Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

ONE OK ROCKのMV・ストリーミング再生回数ランキング

ONE OK ROCKは2007年に「内秘心書」でメジャーデビューした男性4人組ロックバンド。2010年代に大ブレイクを果たし、以降10年以上に渡りヒット曲を大量輩出している。

 

ONE OK ROCKがブレイクした時期はYouTubeでのMV再生が音楽視聴方法の主流であったため、楽曲人気は主にMV再生回数ランキングを通じて把握する。MV再生数のヒットのボーダーラインは、日本レコード協会RIAJ)ストリーミング認定の下限値に準拠すれば3,000万再生となる。そこで、ここではMV3,000万再生以上を記録した楽曲を抽出する。これまでに14曲がMV3,000万再生以上を記録しており、そのうち3曲MV1億再生を突破している。

 

f:id:musicnever_die:20211011133107p:plain

 

 

(歴代MV再生数ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

このMV再生数ランキングの欠点は、MVが制作されていない楽曲の人気が把握できないことである。そこでこの欠点を補うべく、オーディオストリーミング再生数ランキングも以下に示す。こちらはRIAJストリーミング認定と、Billboard JAPANが公表している再生数を基に作成した。ストリーミング市場は令和時代に突入して以降に本格的に拡大したため、主に2019年以降の楽曲人気を把握するのに適しているが、過去曲も気軽に聴ける特性上、2018年以前の曲でも特筆すべき根強い人気を示している曲は多くの再生数を稼いでいる。

 

f:id:musicnever_die:20211011144105p:plain

 

(歴代ストリーミング再生数ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

(歴代アーティスト・トータル・ストリーミング再生回数ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

なお2010年代はMV・ストリーミング再生数だけでなく、RIAJダウンロード認定で確認可能なダウンロード売上も重要な楽曲人気指標となっていたが、ONE OK ROCKの場合は殆どの楽曲がこの認定を受けておらず、ダウンロード売上不明となっている。その理由は、ONE OK ROCKの所属レコード会社A-SketchRIAJの正会員ではなく準会員であり、ダウンロード認定の対象外だったためと思われる。認定対象外アーティスト一覧は以下記事にまとめている。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

しかしONE OK ROCKは2021年にRIAJの正会員であるワーナーミュージック・ジャパンに移籍。これにより2021年以降の楽曲はダウンロード認定を受けられるようになった。この背景のため、今のところONE OK ROCKのダウンロード認定受領曲は以下1曲のみとなっている。

 

f:id:musicnever_die:20211011150601p:plain

 

 

上記で挙げた楽曲を配信開始日順で並べたうえで楽曲人気データを一覧化した表も以下に示す。

 

f:id:musicnever_die:20211011173054p:plain

 

Nicheシンドローム

 

ONE OK ROCKはデビューしてすぐにブレイクしたわけではないが、ライブ活動を通じて着実に人気と実力を積み上げていき、2009年にはドラマタイアップの話が来るほどに業界内外からの期待を高めていた。この話はメンバーの不祥事と脱退による活動休止があったため流れてしまったが、これを経て流動的だったメンバー編成も4人組に落ち着き、2010年には本格的に活動を再開。その名を轟かせ始める。

 

その再始動を飾った曲が4thシングルとして発売された「完全感覚Dreamer」である。その位置づけに相応しく、本曲は未来に向かって進んでいく強い決意が歌詞になっており、それをボーカルTakaのエモーショナルな絶唱と激しいバンドサウンドで表現したものになっている。ライブで盛り上がる曲の鉄板にもなったこの曲は、この先のONE OK ROCK知名度上昇とともにジワジワ普及していき、MV公開から10年5ヶ月の時を経てMV1億再生を突破した。


www.youtube.com

 

この曲を収録した4thオリジナルアルバム「NicheシンドロームONE OK ROCKの人気が徐々に高まっていく中で継続的に注目され続け、Billboard JAPAN Top Albums SalesではTOP100圏内登場週数112週を記録するほどのロングヒットとなった。累計売上は27万枚を突破している。

 

同年間チャートでは、2016年になって初めてのTOP100入りとなる51位を獲得した。さらに、2015年下半期よりスタートした、CD売上だけでなく配信売上やルックアップ(CDのPC読取数)も加味した総合アルバムチャートBillboard JAPAN Hot Albumsでは2016年28位→2017年62位→2018年90位と、より高い順位で推移しており、週間TOP100圏内登場週数は驚異の183週となっている。

 

発売から6年を経て売上のピークが訪れた理由は、アルバム収録曲「Wherever you are」の大人気にある。この曲は純愛を歌ったロックバラードとして発売当初から人気の高い楽曲だったが、2016年にNTTドコモのCMソングに起用されたことで人気が爆発。最終的な累計はストリーミング1億再生を突破し、Billboard JAPAN Hot 100では歴代1位となる登場週数228週を記録するほどの規模となった。本曲への高需要がアルバムセールスにも波及した。

 

なおこの曲はMV未制作。ダウンロード売上も上述した理由により不明のため、Billboard JAPANがストリーミング1億再生突破の事実を公表するまで、その大人気を証明する定量的データがないという異常事態となっていた。その事態が解消されて以降も、YouTubeでは、MVに代わる公式動画もアップされていないため、非公式ライブ動画がアップされ再生数を数千万回稼ぐが結局削除されることが繰り返されるという極めて不健全な状況になっている。本曲への高需要を適切に満たす公式コンテンツの供給が待たれるところである。

 

ダウンロード売上に関しても実数不明ではあるが、2017年から公表開始したBillboard JAPAN Download Songsの年間では2017年39位→2018年50位→2019年78位と推移しており、超ロングセラーになっている。もしRIAJダウンロード認定の対象になっていれば、相当ハイレベルな認定を受けているはずである。

 

このようにデータ上色々と残念な点が多い「Wherever you are」だが、もしMV再生数やダウンロード売上データが可視化される環境になっていれば、自身最大の数字を記録していたかもしれないほどのポテンシャルは十分に感じられる。ONE OK ROCKの楽曲人気を語る上では外せない一曲である。

 

残響リファレンス

 

2011年は2枚のシングルを発売。「アンサイズニア」MV3,000万再生「Re:make」MV5,000万再生を突破するヒットとなった。同年10月には5thオリジナルアルバム「残響リファレンス」を発売し、16万枚をセールス。リード曲「C.h.a.o.s.m.y.t.h.」は2012年4月にMVが公開され、以降の積み上げでMV4,000万再生を突破している。

 

人生×僕=

 

2012年8月に発売された7thシングル「The Beginning」興行収入30億円を記録した実写映画「るろうに剣心」の主題歌。起伏をつけた迫力あるロックサウンドが映画を通じて支持を広げ、自己最高となるMV1.8億再生を突破する大ヒットを記録した。これは2012年に公開されたMVの中でも最高記録となる。2012年のヒット曲を語るうえでは外せない一曲である。

 

billion-hits.hatenablog.com

 


www.youtube.com

 

2013年1月には8thシングル「Deeper Deeper/Nothing Helps」が発売され、「Deeper Deeper」MV5,000万再生を記録。3月には6thオリジナルアルバム人生×僕=が発売され、30万枚を売り上げた。このアルバムもロングヒットとなり、「Wherever you are」がリバイバルヒットした際には再浮上し、Billboard JAPAN Hot Albumsの年間では2016年の72位を獲得している。

 

収録曲のうち、リード曲「Clock Strikes」は「The Beginning」に次ぐ自身2位となるMV1億再生を記録する大ヒットなった。ONE OK ROCKはこの年から海外公演も積極的に行っており、サビが全て英詞で構成されているこの曲は海外ファンからの人気も高かった。2014年にはゲームソフト「龍が如く 維新!」のタイアップも付き、そのタイミングでLyric Videoも公開されている。歌詞は考察性が高く、限りある時間の中で人生を歩むことへの決意を歌ったものになっている。


www.youtube.com

 

35xxxv

 

2014年7月には、実写映画「るろうに剣心 京都大火編」主題歌となった8thシングル「Mighty Long Fall」を発売し、MV6,000万再生を記録。なおCDシングルの発売は今作が自身最後になっている。

 

2015年2月には本作を収録した7thオリジナルアルバム「35xxxv」を発売し、27万枚をセールス。Billboard JAPAN Top Albums Salesの年間では2015年の9位を獲得し、自身初の年間TOP10入りを果たした。本作もロングヒットとなり、Billboard JAPAN Hot Albumsの年間では2016年も40位にランクインした。アルバム曲の中では、リード曲「Cry out」MV4,000万再生、実写映画「るろうに剣心 京都大火編」主題歌の「Heartache」MV5,000万再生を記録している。

 

また、本作は9月にDelux Editionとしてアメリカでも発売された。Delux Editionの収録曲は全編英詞となっているほか、新曲も2曲追加されている。追加された新曲のうち「Last Dance」MV3,000万再生を突破している。

 

Ambitions

 

2017年には8thオリジナルアルバム「Ambitions」を発売し、自身最大セールスとなる36万枚を売り上げた。元々TV出演を全くしないうえ、CDシングルも出さなくなったONE OK ROCKだが、前述の「Wherever you are」リバイバルヒットや配信市場を中心にしたシングル発売で存在感を高め続けていたことが結果に現れた。Billboard JAPAN Hot Albumsの年間では2017年5位→2018年59位と推移するロングヒットを記録した。

 

収録曲中最大人気となったのはMV3,000万再生を突破した「We are」。この曲はNHKが企画した、ONE OK ROCKと1,000人の18歳世代(17 〜19歳)が一緒に歌いひとつのステージを作り上げる「18祭(フェス)」で歌われた楽曲。不安や迷いがある中でも未来へ向かって進むことを後押しするような歌詞は該当世代の共感を呼び、企画は1,000人のエネルギッシュな若さと思いが開放された圧巻のステージとなった。この模様は1月にTVでも放送されたが、これがONE OK ROCKのTV初出演となったこともあり、多くの反響を集めた。


www.youtube.com

 

Eye of the Storm

 

2019年2月には9thオリジナルアルバム「Eye of the Storm」を発売し、30万枚をセールス。Billboard JAPAN Hot Albumsの年間では2019年3位→2020年72位と推移するロングヒットを記録した。収録曲の中では、「Stand Out Fit In」「Wasted Nights」MV4,000万再生を記録している。

 

このうち「Wasted Nights」はオーディオストリーミング1億再生も達成した。この曲は興行収入57億円を記録した実写映画「キングダム」主題歌。壮大なサウンドに乗せて夢に向かって挑戦する決意を歌ったこの曲は、主人公が中華統一という壮大な夢を持つ「キングダム」との親和性も高かった。


www.youtube.com

 

2020年以降

 

2021年4月には所属事務所アミューズから独立後初の配信シングルとなる「Renegades」を発売。興行収入42億円を突破した実写映画「るろうに剣心 最終章 The Final」主題歌として人気を博した。冒頭に述べたとおりこの曲からRIAJ認定の対象となり、本曲は配信10万ダウンロード、ストリーミング3,000万再生認定を受けた。


www.youtube.com

 

なおONE OK ROCKは2011年以降2年周期でオリジナルアルバムを発売してきており、その法則に照らせば10thオリジナルアルバムの発売は2021年だが、今のところ発売情報は無いため、2020年にコロナ禍に突入した影響で1年後ろに倒れ2022年となる可能性が高くなってきている。いずれにしても新作の発売が待たれるところである。

 

まとめ

 

以上まで見てきたとおり、ONE OK ROCKはエモーショナルなロックサウンドと夢を追う若者の背中を後押しする前向きな歌詞を中心に大人気を獲得し続けており、その人気はMV再生回数やCDアルバム売上に現れていた。ダウンロード売上が殆ど不明という状況は残念な限りで、もしこのデータも明らかになればより多くの楽曲が人気となっていたことが定量的に可視化されると思われる。今後の何らかの進展に期待したい。

 

今のところベストアルバムは発売されていないので、上記ヒット曲を手元に所有する場合はオリジナルアルバムを辿るのが最も手っ取り早い。ここでは入り口として以下4枚をお勧めする。

 

 

この記事で紹介したデータのうちストリーミング再生回数やダウンロード売上はBillboard JAPANの公式サイトや日本レコード協会HP内の下記サイトの認定から検索することができる。新たな発見の宝庫なので、時間があれば好きな曲やアーティストのデータを検索してみることをお勧めする。

 

www.billboard-japan.com

 

www.riaj.or.jp