Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

歴代着うたランキング

この記事では着うたダウンロード売上に関する各種歴代ランキングをまとめている。

 

着うたとは、ガラケー市場が全盛期を迎えていた2000年代中盤に配信市場の主役となっていた楽曲販売方法で、その方法は楽曲をイントロ、Aメロ、Bメロ、サビ、大サビといった具合に切り分け、そのパートごとに手頃な価格で携帯電話の着信音として販売するというものであった。

 

その性質上、「着うた1ダウンロード」は「表題曲のフルサイズ音源を1人が購入した」ことを意味しない。また、1人で1曲の全パートを買いそろえることもあり得る着うたの売上は、CD売上やフル配信ダウンロード売上と比べて大きな規模の数字となる。そのため、着うた1ダウンロードはCD売上1枚やフル配信1ダウンロードとは同じ意味を持たず、それらよりも楽曲人気指標としての価値は低かった。

 

それでも、CD市場が縮小の一途を辿っていた中では、新たな音楽の聴き方として着うた市場の動向も楽曲人気の把握のためには重要だったのだが、CD売上の集計で有名なオリコンはダウンロード売上の集計を一向に開始しなかった。したがって着うた売上を網羅的に確認するには、RIAJが2006年より開始したダウンロード認定着うたカテゴリを確認するほかない。このカテゴリでは、50万ダウンロードを突破して初めて認定が授与される設計になっている。

 

よって歴代ランキングもこのRIAJダウンロード認定データをもとにして作成することになる。具体的な作成方法、及び着うたを除いたフル配信ダウンロード売上に関する歴代ランキングは以下の別記事でまとめている。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

着うたダブルミリオン以上を記録している上位18曲は以下のとおりである。

 

f:id:musicnever_die:20210722180017p:plain

 

 

上位曲ピックアップ

 

着うたダウンロード売上歴代1位は、史上唯一の着うた400万ダウンロードを記録した恋のマイアヒである。原題はDragostea Din Teiで、モルドバ出身の音楽グループオゾンが歌唱している。


www.youtube.com

 

2003年よりルーマニア発で世界的に人気を広げていたこの曲は、日本でも2004年に名古屋のFMラジオ局でパワープレイされたことなどから広まり始め、空耳を元にしたFlashムービーが2ちゃんねるを中心に受けたことや、人気バラエティ番組SMAP×SMAPの一コーナー内で大々的に使用されたことなどから、翌2005年にかけて広く流行した。なお空耳に関しては2018年に公式実写ムービーが作成されている。 


www.youtube.com

 

さて、この「恋のマイアヒ」が記録した着うた400万ダウンロードは、従来のCDやフル配信ダウンロード売上に換言するとどれほどの人気と言えるのだろうか。ヒントとなるのが、日本レコード協会が設定している認定下限値である。既述のとおり着うたは50万ダウンロードを突破して初めて認定を受けることができる。他方でゴールドディスク認定や、フル配信ダウンロード認定10万が認定下限値となっている。

 

このことからは、着うたはCDやフル配信ダウンロードと比べ、ヒット指標としての価値は1/5しかないと言うことができる。そのため、着うた400万ダウンロードはCDやフル配信ダウンロードに言い換えれば80万相当となる。

 

この換算率で100万を超える曲、すなわち着うた500万ダウンロード認定を受けた曲が終ぞ現れぬまま市場が消滅したことからは、着うたのヒット指標としての重要性はそこまで高くないと言うことができる。ただしこれは後年から当時のヒットを振り返るうえではの話であり、当時リアルタイムの流行を計るうえでは着うた指標の重要性は極めて高かった。

 

最終的に着うた上位曲のほとんどはフル配信ダウンロード売上でも歴史的な数値を記録しており、基本的には歴代フル配信ダウンロード売上ランキングを確認すれば2000年代のヒット曲を網羅的に把握するには事足りる。ということで、歴代着うたランキング上位曲のほとんどは当ブログのフル配信ダウンロード売上記録を取り上げている各記事のどこかで言及しているので、解説はそれらの記事に譲る。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

ただし「恋のマイアヒ」に関してはどういうわけか着うた売上とフル配信ダウンロード売上の数値が乖離しており、着うた400万ダウンロードに対してフル配信認定は35万ダウンロードにしかなっていない。他方で「恋のマイアヒ」を収録したアルバム「DISCO-ZONE~恋のマイアヒ~」80万枚以上のセールスを記録しており、この曲のフルサイズ音源を入手した層もかなりの数存在していることは間違いない。

 

この動向の背景としては、本曲が流行した2005年はまだフル配信市場が黎明期にあったことも考えられる。「恋のマイアヒ」は一過性のブームとして消費された側面が強く、フル配信市場がピークを迎えた2000年代後半になってから更にフル配信ダウンロード売上を伸ばすことは困難だったのかもしれない。

  

もし当時着うたを集計した総合楽曲チャートがあったらどうなっていたか

 

上記で挙げた着うたヒット曲は、当時楽曲人気指標として最も有名だったオリコンが配信売上の集計を一向に開始しなかったことにより、音楽チャート上で人気が十分に可視化されず過小評価された。国内に総合楽曲人気チャートが存在しないという不健全な状況は2006年以降約10年に渡り継続した。

 

当時楽曲人気が適切に可視化されなかった歪な歴史を少しでも修復すべく、ここではもし当時着うたを合算した総合チャートが存在していたら年間ランキングはどのような様相になっていたのか推定し、適切な年間楽曲人気チャートを再構築することを試みる。

 

具体的には、各年の年間シングルチャートで計上された各曲のCD売上と、各年配信曲の各年12月までに認定されたフル配信ダウンロード数及び着うたダウンロード数をポイント換算の上合算し、ランキング化した。換算率は上記で示したとおりRIAJの認定基準を踏まえ、「合算ポイント1点=CD売上1枚=フル配信1ダウンロード=着うた5ダウンロード」とした。その結果は以下のとおりである。

 

2006年

 

f:id:musicnever_die:20210731150112p:plain

 

なお、着うたを除外した、CD売上とフル配信ダウンロード数の単純合算ランキングは以下記事で推定している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

それとの比較では、年間1位はKAT-TUN「Real Face」で変わらない。しかし2位以下には高配信売上曲がより一層上位進出する構造になっている。2位はCD・フル配信・着うたの3指標で満遍なく高売上を記録したKaoru Amane「タイヨウのうた。3位には、2006年配信曲で唯一年内着うた200万ダウンロードを突破した倖田來未恋のつぼみが順位を急伸させる形でランクインしている。

 


www.youtube.com

 

2007年

 

f:id:musicnever_die:20210731145008p:plain

 

(着うたを除外した、CD売上とフル配信ダウンロード数の単純合算ランキングは以下記事で推定↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

これとの比較ではやはり高配信売上曲がより一層上位進出している。1位に宇多田ヒカルFlavor Of Life、2位にGReeeeN「愛唄」、3位にコブクロ「蕾(つぼみ)」、そして4位にCD売上のみのランキングでは年間1位の秋川雅史千の風になって」が入る構図は着うた売上を集計しなくても変わらない。しかし5位には、着うた200万ダウンロードを記録した宇多田ヒカルFlavor Of Life -Ballad Version-」が躍進する。フル配信売上では累計85万DLとなっており、原曲(125万DL)の方が多い売上となっていたが、着うたではバラードバージョンの方が原曲(100万DL)を上回る認定となっていることは面白い。これは着うたではバラードバージョンが原曲よりも1ヶ月以上早くから先行配信されていたことが影響しているものと思われる。

 


www.youtube.com

 

2008年

 

f:id:musicnever_die:20210731151308p:plain

 

(着うたを除外した、CD売上とフル配信ダウンロード数の単純合算ランキングは以下記事で推定↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

2008年は着うたを中心としたダウンロード市場全盛期である。その中で青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」GReeeeN「キセキ」の2曲は歴史に残る圧倒的高ダウンロード売上をマークしており、フル配信と着うたの双方300万ダウンロード以上の認定を受けている。これは歴史上この2曲しか達成していない。この年に総合楽曲人気チャートを作るならば、この2曲によるワンツー以外の結果は論外である。

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com

 

なおこの年のCD売上年間1位となった嵐「truth/風の向こうへは、着うた売上を集計しなくともフル配信売上を合算するだけで年間9位に下がっているが、着うた売上も集計すると更に20位にまで順位を落とす形になる。フル配信100万ダウンロード突破曲が多発する中で嵐のCD売上は60万枚程度、かつ当時配信未解禁だったことを踏まえれば当然の結果である。それでも当時はCD売上のみのチャートが最前面で取り上げられており、まるでCD売上年間1位の「truth」がこの年の楽曲人気年間1位であるかの如く扱われていた。こうした形で当時は高配信売上曲の人気過小評価、高CD売上曲の人気過大評価が蔓延していた。これは当時の音楽チャートの責任である。

 

2009年

 

f:id:musicnever_die:20210731160124p:plain

 

(着うたを除外した、CD売上とフル配信ダウンロード数の単純合算ランキングは以下記事で推定↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

2009年からはダウンロード市場が縮小傾向に突入する。その中で1位となったのはEXILE「ふたつの唇」。この曲はCD・フル配信・着うたの3指標で満遍なく高売上を記録したが、発売は10月であり、僅か数ヶ月でこれらの数値が積み上げられたことを考えれば、猛烈な勢いで楽曲人気を示していたことが分かる。

 

着うたでは所要181日で200万ダウンロードに到達しているが、これは自己最速記録である。フル配信で自信唯一の200万突破曲となっている「Ti Amo」は着うたでは100万ダウンロード認定に留まっており、「ふたつの唇」もEXILEの代表曲争いでは「Ti Amo」に引けを取らないレベルの勢いとなっていた。

 

それにも拘わらず当時のEXILE陣営は年末歌番組において「Someday」を推しており、日本レコード大賞も「Someday」がノミネートされた。楽曲人気指標としての機能が当時既にほとんど消失していたCD売上では「Someday」と「ふたつの唇」の売上にほぼ差がなかったこともあり、「ふたつの唇」の大人気にはあまり光が当たらなかった。実際には2009年の楽曲人気年間1位でもおかしくないほどの大人気だったことは今からでも押さえておきたい。


www.youtube.com

 

なおこの年のCD売上年間1位となった嵐/矢野健太 starring Satoshi Ohno「Believe/曇りのち、快晴はこの合算ランキングでは年間10位に下がっており、やはり歪な楽曲人気評価が継続していた。

 

2010年

 

f:id:musicnever_die:20210731162619p:plain

 

(着うたを除外した、CD売上とフル配信ダウンロード数の単純合算ランキングは以下記事で推定↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

これとの比較では、年内に着うた100万ダウンロードを記録した西野カナ「会いたくて 会いたくて」AKB48のワンツー体制を崩し2位にまで浮上している。AKB48は着うたに関してはヘビーローテーションの累計75万ダウンロードが自己最高となっており、2010年内にはまだ何の認定も受けることができていなかった。しかし「ヘビーローテーション」はフル配信で年内60万ダウンロードを突破するほどの人気を示しており、CD売上とも合算したランキングでは年間1位となる。

 

何れにしてもこの年はAKB48西野カナの勢いが凄まじかったのだが、やはり当時はCD売上チャートが最前面で扱われていたため西野カナの歴史的人気には十分に光が当たらず、専らこの年のCD売上年間チャートを独占したAKB48と嵐の人気ばかりが最前面で取り上げられる格好となった。

 


www.youtube.com

 

2011年

 

f:id:musicnever_die:20210731164617p:plain

 

(着うたを除外した、フル配信ダウンロード数のみのランキングは以下記事で推定↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

この年からはCD売上の楽曲人気指標としての機能が完全消滅したため、CD売上を集計対象から除外する。

 

年間1位は、年内にフル配信60万ダウンロード、着うた75万ダウンロードを突破した薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!となった。引き続き大人気を示していたAKB48Everyday、カチューシャはフル配信では2011年配信曲で唯一年内に75万ダウンロード突破を果たし、「マル・マル・モリ・モリ!」とは合算ポイントで同点となったが、配信から75万ポイント到達までに要した日数の早さで「マル・マル・モリ・モリ!」に軍配が上がった。

 


www.youtube.com

 

2012年以降

 

2012年以降に配信された曲で着うた認定を受けた曲は存在しない。この頃になると携帯電話のガラケーからスマートフォンへの置換が進んだことに合わせて着うた市場は殆ど消失していた。そのため、以降の楽曲人気はフル配信ダウンロード売上記録を頼りに計ることとなる。詳細は以下の各記事で解説している。

 

2012年配信曲のダウンロード売上ランキング【2012年のヒット曲】

2013年配信曲のダウンロード売上ランキング【2013年のヒット曲】

2014年配信曲のダウンロード売上ランキング【2014年のヒット曲】

2015年配信曲のダウンロード売上ランキング【2015年のヒット曲】

2016年配信曲のダウンロード売上ランキング【2016年のヒット曲】

 

2017年以降はBillboard JAPAN年間チャートを参照して各年のヒット曲を振り返っている。

 

2017年Billboard JAPAN年間チャート総括【2017年のヒット曲】

2018年Billboard JAPAN年間チャート総括【2018年のヒット曲】

2019年Billboard JAPAN年間チャート総括【2019年のヒット曲】

2020年Billboard JAPAN年間チャート総括【2020年のヒット曲】

 

歴代アーティスト・トータル・着うたダウンロード売上ランキング

 

続いてアーティスト別着うた売上ランキングを紹介する。ここでは認定総数300万以上を突破している上位20組を抽出した。このうち上位5組が認定総数1,000万ダウンロードを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20210725235818p:plain

 

歴代1位はEXILE。これは以下記事で取り上げているフル配信ダウンロード売上の歴代アーティストランキングと同様の結果である。2位以下もやはり上位はフル配信ダウンロード売上の歴代上位とほとんど変わらない面子となっている。そのため詳細解説は以下記事に譲る。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

フル配信ダウンロードランキングとの違いを挙げるとすれば、着うたランキングでは倖田來未ORANGE RANGEなど、2000年代中盤に活躍したアーティストがより上位に来ている。これは2000年代中盤の配信市場の主役が着うただったことを意味している。2000年代後半になると主役はフル配信に移行しており、それを表すようにフル配信ダウンロードランキングは2000年代後半以降に活躍したアーティストがより上位に入っている。

 

まとめ

 

この着うたランキングからは主に2000年代中盤のヒットシーンを読み取ることが可能であった。この時期はCD売上が楽曲人気指標として機能しなくなる直前ギリギリのタイミングであり、CD売上を通じてヒットを把握することもまだ辛うじてできた時代ではあったが、CD売上の全体的な減少傾向が続いていたことから、90年代のヒット曲とCD売上を単純比較する形で楽曲人気規模が過小評価される事態も生じ始めていた時期である。是非とも上述した「CD売上1枚=着うた5ダウンロード」の換算率で当時のヒット曲のCD売上にダウンロード売上も加味して今からでも当時のヒット規模認識を上方修正していきたいところである。

 

なお、上記データは日本レコード協会HP内の下記サイトで検索することができる。自分の好きな曲がどれだけダウンロードされているのか、検索してみるのも楽しいかもしれない。

 

www.riaj.or.jp

 

おまけ・着うたミリオン(100万)達成曲一覧

 

木村 カエラRing a Ding Dong
EXILE倖田來未 「WON'T BE LONG」
倖田 來未 「夢のうた」
JUJU with JAY'ED 「明日がくるなら」
桑田 佳祐 「明日晴れるかな
大塚 愛 「ユメクイ」
宇多田 ヒカル 「Flavor Of Life
GReeeeN 「遥か」
加藤 ミリヤ×清水 翔太 「Love Forever」
FUNKY MONKEY BABYS 「Lovin' Life」
Kaoru Amane 「タイヨウのうた
EXILE 「Ti Amo」
BONNIE PINKA Perfect Sky
ORANGE RANGEイケナイ太陽
JUJU feat.Spontania 「素直になれたら」
コブクロ蒼く 優しく
西野 カナ 「会いたくて 会いたくて」
EXILE 「もっと強く」
宇多田 ヒカル 「Prisoner Of Love
遊助 「ひまわり」
アヴリル・ラヴィーン 「ガールフレンド」
Spontania feat.JUJU 「君のすべてに」
絢香Jewelry day」
伊藤 由奈 「Precious」
安室 奈美恵 「Baby Don't Cry」
西野 カナ 「君って」
GReeeeN 「歩み」
mihimaru GT 「気分上々↑↑」
YUI for 雨音 薫 「Good-bye days」
TOKIO 「宙船(そらふね)」
ヒルクライム 「春夏秋冬」
キマグレン 「LIFE」
AI 「Believe」
SEAMOルパン・ザ・ファイヤー
SoulJa 「ここにいるよ」
絢香I believe
木村 カエラ 「Butterfly」
EXILEI Believe
EXILE 「ただ・・・逢いたくて」
DREAMS COME TRUE 「ア・イ・シ・テ・ルのサイン ~わたしたちの未来予想図~」
平井 堅 「POP STAR」
羞恥心 「羞恥心」
大塚 愛 「プラネタリウム
浜崎 あゆみ 「HEAVEN」
倖田 來未 「運命」
ORANGE RANGEキズナ
中島 美嘉 「GLAMOROUS SKY」
REIRA starring YUNA ITOENDLESS STORY
ダニエル・パウター 「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」
西野 カナ 「Best Friend」
童子-T 「もう一度...feat.BENI
ORANGE RANGEお願い!セニョリータ
ORANGE RANGE 「ラヴ・パレード」
大塚 愛 「SMILY」
Crystal Kay恋におちたら
コブクロここにしか咲かない花
GReeeeN 「刹那」
B'z 「イチブトゼンブ」
ORANGE RANGE 「*~アスタリスク~」
D-51 「NO MORE CRY」
ORANGE RANGE 「以心電信」
安室 奈美恵 「Love Story」
浜崎 あゆみ 「CAROLS "Original Mix"」
柴咲 コウ 「かたちあるもの」
アンダーグラフ 「ツバサ」
ORANGE RANGEロコローション
木村 カエラリルラ リルハ
nobodyknows+ 「ココロオドル
平井 堅 「瞳をとじて
レミオロメン 「3月9日」
ET-KING 「愛しい人へ」
大塚 愛 「さくらんぼ」
平原 綾香 「Jupiter」
コブクロ永遠にともに
EXILE銀河鉄道999
一青 窈 「ハナミズキ
倖田 來未 「愛のうた」
Superfly 「愛をこめて花束を」
大塚 愛 「PEACH
EXILE 「道」
大塚 愛 「CHU-LIP
ネリー 「ジレンマ feat. ケリー・ローランド
クリスタルキング愛をとりもどせ!!」
中島 美嘉 「雪の華
マライア・キャリー恋人たちのクリスマス
高橋 洋子 「残酷な天使のテーゼ
ドリーミング 「アンパンマンのマーチ

 

おまけ・着うたトリプル・プラチナ(75万)達成曲一覧

 

倖田 來未 「I'll be there」
大塚 愛 「恋愛写真
コブクロ 「流星」
Aqua Timez 「虹」
RSPLifetime Respect -女編-
中島 美嘉 「ORION」
KOH+ 「KISSして」
ORANGE RANGE 「DANCE2 feat. ソイソース(サビ)」
浜崎 あゆみ 「BLUE BIRD」
JUJU 「この夜を止めてよ」
倖田 來未 「BUT」
薫と友樹、たまにムック。 「マル・マル・モリ・モリ!」
西野 カナ 「if」
絢香 「おかえり」
青山 テルマ 「何度も」
清水 翔太×加藤 ミリヤ 「FOREVER LOVE
RIP SLYME 「熱帯夜」
中島 美嘉 「LIFE」
大塚 愛 「フレンジャー
EXILE 「優しい光」
キグルミ 「たらこ・たらこ・たらこ
Lil'B 「キミに歌ったラブソング」
西野 カナ 「もっと…」
BoA 「Winter Love」
YUI 「CHE.R.RY」
浜崎 あゆみ 「JEWEL」
JUJU 「やさしさで溢れるように
倖田 來未 「Someday」
西野 カナ 「Dear…」
宇多田 ヒカル 「Keep Tryin'」
絢香 「Real voice」
KARA 「ミスター」
安室 奈美恵 「NEW LOOK」
いきものがかり 「ありがとう」
倖田 來未 「anytime」
倖田 來未 「you」
EXILE 「Someday」
ORANGE RANGE 「DANCE2 feat. ソイソース」
Aqua Timez 「千の夜をこえて」
K 「Only Human」
レミオロメン 「太陽の下」
WaT 「僕のキモチ」
倖田 來未 「Moon Crying」
SEAMO 「Cry Baby」
まえけん♂トランス・プロジェクト 「恋のブチアゲ♂天国(恋のマイアヒ)」
GLAY×EXILE 「SCREAM」
浜崎 あゆみ 「fairyland」
Aqua Timez 「決意の朝に」
倖田 來未 「Butterfly」
AKB48ヘビーローテーション
浜崎 あゆみ 「STEP you」
いきものがかり 「じょいふる」
m-flo loves YOSHIKA 「let go」
大塚 愛 「大好きだよ。」
BENNIE Kサンライズ
浜崎 あゆみ 「INSPIRE」
加藤 ミリヤ 「Aitai」
倖田 來未 「キューティーハニー
スキマスイッチ全力少年
スキマスイッチ 「奏(かなで)」
EXILE 「Pure」
浜崎 あゆみ 「Together When…」
矢島美容室 「ニホンノミカタ ―ネバダカラキマシタ―」
GO!GO!7188 「こいのうた」
エミネム 「ルーズ・ユアセルフ」
バックストリート・ボーイズ 「アイ・ウォント・イット・ザット・ウェイ」
mihimaru GT 「I SHOULD BE SO LUCKY」
坂本 冬美 「また君に恋してる
夏川 りみ 「涙そうそう
ワム!ラスト・クリスマス

 

おまけ・着うたダブル・プラチナ(50万)達成曲一覧

 

倖田 來未 「ふたりで・・・」
ORANGE RANGEイケナイ太陽(サビVer.)」
藤岡藤巻と大橋のぞみ崖の上のポニョ
Lil'B 「キミが好きで」
木村 カエラA winter fairy is melting a snowman
浜崎 あゆみ 「glitter」
EXILELAST CHRISTMAS
久保田 利伸 「LOVE RAIN ~恋の雨~」
EXILE 「SUMMER TIME LOVE」
桑田 佳祐 「風の詩を聴かせて
EXILE 「時の描片~トキノカケラ~」
MONKEY MAJIK 「空はまるで」
宇多田 ヒカル 「Beautiful World」
浜崎 あゆみ 「Sunrise ~LOVE is ALL~」
コブクロ 「WHITE DAYS」
GReeeeN 「扉」
ROCK'A'TRENCH 「My SunShine」
西野 カナ 「Distance」
JUJU 「また明日...」
NANA starring MIKA NAKASHIMA 「一色(サビver.)」
DOUBLE & 安室奈美恵 「BLACK DIAMOND」
福山 雅治 「はつ恋」
JAMOSA 「何かひとつ feat. JAY'ED & 若旦那」
木村 カエラ 「TREE CLIMBERS」
FUNKY MONKEY BABYS 「ちっぽけな勇気」
新垣 結衣 「heavenly days」
マドンナ 「マイルズ・アウェイ」
絢香×コブクロ 「あなたと」
KARA 「GO GO サマー!」
mihimaru GT 「かけがえのない詩」
小田 和正 「こころ」
柴咲 コウ 「ひと恋めぐり」
羞恥心 「泣かないで」
EXILE 「Everything」
ポルノグラフィティハネウマライダー
KARA 「ジャンピン」
moumoonSunshine Girl
KOH+ 「最愛」
倖田 來未 「Cherry Girl」
EXILE 「I Wish For You」
アンジェラ・アキ 「This Love」
西野 カナ 「君に会いたくなるから」
JUJU 「Hello, Again~昔からある場所~」
木村 カエラ 「Magic Music」
西野 カナ 「たとえ どんなに…
ORANGE RANGEチャンピオーネ
清水 翔太 「HOME」
宇多田 ヒカル 「Stay Gold」
コブクロ 「時の足音」
AKB48フライングゲット
木村 カエラホットペッパーの唄」
宇多田 ヒカル 「Kiss & Cry」
コブクロ君という名の翼
INFINITY 16 welcomez 湘南乃風,MINMI,MOOMIN 「Dream Lover」
ET-KING 「ギフト」
BoA 「七色の明日~brand new beat~」
倖田 來未 「stay with me」
ファーギー 「ロンドン・ブリッジ」
EXILE 「VICTORY」
安室 奈美恵 「Do Me More」
MEGARYU 「Day by Day」
Ne-Yo 「ビコーズ・オブ・ユー」
DJ OZMA 「純情~スンジョン~」
遊助 「たんぽぽ」
MONKEY MAJIK 「Around The World」
柴咲 コウ 「影」
SunSet Swish 「マイペース」
EXILE 「Rising Sun」
コブクロ 「赤い糸」
倖田 來未 「WIND」
鼠先輩 「六本木~GIROPPON~」
May J. 「Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO',クレンチ&ブリスタ」
少女時代 「Gee」
倖田 來未 「No Regret」
BoA 「Everlasting」
少女時代 「MR.TAXI」
GReeeeN 「人」
いきものがかり 「YELL」
ORANGE RANGE 「SAYONARA」
宇多田 ヒカル 「This Is Love」
AKB48Everyday、カチューシャ
倖田 來未 「Promise」
宇多田 ヒカル 「Be My Last」
倖田 來未 「flower」
マドンナ 「ハング・アップ」
加藤 ミリヤ 「LALALA feat. 若旦那 (湘南乃風)」
シェネル 「ベイビー・アイラブユー(English ver.)」
柴咲 コウ 「Sweet Mom」
いきものがかり 「帰りたくなったよ」
たつやくんとマユミーヌまねきねこダックの歌
BoA 「キミのとなりで」
Ne-Yo 「SO SICK」
中島 美嘉 「桜色舞うころ」
Mi(エムアイ) 「未来の地図」
大塚 愛 「黒毛和牛上塩タン焼680円
倖田 來未 「hands」
EXILE 「HERO」
Janne Da Arc月光花
BoA 「メリクリ」
デスティニーズ・チャイルド 「ルーズ・マイ・ブレス」
ジェイムス・ブラント 「You're Beautiful」
Every Little Thing 「恋文」
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 「ダニー・カリフォルニア」
平井 堅 「思いがかさなるその前に・・・」
Superfly 「Alright!!」
DREAMS COME TRUE 「何度でも」
スキマスイッチボクノート
Utada 「Easy Breezy」
東方神起 「Share The World」
加藤 ミリヤ 「19 Memories」
DREAMS COME TRUE 「大阪LOVER」
浜崎 あゆみ 「Moments」
福井 舞 「アイのうた」
ORANGE RANGE 「ミチシルベ ~a road home~」
I Wish 「明日への扉
EXILEFIREWORKS
QUEEN 「I WAS BORN TO LOVE YOU」
HOME MADE 家族 「サンキュー!!」
河口 恭吾 「桜」
サザンオールスターズI AM YOUR SINGER
EXILEChoo Choo TRAIN
浜崎 あゆみ 「You were…」
ORANGE RANGE 「上海ハニー」
EXILE 「Together」
小田 和正 「たしかなこと」
氣志團One Night Carnival
RUI 「月のしずく
TOM★CATTOUGH BOY
MISIA 「逢いたくていま」
L'Arc~en~Ciel 「READY STEADY GO
一青 窈 「もらい泣き」
安室 奈美恵 「FUNKY TOWN」
ビヨンセ 「クレイジー・イン・ラヴ(フィーチャリング Jay-Z)」
宇多田 ヒカル 「誰かの願いが叶うころ
デスティニーズ・チャイルドサヴァイヴァー
QUEENWE WILL ROCK YOU
いきものがかり 「SAKURA」
B'z 「いつかのメリークリスマス ~「恋するハニカミ!」バージョン~」
B'z 「OCEAN」
浜崎 あゆみ 「Days」
AKINO創聖のアクエリオン
いきものがかり 「ブルーバード」
ポルノグラフィティ 「メリッサ」
高橋 洋子 「魂のルフラン
安室 奈美恵 「Hide&Seek」
AKB48 「会いたかった」
ポルノグラフィティ 「アゲハ蝶」