Billion Hits!

フル配信ダウンロード売上、MV再生回数、ストリーミング再生回数、Billboard JAPANランキングデータなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

歴代ストリーミング再生回数ランキング

ストリーミングとはオンライン上の音源にアクセスして聴くことを指す。2010年代まではCDやダウンロードにより楽曲を購入してオフラインで聴く方法が主流だったが、ストリーミングの普及により音楽視聴環境は大きく変わった。

 

今では音楽業界の収益構造も変化しつつあり、広告収入型ストリーミングや定額制音楽配信サービスが新たな収益源になってきている。YouTubeなどの無料視聴サービスは前者に該当する。対して現在一気に普及が進んでいるSpotifyApple music、LINE MUSICなどで消費者が毎月定額を支払うことで享受できる聴き放題サービスは後者に該当する。この定額制のことを英語でサブスクリプション、略してサブスクと呼ぶ。

 

サブスクリプションサービスが日本に上陸したのは2015年だが、Billboard JAPANは早くからこの動向を捕捉しており、2017年末の時点では国内音楽チャートの中で誰よりも早く全国網羅的なストリーミング再生数の集計体制を整えていた。

 

Billboard JAPANは各曲の累計再生数が1億、3億、5億を突破の都度、及び5億以降は1億上積みされる都度タイムリーにその事実を公表する。2億及び4億に関しても上記記事内など折に触れて突破済みであることを公表する。2021年9月15日、Billboard JAPANは国内でストリーミング1億再生を突破した楽曲が合計100曲に到達したことを発表した。

 

www.billboard-japan.com

 

基本的に細かい桁数まで累計再生数を公表することはしていないが、2021年12月30日、Billboard JAPANは歴代ストリーミング総再生回数ランキングTOP50を公表。この記事の中でTOP50ランクイン曲の百万単位までの累計再生数が公表されている。

 

www.billboard-japan.com

 

ちなみにオリコンストリーミングランキングが発表する数字はビルボードと比べ精度が低い。理由は以下の3点が挙げられる。

 

  1. チャート開始がビルボードより1年遅い2019年であり、2018年以前の再生数が集計できていないこと
  2. ビルボードと違いSpotifyを集計対象に含めることができておらずデータの精度に信頼がおけないこと
  3. 主にこのことから全体的な再生数水準がビルボードより2割ほど小さくなっており、楽曲人気を過小にミスリードしていること

 

オリコンはかつてCD売上の集計で有名だったが、音楽の聴き方のCDから配信への移行に対応せず、配信売上の集計を一向に開始しなかった。そのうえCD売上を楽曲人気指標として扱う姿勢も変えなかったため、配信が普及した2006年以降に高配信売上曲の人気過小評価と高CD売上曲の人気過大評価を蔓延させる原因を作った。オリコンはもはや楽曲人気指標ではなくなってから10年以上が経過しており、楽曲人気が知りたいという場合においてはほぼ必要のないデータになっている。

 

なおオリコンが配信市場を無視している間に音楽の聴き方として主流に君臨していたダウンロード購入とMV再生に関する歴代ランキングは当ブログで以下のとおりまとめている。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

billion-hits.hatenablog.com

 

billion-hits.hatenablog.com

 

楽曲人気指標はCD売上→ダウンロード売上→MV再生と変遷していき、ついには現代の音源ストリーミング再生に行き着いた。ストリーミングランキングは現代の楽曲人気を計る上で参照が欠かせない指標である。

 

Billboard JAPANが公表した歴代ストリーミング再生回数ランキングTOP50は以下のとおり。

 

f:id:musicnever_die:20220101182534p:plain

 

 

 

TOP10楽曲解説

 

1位 YOASOBI「夜に駆ける」

 

1位は国内史上最多となる累計7億再生を達成したYOASOBI「夜に駆ける」。2019年12月に発売された、YOASOBIにとってデビュー曲となる本曲はネット小説「タナトスの誘惑」を音楽で表現した曲となっており、アニメ仕立てのMVや小説を踏まえた歌詞が視聴者の想像を掻き立てる形で人気を拡大した。中毒性のある速いテンポのリズムも支持された。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

音源ストリーミング以外にも、YouTubeではMV2.5億再生、アートトラック1.6億、THE HOME TAKE(一発撮り歌唱映像)1.1億再生合計4億以上の再生数を記録している。Billboard JAPAN Hot 100では通算6週1位を獲得した。年間では2020年1位→2021年3位と推移している。

 

billion-hits.hatenablog.com

 


YOASOBI - 夜に駆ける / THE HOME TAKE

 

2位 Official髭男dism「Pretender」

 

2位は6億再生を突破しているOfficial髭男dism「Pretender」。2019年4月に配信された本曲は切ないラブソングになっており、印象的な韻を踏むメロディーや共感性の高い歌詞が支持されたことや、主題歌となった映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」が興行収入29億円を記録する人気となったことをきっかけに、髭男を大ブレイクに導く特大ヒットとなった。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

ストリーミングだけでなく、MV3.6億再生、フル配信100万ダウンロードも記録しており、歴史的な数字を各指標で打ち立てた。Billboard JAPAN Hot 100では通算7週1位を獲得し、年間でも2019年3位→2020年2位→2021年20位と推移している。 


Official髭男dism - Pretender[Official Video]

 

3位 BTS「Dynamite」

 

3位はBTS「Dynamite」。2020年8月に全世界で発売されたこの曲は、新型コロナウィルスの流行で落ち込みがちな世相を元気づけてくれるようなポジティブなダンスナンバーとして人気を博した。自身初の全英詩曲だったこともありアメリカでも受け入れられ、アメリカのBillboard Hot 100でアジア圏のアーティストとしては坂本九以来57年ぶりの週間1位を獲得した。日本でも、この快挙の報道や「THE MUSIC DAY」「日本レコード大賞」への出演などが話題となり、多くの踊ってみた動画が投稿されるなどUGCも盛り上がりを見せた。

 

特にストリーミングチャート初登場から所要55週での5億再生突破は史上最速記録である。今なお再生数は積み上げられており、その天井は未だ見えないままとなっている。Billboard JAPAN Hot 100では2020年18位→2021年2位と推移している。 

 

billion-hits.hatenablog.com

 


BTS (방탄소년단) 'Dynamite' Official MV

 

4位 優里「ドライフラワー

 

4位は優里「ドライフラワー。優里は2019年12月に「かくれんぼ」を配信してインディーズデビューを果たした男性シンガーソングライターで、男性目線で彼女との別れを歌った「かくれんぼ」が泣ける曲として話題となった。「ドライフラワー」はこの「かくれんぼ」のアンサーソングとして2020年10月に配信された。同じ失恋を今度は女性目線で歌ったこの曲は「かくれんぼ」から連続したストーリー性が一層の感情移入を呼ぶ形で大ヒットとなった。

 

ストリーミング5億再生は男性ソロシンガーとしては史上最多記録である。YouTubeではMV(ショートver.)7,000万再生、THE FIRST TAKE(一発撮り歌唱映像)8,000万再生ディレクターズカットver.6,000万再生合計2.1億以上の再生数を記録している。Billboard JAPAN Hot 100では2021年の年間1位に輝いた。

 

billion-hits.hatenablog.com

 


優里 『ドライフラワー』Official Music Video(ショートver.)

 

5位 King Gnu「白日」

 

5位はKing Gnu「白日」。ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌として2019年2月に配信で発売された。かねてより音楽ファンの間では注目を集めていたバンドだったが、ドラマ主題歌への起用やメディア出演を機に認知が普及し、洗練されたサウンドやボーカル井口理のファルセットに耳を奪われた人が続出し大ヒットした。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

ストリーミングは指標チャートインから111週をかけて4億再生を突破しているほか、MVでも3.8億再生を突破している。Billboard JAPAN Hot 100の年間では2019年4位→2020年5位→2021年31位と推移している。 


King Gnu - 白日

 

6位 Official髭男dism「I LOVE...」

 

6位はOfficial髭男dism「I LOVE...」。この曲はドラマ「恋はつづくよどこまでも」主題歌として2020年1月に配信で発売され、2月にはCDでも発売された。恋人に限らない様々な形の愛をテーマにした普遍的な歌詞が支持されたほか、ドラマが最高視聴率15.4%を記録する人気となったことなどから大ヒットした。

 

ストリーミングでは自身2曲目となる4億再生を突破しているほか、配信100万ダウンロード、MV1.5億再生も突破するなど各指標で歴史的な数字を記録した。Billboard JAPAN Hot 100の年間では2020年4位→2021年24位と推移している。 


Official髭男dism - I LOVE...[Official Video]

 

7位 あいみょんマリーゴールド

 

7位はあいみょんマリーゴールド。この曲は2018年8月に発売され、ノンタイアップでありながらも、音楽フェスでの披露を重ねながらストリーミングを中心に懐かしさを感じさせるサウンドが支持を広げていき、年末歌番組での連続的な披露を決定打に大ヒットに至った。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

ストリーミングではこの曲が記念すべき国内アーティスト史上初の1億再生達成曲とされている。累計は指標チャートインから所要3年4ヶ月で4億再生に到達した。MVも2.6億再生を突破している。Billboard JAPAN Hot 100の年間では2018年48位→2019年2位→2020年8位→2021年38位と推移している。 


あいみょん - マリーゴールド【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

 

8位 LiSA「紅蓮華」

 

8位はLiSA「紅蓮華」。表題曲はアニメ「鬼滅の刃」主題歌として起用され、2019年4月に配信ダウンロード発売、2019年7月にCD発売、2019年10月にストリーミング解禁と段階的に主要サービスで発売された。楽曲がアニメにマッチしていたことや、「鬼滅の刃」が社会現象と呼べるほどの歴史的ブームとなったことから大ヒットした。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

ストリーミングでは3億再生を突破したほか、配信100万ダウンロード突破の偉業も達成している。YouTubeではMV(ショートver.)8,000万再生、THE FIRST TAKE(一発撮り歌唱映像)1.1億再生を突破した。Billboard JAPAN Hot 100では2019年26位→2020年3位→2021年16位と推移した。


LiSA 『紅蓮華』 -MUSiC CLiP YouTube EDIT ver.-

 

9位 LiSA「炎」

 

9位はLiSA「炎」。この曲は映画「鬼滅の刃 無限列車編」の主題歌として2020年10月に発売された。既にアニメ「鬼滅の刃」は主題歌の「紅蓮華」ともに社会現象化していたこともあり、その映画は公開前からヒットが期待されていたが、蓋を開けると歴代1位となる興行収入400億円を突破する歴史的ヒットとなった。

 

その主題歌である「炎」は映画の内容に沿って制作された重厚なバラードナンバーに仕上がっており、キャラクターの生き様を描いた歌詞などが感動を呼ぶ形でこちらも音楽チャートで前人未踏の勢いを見せ、ストリーミングでは3億再生を突破したほか、配信100万ダウンロード、MV2.3億再生も記録するなど各指標で歴史的な数字を叩き出した。

 

この高動向によりBillboard JAPAN Hot 100では1位常連のSexy ZoneNMB48を2位止まりにする形で週間1位街道を驀進し、合計8週1位を獲得。年間では2020年9位→2021年4位と推移している。


LiSA 『炎』 -MUSiC CLiP-

 

10位 YOASOBI「群青」

 

10位はYOASOBI「群青」。この曲はアルフォートとのコラボ作になっており、同CMのストーリーテキスト「青を味方に。」を原作として制作された。このテキストは絵を描くことを生業に選んだ若者の背中を押す内容となっており、「群青」の歌詞も「好きなものへ向き合う葛藤」を表現したものになっている。そのメッセージ性は絵に限らず何らかの夢を追う若者を勇気づけることとなった。楽曲中に取り入れられた合唱パートがもたらす高揚感も支持された。

 

この曲は2020年9月発売曲だが、2021年1月にはTHE FIRST TAKEに出演しこの曲を披露したほか、2021年8月にはスッキリ!で全国高校生ダンス部を応援するダンスONEプロジェクト'21のテーマ曲に選ばれるなど、その人気はむしろ2021年になって拡大した。累計ではストリーミング3億再生を突破している。


YOASOBI「群青」Official Music Video

 

51位以下

 

歴代ランキングの51位以下は公表されていないが、これまでに1億再生突破がアナウンスされた楽曲を、認定までに要した日数で昇順に並べることでランキング化することが可能である。すなわち、1年で1億再生を突破した曲の方が、10年かけて1億を突破した曲より多く再生されることがほとんどだろう、と考え、同じ認定でもどちらの方がより高い再生数になる可能性が高いかを推し量る。

 

ここではBillboard JAPANに加えて日本レコード協会ストリーミング認定のデータも参照する。日本レコード協会では各曲の累計再生数が3,000万、5,000万、1億、5億を突破した都度その事実を認定している*1。なお両者の再生数調査方法は共通してGfK Japan(ジーエフケー・インサイト・ジャパン株式会社)の提供データを基にしているため、両者のデータは公表タイミングがずれる以外、基本的に整合するものとして考えることができる。

 

Billboard JAPANと日本レコード協会から1億再生突破がアナウンスされた楽曲を認定所要日数の早い順で並べた、51位以下の結果は以下のとおり。上位119位までが1億再生を突破している。

 

f:id:musicnever_die:20220101185535p:plain

 

年間ストリーミング再生回数ランキング

 

ストリーミング再生回数の年間ランキングはBillboard JAPANにより2017年から公開されている。各年のヒット曲を振り返っている以下記事内で言及している。

 

2017年Billboard JAPAN年間チャート総括【2017年のヒット曲】

2018年Billboard JAPAN年間チャート総括【2018年のヒット曲】

2019年Billboard JAPAN年間チャート総括【2019年のヒット曲】

2020年Billboard JAPAN年間チャート総括【2020年のヒット曲】

2021年Billboard JAPAN年間チャート総括【2021年のヒット曲】

 

(2010年代のヒット曲十選はこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

まとめ

 

以上までの119曲が国内で1億再生を突破している楽曲である。今後音楽の聴き方の主流がストリーミングになっていくことが確定的であることからしても、ストリーミング1億再生以上を記録する大ヒット曲は今後ますます増えていくものと思われる。

 

思えば10年以上前の2000年代後半は音楽の聴き方がCDから配信に移行したことが全く考慮されず、ひたすらCDヒットの減少が嘆かれ、まるでもう高人気楽曲は出ないとでも言うかのような悲観的誤謬が蔓延していた。2010年代後半になってようやく新しい音楽の聴き方が捕捉され、再生数で楽曲人気を計ることがスタンダード化してきている。こうなれば、今後どんな大ヒット曲が誕生するのか(=どんな曲が1億再生を達成するのか)、未来への期待は高まるばかりである。

 

なお、楽曲人気だけでなくアーティスト人気に関してもストリーミング総再生数から導くことが可能であり、以下記事「歴代アーティスト・トータル・ストリーミング再生回数ランキング」でまとめている。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

*1:このことから、ヒットの最低ボーダーラインは3,000万と考えることができる。