Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

2008年配信曲のダウンロード売上ランキング【2008年のヒット曲】

この記事では2008に配信された楽曲のヒットをフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。しかし2006年以降は配信市場が無視できない規模に拡大。CDシングルでは出なくなったミリオンセラーがフル配信ダウンロードで続々誕生するようになり、完全にCDに代わる音楽の聴き方の主流に躍り出た。

 

そのような状況にも拘わらず、楽曲人気指標としての役割が期待されていたオリコンは配信売上の集計を一向に開始せず、CD売上チャートだけを提示し続けた。よって2006年以降のオリコンチャートは総合的な楽曲人気指標としては使用不可能になった。

 

累計配信売上は結局日本レコード協会のダウンロード認定でしか確認できないため、ここではこのデータを使って2008年のヒット曲を振り返る。2008年配信曲で最終累計50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち14曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20210209003911p:plain

 

 

(ランキング作成方法および歴代ダウンロード売上ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

(歴代アーティスト別ダウンロード売上ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

なお、ここではあくまでも配信された年で楽曲を振り分けて表を作成している。当時はまだ配信未解禁の楽曲も多いため、CDでは2008年に発売されていても配信では2009年以降に解禁された楽曲もあるが、そのような楽曲はここには含めていない。逆に2007年以前にCDで発売されていても配信解禁が2008年だった曲はここに含めている。

 

 

この年活躍したアーティスト

 

以下アーティストの活躍は個別記事を設けて詳細解説しているので、記事へのリンクをあいうえお順に並べた。

 

青山テルマ

Aqua Timez

安室奈美恵

絢香

いきものがかり

UVERworld

宇多田ヒカル

AKB48

EXILE

GReeeeN

倖田來未

コブクロ

清水翔太

JUJU

Superfly

東方神起

中島美嘉

 

ミリオン(100万)達成曲解説

 

「キセキ」は2008年5月に発売されたGReeeeNの7thシングル。「愛唄」に続くラブソングとして発売された本曲は、真っ直ぐに相手を想う気持ちに溢れた歌詞が支持され、最高視聴率19.5%を記録した人気ドラマ「ROOKIES」の主題歌だったことも後押しする形で超特大ヒットを記録した。その規模は歴史に残るほどであり、以下のとおり数々の偉業が打ち立てられている。

 

  • 国内史上唯一のフル配信400万ダウンロード達成、配信売上歴代1位
  • 「愛唄」に続き自身2曲目のフル配信ダブルミリオン達成、フル配信ダブルミリオン2曲達成は国内史上唯一
  • フル配信100万ダウンロード認定所要日数57日史上最速記録


GReeeeN - キセキ

 

「キセキ」の超特大ヒットにより、2008年6月に発売された2ndアルバムあっ、ども。おひさしぶりです。90万枚をセールスした。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」は前年に大ヒットしたSoulJa「ここにいるよ feat.青山テルマアンサーソングとして制作され2008年1月に発売された。女性目線で遠距離恋愛を綴った歌詞は携帯電話のCMソングに起用されたことで大きな共感を集め、こちらも稀代の超特大ヒットとなるフル配信300万ダウンロードを記録した。その過程では以下のとおり数々の偉業が打ち立てられている。

 

  • 国内史上初のフル配信200万ダウンロード達成
  • フル配信200万ダウンロード認定所要日数159日史上最速記録


青山テルマ feat.SoulJa / そばにいるね

 

青山テルマは7月に発売した3rdシングル「何度も」60万ダウンロードを記録しており、2008年のヒットを語る上では欠かせない大活躍を見せた。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

「Ti Amo」は2008年9月にEXILEが発売したCDシングルThe Birthday 〜Ti Amo〜」の表題曲。女性目線の報われない恋を描いた歌詞の切なさや格調高く歌い上げるATSUSHIとTAKAHIROのボーカルが支持され、フル配信200万ダウンロードを突破するほどの爆発的なセールスを記録した。


EXILE / Ti Amo

 

なおEXILEは前年に続いてこの2008年にも圧倒的な大人気を獲得しており、他にも楽曲とアルバム双方でヒット作を大量輩出した。

 

 

billion-hits.hatenablog.com

 

Prisoner Of Loveは2008年3月に宇多田ヒカルが発売した5thオリジナルアルバムHEART STATION収録曲で、5月にはCDシングルでも発売された。この曲は最高視聴率22.8%を記録したドラマ「ラスト・フレンズ」の主題歌として書き下ろされ、タイアップに相応しい複雑な大人の恋愛を描いた歌詞やシリアスな楽曲の雰囲気が想像を掻き立てる形で大きな支持を獲得。歴代9位タイの速さとなる所要4ヶ月(134日)配信ミリオン認定を受けた。  


宇多田ヒカル - Prisoner Of Love

 

アルバムHEART STATION101万枚を記録しており、宇多田ヒカルは前年に続きこの年も大活躍を見せた。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

Spontania feat.JUJU「君のすべてに」青山テルマ feat. SoulJa「そばにいるね」を彷彿とさせる男女のすれ違いを描写したデュエットナンバーとして大ヒットし、2008年7月配信から所要7ヶ月で配信ミリオンを突破した。 


Spontania feat.JUJU / 君のすべてに

 

この曲はJUJU知名度が全国区になるきっかけにもなり、11月にこの曲のアンサーソングとして発売した「素直になれたら feat.Spontania」配信ミリオンを突破。翌年以降の大ヒット曲大量輩出に繋がっていった。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

「LIFE」は2008年5月に発売されたキマグレンの2ndシングル。携帯電話のCMソングにも起用された本曲は、夏の海のイメージに合う爽やかな曲調や、自分らしく生きることを応援する歌詞が支持を広げ、配信ミリオンを突破する大ヒットになった。


キマグレン - LIFE

 

坂本冬美また君に恋してるビリー・バンバンのカバー曲。演歌唯一配信ミリオンを記録した大ヒット曲である。2008年11月に「アジアの海賊」のc/wとして発売された本曲は「いいちこ」のCMソングに起用されると、印象的なサビのメロディーラインや歌詞が若年層を中心に支持を広げ一年以上に及ぶロングヒットとなり、2009年末の紅白歌合戦や2010年3月のバラエティ番組での披露で一気に売上を積み上げた。


坂本冬美 - また君に恋してる

  

「愛をこめて花束を」は2008年2月に発売されたSuperflyの3rdシングル。最高視聴率12.1%を記録したドラマ「エジソンの母」主題歌にも起用された本曲は、相手への思いやりに溢れた歌詞や、越智のパワフルながらも心地よいボーカルが多くの支持を集め、125万ダウンロードを記録した。 


Superfly - 愛をこめて花束を

 

結婚式の定番曲にもなったこの曲は一際長期に渡り支持が持続しており、2011年になって公開されたMVは1.2億再生を突破している。2000年代以前の発売曲でMV1億を突破した曲は本曲の他にはスキマスイッチ「奏(かなで)」スピッツ「ロビンソン」しかない。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

「ORION」は2008年11月に発売された中島美嘉の27thシングル。中島美嘉も出演した二宮和也主演ドラマ「流星の絆」挿入歌に起用された。ドラマが最高視聴率22.6%を記録する好調ぶりだったことから楽曲にも注目が集まり、歌い出しのフレーズにインパクトがあったことや、得意とする冬に合うバラードナンバーだったことなどから大きな支持を集め、配信ミリオンの大ヒットとなった。 


中島美嘉 『ORION』

 

なお中島美嘉は他に雪の華配信ミリオンを突破している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」は2008年10月に発売されたアンジェラ・アキの8thシングル。同年のNHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲として書き下ろされた本曲は、未来の自分との手紙のやり取りを通じて描かれたメッセージが老若男女の心を打ち、感動を引き立てるピアノ演奏とともに支持され、配信ミリオンを突破する大ヒットとなった。


アンジェラ・アキ 『手紙~拝啓 十五の君へ~』

 

「虹」は2008年5月に発売されたAqua Timezの6thシングル。 最高視聴率26.4%を記録した大人気ドラマ「ごくせん 第3シリーズ」主題歌に起用されたことや、感情をリアルに描写しつつも力強く前を向くことができる歌詞が支持されたことから、配信ミリオンの大ヒットを記録した。


Aqua Timez 『虹 PVフル』

 

なおAqua Timezは他に「千の夜をこえて」配信ミリオンを突破している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

ダブル・プラチナ(50万)達成曲ピックアップ

 

「もう一度・・・ feat.BENIは日本のヒップホップミュージシャン童子-TBENIを客演に迎えて2008年6月に発売した12thシングル。1996年の大ヒットドラマ「ロングバケーション」の劇中曲「Close to you-セナのピアノII-」をサンプリングした楽曲になっている。青山テルマ feat. SoulJa「そばにいるね」を彷彿とさせる男女のすれ違いを描写したデュエットナンバーとしてヒットし、60万ダウンロードを売り上げた。


童子-T - もう一度・・・feat..BENI

 

「ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-」は、バラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」から誕生した、とんねるずDJ OZMAが扮する3人組ユニット矢島美容室によるデビューシングル。秀逸な歌詞やキャッチーなメロディーは年末年始の宴会で盛り上がるにはうってつけであったことから、60万ダウンロードを売り上げるヒットとなった。


矢島美容室 / ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-

 

もし当時CDと配信を合算した年間チャートがあったらどうなっていたか

 

上記で挙げた配信ヒット曲は、当時楽曲人気指標として最も有名だったオリコンが配信売上の集計を一向に開始しなかったことにより、音楽チャート上で人気が十分に可視化されず過小評価された。国内に総合楽曲人気チャートが存在しないという不健全な状況は2006年以降約10年に渡り継続した。

 

2008年当時楽曲人気が適切に可視化されなかった歪な歴史を少しでも修復すべく、ここではもし当時CDと配信を合算した売上チャートが存在していたら年間ランキングはどのような様相になっていたのか推定し、適切な2008年間楽曲人気チャートを再構築することを試みる。

 

具体的には、2008年の年間シングルチャートで計上された各曲のCD売上に、2008年配信曲2008年12月までに認定されたダウンロード数*1を加算することで年内の合算売上を推定し、ランキング化した。その結果は以下のとおりである。

 

f:id:musicnever_die:20210205025617p:plain

 

2008年に配信された楽曲のうち年内にフル配信ダウンロードミリオン認定を受けた曲は青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」GReeeeN「キセキ」宇多田ヒカルPrisoner Of Loveの3曲で、このうち「そばにいるね」は発売年内にダブルミリオン認定を受けている。CD配信合算ランキングでも、この3曲が順当に1位2位4位となる。

 

3位の羞恥心「羞恥心」と5位のEXILE「Ti Amo」は年内に配信とCDの双方で高売上を叩き出して合算でミリオンを突破。このうち「Ti Amo」は2008年の日本レコード大賞を受賞した。「そばにいるね」を差し置いての受賞ではあったが絶対値で見れば受賞に値する十分な大ヒットである。

 

CD売上でこの年の年間1位を獲得した嵐「truth/風の向こうへは当時フル配信ダウンロード未解禁であり、CD配信合算ランキングでは9位となる。CD売上チャートだけを見てこの曲を2008年の楽曲人気1位とすることは過大評価であった。

 

この年の年間CD売上チャートは2位にも嵐「One Love」が入り、嵐がワンツーフィニッシュを達成していた。しかしこれはジャニーズ以外の勢力が順当に配信を解禁し売上がCDから配信に分散移行する中で、配信未解禁としていたジャニーズ勢のヒット曲がCD売上の年間チャートで相対的に上位進出しているという構造的な話に過ぎなかった。

 

実際、2008年の年間CD売上チャートは配信未解禁としていたジャニーズ勢とトイズファクトリー勢がTOP20中10曲を占めたが、CD配信合算ランキングを作成することによって、実際にはこの2勢力がそこまで楽曲人気を独占していたわけではなかったことが分かる。なんと合算ランキングTOP20においてこの2勢力からは嵐の2曲しかランクインしていない。

 

CD売上チャートの偏りは総合的な楽曲人気チャートとしての使用は不可能と言える構造的欠陥だったが、当時はこの構造の説明がされる機会もほとんどなく、専ら嵐の大人気ぶりが持ち上げられ、逆に配信ヒット曲の人気が過小評価される事態となった。

 

この歪な事態を招いた責は全面的に当時の音楽チャート作成者に帰属しており、この2勢力に直接批判を向ける話ではない。嵐をはじめとしたジャニーズ勢やトイズファクトリー勢が当時ヒットしていたこと自体は事実であり、詳細は下記記事でまとめている。

 

billion-hits.hatenablog.com

  

2008年のBillboard JAPAN年間チャート

 

Hot 100

 

CD売上チャートによる楽曲人気のミスリードが続く中、この年国内にひっそりと新しい音楽チャートが誕生した。Billboard JAPANである。看板チャートのBillboard JAPAN Hot 100「社会への浸透度を計る」ことを明確に理念に掲げ、CD売上以外の要素も加味して作成されている総合チャートである。

 

とはいえ発足当初の集計対象指標はCD売上ラジオエアプレイの2指標に留まり、ダウンロード売上はまだ集計対象にできていなかった。それでもラジオで配信ヒット曲の人気を拾い上げることにより、CD売上だけのチャートよりは楽曲人気チャートに近い存在になっていた。

 

2008年のBillboard JAPAN Hot 100年間TOP10は以下のとおり。配信ヒットを拾い上げることに一定程度成功していることを示すため、各曲のダウンロード売上も併記した。

 

f:id:musicnever_die:20210205011209p:plain

 

(TOP100はこちら↓)

www.billboard-japan.com

 

何より特筆すべきは年間1位2位の並びである。GReeeeN「キセキ」青山テルマ feat.SoulJa「そばにいるね」歴代で3曲しかない配信トリプルミリオン突破曲のうちの2曲であり*2、2008年の楽曲人気チャートの1位2位にはこの2曲以外入ってはならない程の屈指の超特大ヒット曲である。Billboard JAPAN Hot 100はこの結果を発足一年目に実現した。

 

他にも、CD売上で年間TOP100圏外ながら配信でミリオンを突破しているキマグレン「LIFE」を年間TOP10に入れることにも成功している。ただ、全ての配信ヒット曲を上位に送り込むことはできていない。イメージとしては、CD売上チャートとCD配信合算チャートの中間のような印象を受けるのではないだろうか。

 

また、この時期のビルボード順位を決定する総合ポイントが非公開になっている。これらの欠点により、当時のビルボード楽曲人気チャートとしての合格点には達していなかった。それでも、配信限定曲やアルバム曲、c/w曲など全楽曲がランクイン可能という集計対象の網羅性ではCDシングル売上チャートに勝っていた。

 

この集計対象の網羅性が楽曲人気チャートとして最も重要な要件であること*3や、実際に一部とはいえ配信ヒット曲をCD売上に頼らず上位に送り込むことができていることから、ビルボードは発足一年目にして、CD売上チャートに代わり国内で最も楽曲人気チャートに近い存在に躍り出たのである。

 

当時は発足間もなかったこともあり知名度がなく、ほとんど注目されていなかったビルボードだが、2010年代後半になると知名度が高まり、楽曲人気指標としての権威を確立した。2008年の年間チャートも、最も楽曲人気指標に近い公式なチャートとして、今からでも押さえておきたいところである。

 

(2008年の主要週間チャート結果はこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

  

Top Albums Sales

 

ビルボードはHot 100の発足と同時にCDアルバム売上チャートTop Albums Salesも発足させている。こちらの年間TOP10も以下のとおり紹介する。

 

f:id:musicnever_die:20210205001349p:plain
 

(TOP100はこちら↓)

www.billboard-japan.com

 

年間1位はオリコン同様EXILEEXILE LOVE」が獲得した。2位以下の結果もオリコンの年間アルバムランキングとはほとんど変わらない。ただし集計期間はビルボードの方が3週間だけ前に倒れている。そのためオリコンで2008年の6位に入ったEXILEEXILE BALLAD BESTの売上はビルボードでは全て翌2009年の年間集計期間内に計上された。この作品はオリコンの年間では集計割れを起こして2008年6位→2009年5位と推移したが、ビルボードでは2009年の1位を獲得している。完全なる結果論だが「EXILE BALLAD BEST」の大ヒットはビルボードの方がより分かりやすく可視化できたということになる。

 

まとめ

 

以上が配信ダウンロード売上を用いた2008年のヒットシーンの振り返りである。既述のとおりこの時期になるとCD売上だけのランキングが実際の楽曲人気を網羅しきれなくなっているので、楽曲人気を語るうえでは配信ダウンロード売上のデータもマストでチェックするようにしたい。

 

(前年2007年配信曲のダウンロード売上ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

  

(次年2009年配信曲のダウンロード売上ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

この記事で紹介したダウンロードデータは日本レコード協会HP内の下記サイトで検索することができる。新たな発見の宝庫なので、時間があれば好きな曲やアーティストのダウンロード数を検索してみることをおすすめする。

 

www.riaj.or.jp

 

おまけ・プラチナ(25万)達成曲一覧

 

藤岡藤巻と大橋のぞみ 「崖の上のポニョ
倖田 來未 「anytime」
FUNKY MONKEY BABYS 「告白」
EXILE 「LAST CHRISTMAS
GReeeeN 「扉」
新垣 結衣 「赤い糸」
RSP 「M~もうひとつのラブストーリー~」
浜崎 あゆみ 「Days」
アラジン 「陽は、また昇る
YUI 「Laugh away」
ONE☆DRAFT 「アイヲクダサイ」
加藤 ミリヤ 「19 Memories」
GIRL NEXT DOOR 「偶然の確率」
鼠先輩 「六本木~GIROPPON~」
ORANGE RANGE 「おしゃれ番長 feat.ソイソース」
童子-T 「願いfeat.YU-A(Foxxi misQ)」
福井 舞 「アイのうた」
加藤 ミリヤ 「SAYONARAベイベー」
宇多田 ヒカル 「HEART STATION
九州男 「1/6000000000 feat.C&K」
清水 翔太 「「アイシテル」」
EXILE 「僕へ」
ORANGE RANGE 「O2」
EXILE 「真夏の果実
GReeeeN 「BE FREE」
サザンオールスターズ 「I AM YOUR SINGER
サザンオールスターズ 「TSUNAMI
大橋 卓弥 「はじまりの歌」
ジェロ 「海雪」
サザンオールスターズ 「真夏の果実
DOES 「曇天」
青山 テルマ 「大っきらい でもありがと」
倖田 來未 「stay with me」
SEAMO 「Continue」
倖田 來未 「TABOO」
悲愴感 「悲愴感」
MONKEY MAJIK 「ただ、ありがとう」
安室 奈美恵 「Do Me More」
BONNIE PINK 「鐘を鳴らして」
斉藤 和義 「歌うたいのバラッド
YUI 「SUMMER SONG」
UVERworld 「激動」
SEAMO 「MOTHER」
絢香 「手をつなごう」
エリオット・ヤミン 「ウェイト・フォー・ユー」
陰陽座 「甲賀忍法帖
angela 「Shangri-La
Superfly 「Hi-Five
MONKEY MAJIK 「Together」
秋元 順子 「愛のままで…」
山下 達郎 「ずっと一緒さ」
安室 奈美恵 「WHAT A FEELING」
フロー・ライダー 「今夜はロウ☆ロウ☆ロウ」
坂本 真綾 「トライアングラー
マドンナ 「マイルズ・アウェイ」
ランカ・リー中島愛 「星間飛行
シド 「モノクロのキス
DREAMS COME TRUE 「未来予想図Ⅱ~VERSION'07~」
シェリル・ノーム starring May'n 「射手座☆午後九時Don't be late」
小泉 今日子 「あなたに会えてよかった」
小泉 今日子 「木枯しに抱かれて

  

おまけ・ゴールド(10万)達成曲一覧

 

青山 テルマ 「守りたいもの」
INFINITY 16 welcomez MINMI,若旦那&HAN-KUN from 湘南乃風,GOKI 「Dream Believer ~星に願いを~」
EXILE 「ただ・・・逢いたくて BALLAD BEST Ver.」
童子-T 「約束の日feat.青山テルマ
BENI 「もう二度と・・・」
福原 美穂 「優しい赤」
福原 美穂 「LOVE~winter song~」
宇多田 ヒカル 「Eternally -Drama Mix-」
Lil'B 「願いごと一つキミへ」
YUI 「Namidairo」
DOUBLE & 安室奈美恵 「BLACK DIAMOND」
平井 堅 「いつか離れる日が来ても」
mihimaru GT 「幸せになろう」
宇多田 ヒカル 「Stay Gold」
JYONGRI 「Unchanging Love ~君がいれば~」
RADWIMPS 「オーダーメイド」
MiChi 「PROMiSE」
DREAMS COME TRUE 「連れてって 連れてって」
浜崎 あゆみ 「Mirrorcle World」
GReeeeN 「旅立ち」
BAReeeeeeeeeeN 「足跡」
mihimaru GT 「ギリギリHERO」
EXILE 「Choo Choo TRAINEXILE CATCHY BEST)」
福山 雅治 「想 -new love new world-」
Micro 「踊れ」
SPEED 「あしたの空」
羞恥心 「弱虫サンタ
Aqua Timez 「ほんとはね」
ET-KING 「さよならまたな」
木村 カエラ 「Jasper」
平井 堅 「キャンバス」
大塚 愛 「愛」
GReeeeN 「涙空」
加藤 ミリヤ 「最後のI LOVE YOU」
the brilliant green 「Ash Like Snow
トータス松本 「涙をとどけて」
BENNIE K 「モノクローム
EXILE 「SUPER SHINE」
羞恥心 「我が敵は我にあり」
星村 麻衣 「ひかり」
AZU 「時間よ止まれ feat. SEAMO
いきものがかり 「プラネタリウム
キャラメル 「ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)」
スケルト・エイト・バンビーノ 「夏恋」
GReeeeN 「またね。」
コールドプレイ 「美しき生命」
ELLIOTT YAMIN 「WAIT FOR YOU」
Perfume 「Dream Fighter
Perfume 「love the world
Ne-Yo 「クローサー
ソナーポケット 「Promise」
GIRL NEXT DOOR 「情熱の代償」
ET-KING 「ふたりの歌」
大塚 愛 「クラゲ、流れ星
Lisa Halim 「切ないくらい、愛してた。feat.JAY'ED」
宇多田 ヒカル 「Eternally」
MAY'S 「KISS~恋におちて...冬~」
東方神起 「ウィーアー!
GReeeeN 「君想い」
UVERworld 「恋いしくて」
浜崎 あゆみ 「GREEN」
ジッタリン・ジン 「夏祭り」
YUI 「I'll be」
ステレオポニー 「ヒトヒラのハナビラ」
Metis 「母賛歌」
Lil'B 「オレンジ」
マイケル・ジャクソン 「ヒール・ザ・ワールド」
レオナ・ルイス 「ブリーディング・ラヴ(アルバム・ヴァージョン)」
Hi-Fi CAMP 「キズナ
レディー・ガガ 「ジャスト・ダンス
里田まい with 合田兄妹 「もうすぐクリスマス」
PENGIN 「オレポーズ ~俺なりのラブソング~」
Superfly 「How Do I Survive?」
清水 翔太 「My Treasure
L'Arc~en~Ciel 「DRINK IT DOWN
マライア・キャリー 「タッチ・マイ・ボディ」
B'z 「いつかまたここで」
CHEHON 「韻波句徒」
DEEN 「このまま君だけを奪い去りたい
チャットモンチー 「風吹けば恋」
T.M.Revolution 「resonance」
ランカ・リー=中島 愛 「星間飛行
シェリル・ノーム starring May'n 「ノーザンクロス
AI 「大切なもの」
サザンオールスターズ 「LOVE AFFAIR~秘密のデート」
シェリル・ノーム starring May'n 「ダイアモンド クレバス
GReeeeN 「ルーキーズ」
小柳 ゆき 「あなたのキスを数えましょう ~You were mine~」
Acid Black Cherry 「愛してない」
the GazettE 「紅蓮」
森山 直太朗 「生きてることが辛いなら」
浜田 省吾 「もうひとつの土曜日」
サザンオールスターズ 「涙のキッス
Acid Black Cherry 「冬の幻」
浜崎 あゆみ 「MY ALL」
東方神起 「Bolero」
lecca 「なみだの日」
川嶋 亜美(CV:喜多村 英梨)、櫛枝 実乃梨(CV:堀江 由衣)、逢坂大河 (CV:釘宮 理恵) 「プレパレード」
織田 裕二 「Love Somebody
水樹 奈々 「DISCOTHEQUE」
スティング 「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」
竹内 まりや 「元気を出して」
GIRL NEXT DOOR 「Drive away」
kokua 「Progress」
エイコン 「ドント・マター」
エミネム 「ウィザウト・ミー」
安室 奈美恵 「Sexy Girl」
絢香 「今夜も星に抱かれて」
RIP SLYME 「太陽のビキニ」
Every Little Thing 「あたらしい日々」
ショーン・ポール 「テンプラチャー」
ショーン・ポール 「ゲット・ビジー
LM.C 「88」
土屋 アンナ 「Crazy World feat.AI」
竹内 まりや 「幸せのものさし」
EXILE 「We Will~あの場所で~(EXILE BALLAD BEST)」
斉藤 和義 「やぁ 無情
東方神起 「呪文 -MIROTIC-」
アッシャー 「ラヴ・イン・ディス・クラブ featuring ヤング・ジージー(メイン・バージョン)」
ザ・ティン・ティンズ 「グレイトDJ」
Survivor 「アイ・オブ・ザ・タイガー」
リアーナ 「テイク・ア・バウ」
ジェイソン・ムラーズ 「アイム・ユアーズ」
EXILE 「You're my sunshine」
RSP 「感謝。」
スティング 「シェイプ・オブ・マイ・ハート」
Every Little Thing 「サクラビト」
シカゴ 「素直になれなくて」
DREAMS COME TRUE 「またね featuring ルフィ,ゾロ,ナミ,ウソップ,サンジ,チョッパ-,ロビン, フランキー,ヒルルク,くれは」
GLAY×EXILE 「SCREAM」
Hearts Grow 「かさなる影」
大塚 愛 「バイバイ」
misono 「二人三脚」
斉藤 和義 「歩いて帰ろう (シングルバージョン)」
THE BACK HORN 「罠」
安室 奈美恵 「ROCK STEADY」
いきものがかり 「心の花を咲かせよう」
EXILE ATSUSHI+AI 「So Special-Version EX-」
東方神起 「Purple Line」
Diggy-MO' 「爆走夢歌」
小柳 ゆき 「愛情」
ZEEBRA 「Bushido-main-」
マドンナ 「フォー・ミニッツ(feat. ジャスティン・ティンバーレイク・アンド・ティンバランド)」
AAA 「MUSIC!!!」
チャットモンチー 「ヒラヒラヒラク秘密ノ扉」
SCANDAL 「DOLL」
シェリル・ノーム starring May’n 「インフィニティ」
カーペンターズ 「青春の輝き」
竹内 まりや 「駅」
小泉 今日子 「優しい雨
サザンオールスターズ 「Ya Ya(あの時代を忘れない) {時代=とき}」
泉こなた(CV.平野綾)、柊かがみ(CV.加藤英美里)、柊つかさ(CV.福原香織)、高良みゆき(CV.遠藤綾) 「もってけ!セーラーふく
ステファニー 「フレンズ」
カーディガンズ 「カーニヴァル
サザンオールスターズ 「愛の言霊 ~Spiritual Message~」
シェリル・ノーム starring May'n/ランカ・リー=中島 愛 「インフィニティ #7」
ファーギー 「ラベル・オア・ラヴ」
サザンオールスターズ 「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」
熊木 杏里 「誕生日」
サザンオールスターズ 「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」
松田 聖子 「瑠璃色の地球
TUBE 「十年先のラブストーリー」

 

*1:最終累計ではなく、2008年内に計上された売上

*2:もう1曲は米津玄師「Lemon」

*3:人気となっている曲が集計ルール上チャートにランクインできないという事態は最悪のケースであり、絶対に避けなければならないことであるため。特に当時は、配信限定発売曲の人気動向をCD売上チャート上で捕捉できないという問題があった。