Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

King Gnuのストリーミング・MV再生回数&フル配信ダウンロード売上ランキング

King Gnuは2019年にアルバム「Sympa」でメジャーデビューした男性4人組ミクスチャーバンド。すぐに大ブレイクを果たし、令和時代の幕開けとともに現在進行形でヒット曲を大量輩出している。

 

King Gnuがブレイクした時期は新たな音楽視聴方法としてストリーミングサービスが拡大を始めた時期であるため、楽曲人気はストリーミング再生数やMV再生数を通じて把握する。ただしその人気の高さから既に市場が縮小している配信ダウンロード売上でも一定規模の数字を叩き出している。ここではストリーミング、MV、ダウンロードの配信3指標をもとにしながら、King Gnuのヒット史を振り返る。

 

ストリーミング再生数ランキングは以下のとおり。これまでにストリーミング再生数3,000万以上を記録した曲は14曲で、認定総再生数は10.3億(歴代5位)となっている。

 

f:id:musicnever_die:20210911183843p:plain

 

 

(ランキング作成方法および歴代ストリーミング再生数ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

(歴代アーティスト・トータル・ストリーミング再生回数ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

続いてMV再生数ランキングは以下のとおり。MV再生数もストリーミング再生数同様1億が大ヒットのボーダーラインとされている。ここでは日本レコード協会のストリーミング認定に準拠し、3,000万再生以上を記録したMVを抽出する。これまでに7曲が3,000万再生以上を記録している。

 

f:id:musicnever_die:20210911184058p:plain

 

(歴代MV再生数ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

最後にダウンロード売上ランキングは以下のとおり。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は6曲で、認定総ダウンロード売上は125万となっている。

 

f:id:musicnever_die:20210807170430p:plain

 

(ランキング作成方法および歴代ダウンロード売上ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

(歴代アーティスト・トータル・ダウンロード売上ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

  

 

上記で挙げた楽曲を配信開始日順で並べたうえで楽曲人気データを一覧化した表も以下に示す。

 

f:id:musicnever_die:20210911184345p:plain

 

Tokyo Rendez-Vous

 

King Gnuは演奏・歌唱・作編曲などを幅広く手掛けるミュージシャン常田大希を中心として結成されている。2013年から常田によりバンド活動が始まり、幾度かのメンバーチェンジを経て、2017年にバンド名をKing Gnuとし、同年10月に1stオリジナルアルバム「Tokyo Rendez-Vous」を発売した。

 

「Tokyo Rendez-Vous」収録曲のうち特に人気となったのが「Vinyl」である。この曲は人材派遣会社のCMソングに起用されたこともあり、ストリーミング5,000万再生、MV3,000万再生を記録した。

 

Sympa

 

2018年は7月に自身初となる配信限定シングルFlash!!!」を発売し、ストリーミング3,000万再生を記録。8月には、自身初となるCDシングル表題曲「Prayer X」を配信で先行発売し、ストリーミング5,000万再生、フル配信10万ダウンロードを記録。9月のCD発売と同時に公開されたMVも3,000万再生を突破した。

 

12月には、翌月発売の1stオリジナルアルバム「Sympa」から「Slumberland」を先行配信。リード曲として人気となったこの曲はストリーミング3,000万再生を記録した。アルバムは13万枚の売上を記録。収録曲の中では他にも「Sorrows」「The hole」の2曲がストリーミング3,000万再生を記録した。

 

「The hole」は5月になってからMVも公開され、そちらも3,000万再生を突破している。この曲は発売1年後の2020年6月にMステ出演した際にも披露され、そのメッセージ性や渾身のパフォーマンスは大きな話題となった。 

 

CEREMONY

 

そしてアルバム発売から僅か1ヶ月後に配信限定シングルとして発売された「白日」King Gnu知名度を大きく飛躍させる大ヒット曲となった。本曲はドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌に起用されたことや、この頃から徐々に解禁し始めていたメディア出演を機に認知が普及。洗練されたサウンドやボーカル井口理のファルセットに耳を奪われた人が続出した。

 

各指標の累計数値はストリーミング4億再生、MV3.6億再生、フル配信75万ダウンロードとなっており、爆発的な売上と再生数を記録。総合チャートBillboard JAPAN Hot 100でもこの勢いが可視化され、2019年4位→2020年5位と推移した。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

billion-hits.hatenablog.com

 


www.youtube.com

 

「白日」が大ヒットする最中の2019年8月には3rd配信限定シングル飛行艇が発売された。大坂なおみが出演するANAのCMソングにも起用されたこの曲は、ライブでの熱狂が想起される重厚かつワイルドなアッパーサウンドに支持が集まり大ヒットした。現在までの累計はストリーミング1億再生、MV6,000万再生、フル配信10万ダウンロードとなっている。Billboard JAPAN Hot 100の年間では2019年83位→2020年37位と推移するロングヒットとなった。


www.youtube.com

 

10月には4th配信限定シングル「傘」を発売し、ストリーミング5,000万再生、フル配信10万ダウンロードを記録。

 

12月には、翌年発売の2ndオリジナルアルバム「CEREMONY」のリード曲として「Teenager Forever」を配信で先行発売した。ソニーのCMソングにも起用された本曲は、軽快なサウンドや、100万円を渡されたメンバー4人の資金使途を追ったプライベートビデオで構成されたユニークなMVが人気となったことなどから大ヒットした。現在までの累計はストリーミング1億再生、MV4,000万再生、フル配信10万ダウンロードとなっている。


www.youtube.com

 

こうして大活躍となった2019年の大ヒット曲を収録した3rdオリジナルアルバム「CEREMONY」は当然のようにロングセラーとなり、現在までの累計はCD45万枚、配信10万ダウンロードになっている。総合アルバムチャートBillboard JAPAN Hot Albumsの年間では2020年の2位を記録した。アルバム曲の中では、「ユーモア」「小さな惑星」ストリーミング3,000万再生「どろん」ストリーミング5,000万再生を記録している。

 

これ以降もKing Gnuの活躍は続いており、2020年10月に配信された「三文小説」ストリーミング5,000万再生、MV3,000万再生、フル配信10万ダウンロードを記録している。

 

まとめ

 

以上まで見てきたとおり、King Gnuは洗練された演奏から繰り出される多彩なサウンドが支持される形で大人気を獲得していた。その規模は令和突入とともに幕を開けたストリーミング時代のヒットシーンを牽引するほどのものであることがストリーミング認定総数10億超えの偉業から読み取れる。今後の一層の活躍も楽しみなアーティストである。

 

King Gnuはデビューからまだ間もないこともありベスト盤は発売されていないため、2019年の大ヒット曲を網羅した3ndアルバム「CEREMONY」がマストアイテムになっていることから、初心者はまず本作を手に取ることをお勧めする。

 

 

この記事で紹介したストリーミングやダウンロードのデータはBillboard JAPANの公式サイトや日本レコード協会HP内の下記サイトの認定から検索することができる。新たな発見の宝庫なので、時間があれば好きな曲やアーティストのデータを検索してみることをお勧めする。

 

www.billboard-japan.com

 

www.riaj.or.jp