Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

あいみょんのストリーミング・MV再生回数&フル配信ダウンロード売上ランキング

あいみょんは2016年に「生きていたんだよな」でメジャーデビューした女性ソロシンガーソングライター。2018年にブレイクし、その後も令和時代の幕開けとともに現在進行形でヒット曲を大量輩出している。

 

あいみょんがブレイクした時期は新たな音楽視聴方法としてストリーミングサービスが拡大を始めた時期であるため、楽曲人気はストリーミング再生数やMV再生数を通じて把握する。ただしその人気の高さから既に市場が縮小している配信ダウンロード売上でも一定規模の数字を叩き出している。ここではストリーミング、MV、ダウンロードの配信3指標をもとにしながら、あいみょんのヒット史を振り返る。

 

ストリーミング再生数ランキングは以下のとおり。これまでにストリーミング再生数3,000万以上を記録した曲は15曲で、認定総再生数は13.3億(歴代4位)となっている。

 

f:id:musicnever_die:20211009161454p:plain

 

 

(ランキング作成方法および歴代ストリーミング再生数ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

(歴代アーティスト・トータル・ストリーミング再生回数ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

続いてMV再生数ランキングは以下のとおり。MV再生数もストリーミング再生数同様1億が大ヒットのボーダーラインとされている。ここでは日本レコード協会のストリーミング認定に準拠し、3,000万再生以上を記録したMVを抽出する。これまでに7曲が3,000万再生以上を記録している。

 

f:id:musicnever_die:20211009163206p:plain

 

(歴代MV再生数ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

最後にダウンロード売上ランキングは以下のとおり。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は5曲で、認定総ダウンロード売上は175万となっている。

 

f:id:musicnever_die:20210807231920p:plain

 

(ランキング作成方法および歴代ダウンロード売上ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

(歴代アーティスト・トータル・ダウンロード売上ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

  

 

上記で挙げた楽曲を配信開始日順で並べたうえで楽曲人気データを一覧化した表も以下に示す。

 

f:id:musicnever_die:20211009161547p:plain

 

インディーズ時代

 

あいみょんは学生の頃より作詞作曲を始め、オーディションやYouTubeを通じて歌唱も披露していた。その活動が事務所に見出される形でデビューが決定し、2015年3月に「貴方解剖純愛歌 〜死ね〜」をインディーズから発売した。この曲は歌詞のインパクトやタイトルのイメージを裏切る爽快なサウンドが人気となっており、インディーズ作のためRIAJ認定は受けていないものの、Billboard JAPAN Hot 100の年間では大ブレイクした2019年になって初めてランクイン(72位)するロングランとなった。

 

青春のエキサイトメン

  

2016年11月に発売したメジャーデビューシングル「生きていたんだよな」はやはり歌詞が話題となり、生死に踏み込んだ内容がリスナーの心に刺さる形でストリーミング3,000万再生を記録した。

 

2017年4月には2ndシングル表題曲「愛を伝えたいだとか」を配信。打ち込みを主体としたファンキーなサウンドに男性目線の女々しい恋愛観が乗った本曲はその緩いグルーヴ感が人気となり、後年のブレイクと共に普及を加速させ、ストリーミング1億再生、MV7,000万再生を記録した。Billboard JAPAN Hot 100の年間では2017年圏外→2018年69位→2019年23位と推移した。


www.youtube.com

 

7月には3rdシングル表題曲「君はロックを聴かない」を配信。本曲はタイトルから推測されるとおりロック好きの少年の片想いをシンプルなバンドサウンドに乗せて歌っている青春ラブソングで、同世代に限らず親世代にも共感が広がる形でじわじわと知名度を普及させ、ストリーミング2億再生、MV7,000万再生、フル配信25万ダウンロードを記録した。 Billboard JAPAN Hot 100の年間では2017年圏外→2018年68位→2019年11位→2020年52位と推移した。


www.youtube.com

 

9月にはこれらのヒット曲を収録した1stオリジナルアルバム「青春のエキサイトメント」を発売。Billboard JAPAN Hot Albumsの年間では2017年100位圏外→2018年67位→2019年32位と推移する上昇型ロングヒットを記録した。アルバム曲の中では、「ふたりの世界」ストリーミング3,000万再生を突破している。

 

瞬間的シックスセンス

 

2018年はまず4月に4thシングル「満月の夜なら」を発売し、ストリーミング5,000万再生を記録。

 

そして7月には代表曲が誕生した。5thシングル表題曲として配信で先行発売されたマリーゴールドである。本曲は夏に合うセンチメンタルなラブソングで、ノンタイアップでありながらも、音楽フェスでの披露などを通じて懐かしさを感じさせるサウンドが支持を広げた。

 

そして2018年末の歌番組では本曲を集中的に披露し、それを決定打にして人気が爆発することとなった。Billboard JAPANChart Insight(指標別動向を無料で確認できるサービス)ではその爆発がはっきり記録されている。

 

f:id:musicnever_die:20210808232135p:plain

(青:ストリーミング、紫:ダウンロード、赤:MV)

 

この動向を反映した総合チャートBillboard JAPAN Hot 100では2019年に自身初となる週間1位を獲得した。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

年間でも2018年48位→2019年2位→2020年8位と推移した。この曲は発売された2018年ではなく翌2019年に人気のピークを迎えたのである。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

各指標の累計数値はストリーミング3億再生、MV2.5億再生、フル配信75万ダウンロードとなっており、爆発的な売上と再生数を記録した。特にストリーミング国内アーティスト史上初の1億再生突破曲になったとBillboard JAPANよりアナウンスされている。

 

www.billboard-japan.com

 

こうした記録によりあいみょんストリーミング発でブレイクした最初のアーティストと言われるようになり、同時にストリーミング1億再生新たな楽曲人気指標の主流となったことも世の中に知らしめた。令和突入とともに幕を開けたストリーミング時代のパイオニアとなっていたのである。Billboard JAPAN Streaming Songsでは歴代2位記録となる20週連続1位を記録し、2019年の年間1位も獲得した。


www.youtube.com

 

マリーゴールド」の人気が爆発する直前の10月には、6thシングル表題曲「今夜このまま」を配信。本曲は最高視聴率11.5%を記録したドラマ「獣になれない私たち」の主題歌として書き下ろされた。夜に日常の疲れをビールで癒やしながら好きな人に想いを馳せる女性を描いた歌詞が軽やかなメロディーに乗せて歌われており、ドラマの内容とも相まって大きな支持を集め、ストリーミング1億再生、MV6,000万再生、フル配信25万ダウンロードを記録した。Billboard JAPAN Hot 100の年間では2019年8位→2020年74位と推移した。

 

特にストリーミングチャートでは発売早々独走状態になり、9週連続1位を獲得した。自身かつてない勢いになっていたことを踏まえれば、2018年末の歌番組では「今夜このまま」を披露する選択肢も十分考えられたと思われるが、あえて「マリーゴールド」を集中的に披露する選択が採られたことは大変興味深い戦略であった。

 

結果として「マリーゴールド」が浮上し「今夜このまま」に代わってストリーミング1位となり、以降20週連続1位を獲得したため、あいみょんの楽曲が29週連続1位を獲得することとなった。あいみょん旋風とでも言うべき状況となった点においてこの戦略は成功したと言えるが、もし「今夜このまま」が年末歌番組披露曲になっていたらどうなっていたかは気になるところである。

 

「今夜このまま」が9週連続ストリーミング1位を獲得していたころはまだストリーミングチャートの楽曲人気指標としての知名度が高くない状況だったため見過ごされがちだが、実は「マリーゴールド」より先に大ヒットの推移を見せていたのは「今夜このまま」だったのである。


www.youtube.com

 

2019年2月にはこれらの大ヒット曲を収録した2ndオリジナルアルバム「瞬間的シックスセンスを発売し、22万枚をセールス。Billboard JAPAN Hot Albumsでは2019年7位→2020年30位と推移するロングヒットとなった。アルバム曲の中では、「ら、のはなし」ストリーミング3,000万再生を突破している。 

 

おいしいパスタがあると聞いて

 

大ブレイクの勢いに乗り、アルバム発売から僅か2ヶ月後の2019年4月には7thシングル「ハルノヒ」を発売。この曲は興行収入20億円を記録したアニメ映画「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」の主題歌として書き下ろされた。クレヨンしんちゃんの父親である野原ひろしの視点で家族愛を描いた歌詞が心に沁みるとして支持が広がり、ストリーミング1億再生、MV8,000万再生、フル配信25万ダウンロードを突破した。Billboard JAPAN Hot 100の年間では2019年13位→2020年26位と推移するロングランとなった。


www.youtube.com

 

以降も好調な動向が続き、7月発売の8thシングル「真夏の夜の匂いがする」ストリーミング3,000万再生、9月配信の9thシングル表題曲「空の青さを知る人よ」ストリーミング5,000万再生、MV3,000万再生を記録した。後者はBillboard JAPAN Hot 100の年間でも2019年73位→2020年80位と推移している。

 

2020年はまず2月に自身初の配信限定シングル「さよならの今日に」を発売し、ストリーミング3,000万再生を記録。

 

そして5月には頭一つ抜けた人気曲が誕生した。10thシングル表題曲として配信で先行発売された「裸の心」である。最高視聴率19.6%を記録したドラマ「私の家政夫ナギサさん」の主題歌に起用されたこの曲は恋をする女性の心情を描いたラブバラードで、ハートフルなラブコメディだったドラマにマッチした内容になっていた。加えてどこか懐かしさを感じさせるシンプルな楽曲アレンジも支持を集めた。

 

各指標の累計数値はストリーミング2億再生、MV1.2億再生、フル配信25万ダウンロードを突破している。これであいみょんは4年連続でストリーミング1億再生達成曲を輩出する前人未踏の快挙を達成した。しかも「裸の心」の1億到達所要週数22週自身最速記録となった。Billboard JAPAN Hot 100の年間でも2020年の10位にランクインした。

 

billion-hits.hatenablog.com

 


www.youtube.com

 

2020年9月にはこれらの大ヒット曲を収録した3rdオリジナルアルバム「おいしいパスタがあると聞いて」を発売し、26万枚をセールス。Billboard JAPAN Hot Albumsの年間では2020年の8位を記録した。

 

これ以降もあいみょんの活躍は続いており、2021年2月に配信された「桜が降る夜は」ストリーミング5,000万再生、5月に配信された「愛を知るまでは」ストリーミング3,000万再生を記録する人気となっている。

 

まとめ

 

以上まで見てきたとおり、あいみょんは懐かしさを感じさせるサウンドや等身大の歌詞表現が支持される形で大人気を獲得していた。その規模は令和突入とともに幕を開けたストリーミング時代のヒットシーンを牽引するほどのものであることがストリーミング認定総数10億超えの偉業から読み取れる。今後の一層の活躍も楽しみなアーティストである。

 

あいみょんはデビューからまだ間もないこともありベスト盤は発売されていないため、大ヒット曲を網羅するうえでは、順当に3枚のオリジナルアルバムを辿っていくことをお勧めする。

 

 

この記事で紹介したストリーミングやダウンロードのデータはBillboard JAPANの公式サイトや日本レコード協会HP内の下記サイトの認定から検索することができる。新たな発見の宝庫なので、時間があれば好きな曲やアーティストのデータを検索してみることをお勧めする。

 

www.billboard-japan.com

 

www.riaj.or.jp