きCDの売上を集計対象外としていたのである。

 

よってビルボードではオリコンのようにAKB48が必ず上位を占拠する状況にはならず、が3位と4位に割って入っている。逆に言えば、Everyday、カチューシャフライングゲットは劇場盤を除いても嵐を上回る売上を記録していたことになる。

 

販路限定盤を集計対象外とするビルボードの集計方法は劇場盤に限った話ではなく、Kis-My-Ft2「Everybody Go」におけるキスマイSHOP限定盤も同様であった。よって、AKB48SKE48NMB48Kis-My-Ft2ビルボードにおけるCD売上はオリコンと比べて減少しており、その分相対的にチーム・アミューズ!!「Let's try again」Hey!Say!JUMP「OVER」の順位が上昇して年間TOP10入りを果たしている。

 

Radio Songs

 

続いてラジオエアプレイチャートRadio Songsの年間TOP10も紹介する。ラジオは楽曲人気指標として侮れない存在であり、実際にラジオが配信ヒットを拾い上げることに一定程度成功していることを示すため、各曲のダウンロード売上も併記した。

 

f:id:musicnever_die:20210207013543p:plain

 

(TOP100はこちら↓)

www.billboard-japan.com

 

パワープレイの対象となった曲や洋楽アーティストの楽曲の割合が多くはなるが、 年間TOP10入りした楽曲の過半が一定程度のダウンロード売上を記録していることが分かる。年間1位となったアヴリル・ラヴィーン「ワット・ザ・ヘル」は50万ダウンロードを記録しており、配信売上に見合うポイントをラジオ指標で獲得していた。ダウンロード売上の集計体制が整うまでの間、ラジオはHot 100の構成要素として重要な役割を占めていたのである。

 

Top Albums Sales

 

ビルボードのCDアルバム売上チャートTop Albums Salesの年間TOP10も紹介する。

 

f:id:musicnever_die:20210207014712p:plain


(TOP100はこちら↓)

www.billboard-japan.com

 

年間1位は2010年12月に発売されたMr.Children「SENSE」が獲得した。オリコンの年間アルバムランキングでは嵐「Beautiful World」が年間1位となっていたが、ビルボードではオリコンより3週間だけ集計期間が前に倒れていたため、オリコンの年間で集計割れを起こして2010年5位→2011年36位と推移していた「SENSE」の売上がビルボードでは全て2011年の年間集計期間内に計上され、僅差で「SENSE」に軍配が上がった。完全なる結果論だが、「SENSE」のヒットはビルボードの方が分かりやすい形で可視化されたと言える。

 

同じ背景により、2010年11月に発売されていたKARA「ガールズトークも集計割れを回避して2011年の年間TOP10入りを果たした。いきものがかり「いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜」オリコンビルボードの双方で集計割れを起こしているが、ビルボードの方がズレの分2011年の年間集計期間に計上された売上が多かったため順位を上げている。

 

また、販路限定盤が集計対象外となっているビルボードの集計方法により、AKB48「ここにいたこと」はシングル同様に劇場盤の売上が集計対象外になり、その分オリコンより売上が少なくなっている。

 

同様に、嵐「Beautiful World」におけるセブンネットオリジナル盤も集計対象外である。ただし、仮にセブンネットオリジナル盤が集計対象だったとしても、その発売日は11月28日で、ビルボードの2011年の年間集計期間終了後だった。なおこの盤が追加販売された理由はAKB48との僅差勝負となっていたオリコン年間1位を獲得するためと言われており、実際にオリコンではこの盤の売上の加算でAKB48を逆転して年間1位となった。ビルボードオリコンよりも「ハッキング」がしにくいチャートであることはこのことからも読み取れる。

 

EXILE「願いの塔」に関しては、初回限定盤のみカバーアルバムEXILE COVER」が付属していたことから限定盤と通常盤で別集計され、限定盤が8位、通常盤が29位に売上が分散した。

 

MV1億再生を達成した2011年配信曲

 

最後に、2011年に公開されたMVの2020年12月31日時点の累計再生数ランキングを紹介する。この頃になると、新しい音楽の聴き方として動画投稿サイトYouTubeでMVをストリーミング視聴するという方法も徐々に普及し始めた。

  

f:id:musicnever_die:20210211011415p:plain
 

(歴代MV再生数ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

2011年に公開されたMVで最も多くの累計再生数を稼いでいる曲はきゃりーぱみゅぱみゅ「PONPONPON」である。この曲は8月に発売されたデビューミニアルバム「もしもし原宿」のリード曲として7月に全世界に配信された。脳内妄想を具現化したMVが奇抜かつ作り込まれた内容だったことで、ケイティ・ペリーなど海外のセレブに取り上げられ、SNSを通じて拡散し世界的な人気を獲得。海外からのアクセスを多く稼いだことでMV再生数は1.7億を突破した。この活躍が国内でも話題となり、きゃりーぱみゅぱみゅは翌年以降国内でも多数のヒット曲を輩出していくこととなる。


きゃりーぱみゅぱみゅ - PONPONPON , Kyary Pamyu Pamyu - PONPONPON

  

まとめ

 

以上が配信指標を中心にした2011年のヒットシーンの振り返りである。既述のとおりこの時期は既にCD売上だけのランキングが楽曲人気指標として一切機能していないので、楽曲人気を語るうえではダウンロード売上やMV再生数のデータをチェックするようにしたい。

 

(前年2010年配信曲のダウンロード売上ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

  

(次年2012年配信曲のダウンロード売上ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

この記事で紹介したダウンロードデータは日本レコード協会HP内の下記サイトで検索することができる。新たな発見の宝庫なので、時間があれば好きな曲やアーティストのダウンロード数を検索してみることをおすすめする。

 

www.riaj.or.jp

 

おまけ・プラチナ(25万)達成曲一覧

 

西野 カナ 「Distance」
ソナーポケット 「365日のラブストーリー。」
EXILE 「あなたへ」
中島 美嘉 「Dear」
きゃりーぱみゅぱみゅ 「つけまつける」
ソナーポケット 「100年先まで愛します。」
AKB48 「上からマリコ
安室 奈美恵 「Sit! Stay! Wait! Down!」
リアーナ 「ウィー・ファウンド・ラヴ feat.カルヴィン・ハリス
Kylee 「CRAZY FOR YOU」
きただに ひろし 「ウィーゴー!」
倖田 來未 「愛を止めないで」
EXILE ATSUSHI 「いつかきっと・・・」
きゃりーぱみゅぱみゅ 「PONPONPON」
YUI 「HELLO ~Paradise Kiss~」
UVERworld 「CORE PRIDE
平井 堅 「いとしき日々よ
安室 奈美恵 「Wonder Woman feat. AI & 土屋アンナ
LGMonkees 「3090~愛のうた~」
EXILE 「Each Other's Way ~旅の途中~」
板野 友美 「Dear J」
東方神起 「Why? (Keep Your Head Down)」
ジェニファー・ロペス 「オン・ザ・フロア feat.ピットブル」
SPYAIR 「サムライハート(Some Like It Hot!!)」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「LOVE SONG」
浜崎 あゆみ 「progress」
KG 「君じゃなきゃ duet with 安田奈央
本間芽衣子(茅野愛衣)安城鳴子(戸松遥)鶴見知利子(早見沙織) 「secret base ~君がくれたもの~ (10 years after Ver.)」
RADWIMPS 「君と羊と青
LiSA 「oath sign

  

おまけ・ゴールド(10万)達成曲一覧

 

青山 テルマ 「ずっと。」
ソナーポケット 「ラブレター。~いつだって逢いたくて~」
KARA 「ウィンターマジック
加藤 ミリヤ×清水 翔太 「BELIEVE」
GReeeeN 「恋文~ラブレター~」
コブクロ 「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
桑田 佳祐 「明日へのマーチ」
WISE 「By your side feat. 西野カナ
T-ARA 「Bo Peep Bo Peep (Japanese ver.)」
いきものがかり 「笑ってたいんだ」
レディー・ガガ 「ジューダス」
ナオト・インティライミ 「Brave」
清水 翔太 「YOU & I」
少女時代 「Run Devil Run」
遊助 「俺なりのラブソング」
レディー・ガガ 「ジ・エッジ・オブ・グローリー」
L'Arc~en~Ciel 「GOOD LUCK MY WAY
板野 友美 「ふいに」
CLIFF EDGE 「Endless Tears feat. 中村舞子
ポルノグラフィティ 「EXIT」
土屋 アンナ 「Switch On!」
moumoon 「Chu Chu」
ソナーポケット 「ゴメンね・・・。~お前との約束~」
加藤 ミリヤ 「勇者たち」
マルーン5 「ムーヴス・ライク・ジャガー feat.クリスティーナ・アギレラ
ピットブル 「ギヴ・ミー・エヴリシング feat. ニーヨ、 アフロジャック & ネイヤー」
NMB48 「オーマイガー!」
ナオト・インティライミ 「Hello」
EXILE 「NEVER LOSE」
長渕 剛 「ひとつ」
倖田 來未 「Love Me Back」
supercell 「My Dearest
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「リフレイン」
SKE48 「オキドキ
MONKEY MAJIK 「Headlight」
L'Arc~en~Ciel 「X X X」
ISSA × SoulJa + ROLA 「i hate u」
DEEP 「君じゃない誰かなんて ~Tejina~」
ドン・オマール FEAT. ルセンゾ 「DANZA KUDURO - ALBUM VERSION」
東方神起 「B.U.T(BE-AU-TY)」
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「FIGHTERS」
Every Little Thing 「アイガアル
NICO Touches the Walls 「手をたたけ」
倖田 來未 「Poppin' love cocktail feat.TEEDA
遊助 「雄叫び」
安室 奈美恵 「NAKED」
久保田 利伸 「Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI」
コブクロ 「蜜蜂」
SKE48 「パレオはエメラルド
ももいろクローバーZ 「Z伝説~終わりなき革命~」
7!! 「ラヴァーズ」
ピットブル 「インターナショナル・ラヴ feat. クリス・ブラウン」
西野 カナ 「Alright」
GReeeeN 「ソラシド」
serial TV drama 「桃源郷エイリアン
前田 敦子 「Flower」
Galileo Galilei 「青い栞
AKB48 「ヤンキーソウル
BENI 「好きだから。」
安室 奈美恵 「make it happen feat. AFTERSCHOOL」
チャン・グンソク 「Let me cry」
L'Arc~en~Ciel 「CHASE」
サカナクション 「『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
LGYankees Produce ShaNa 「ひとりさみしく」
ニッキー・ミナージュ 「スーパー・ベース」
AKB48 「誰かのために-What can I do for someone?-<配信限定チャリティソング>」
BIGBANG 「TONIGHT」
JUJU 「さよならの代わりに」
アヴリル・ラヴィーン 「バッド・レピュテーション」
ももいろクローバー 「Chai Maxx
ねごと 「カロン
コブクロ 「Blue Bird」
高橋 優 「福笑い」
Kalafina 「Magia
倖田 來未 「POP DIVA」
童子-T 「誓い feat.YU-A」
JUJU 「願い」
MAY'S 「君に届け...」
TEE 「電話で抱きしめて」
藍井 エイル 「MEMORIA
渡り廊下走り隊7 「希望山脈
ROOKiEZ is PUNK'D 「IN MY WORLD」
FUN. 「伝説のヤングマン~ウィー・アー・ヤング~(feat. ジャネール・モネイ)」
2NE1 「I AM THE BEST(Japanese ver.)」
クリス・ブラウン 「イェー!イェー!イェー!」
遊助 「全部好き。」
シェリル・ノーム starring May'n/ランカ・リー=中島 愛 「サヨナラノツバサ ~ the end of triangle サヨナラノツバサ~アイモ~放課後オーバーフロウ」
back number 「思い出せなくなるその日まで」
AAA 「No cry No more
ピコ 「桜音」
水樹 奈々 「ヒメムラサキ」
Superfly 「Rollin' Days」
KG 「このまま2人で duet with Lisa Halim」
水樹 奈々 「SCARLET KNIGHT
マイア・ヒラサワ 「ブーン!」
麻倉 未稀 「ヒーロー -Holding Out For a Hero-」
リアーナ 「カリフォルニア・キング・ベッド」
中島 美嘉 「LOVE IS ECSTASY」
EGOIST 「Departures ~あなたにおくるアイの歌~」
宮野 真守 「オルフェ」
やくしまるえつこ 「ヴィーナスとジーザス」
エリオをかまってちゃん 「Os-宇宙人」
back number 「幸せ」
レキシ 「きらきら武士 feat. Deyonnà」
板野 友美 「Wanna be now」
平田 志穂子 「sky's the limit」
クイーン 「ウィ・ウィル・ロック・ユー」
C&K 「ぼくのとなりにいてくれませんか?」
クイーン 「ボヘミアン・ラプソディ
ザ・ハイロウズ 「日曜日よりの使者
NICO Touches the Walls 「Diver」
CHEMISTRY 「merry-go-round」

 

*1:最終累計ではなく、2011年内に計上された売上

*2:この背景には配信よりCDで楽曲を売る方が利益率が良かったため、CDチャート上位に入った者が脚光を浴びるシステムとなるようにしたいという音楽業界の思惑があったものと思われる。オリコンはそもそも業界誌であるため、一般消費者の「人気曲が知りたい」というニーズよりも業界の思惑を優先することには合点がいった。

*3:人気となっている曲が集計ルール上チャートにランクインできないという事態は最悪のケースであり、絶対に避けなければならないことであるため。特に当時は、配信限定発売曲の人気動向をCD売上チャート上で捕捉できないという問題があった。