Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

東方神起の配信ダウンロード売上ランキング

東方神起は2005年に「Stay With Me Tonight」でデビューした男性K-POPアイドルグループ。K-POPブームの先駆者として2000年代後半に一大ブームを巻き起こした。日本レコード協会によれば、これまでにダウンロード売上10万以上を記録した曲は14曲で、認定総ダウンロード売上は275万(歴代40位)となっている。これらのデータをランキング化した表は以下のとおりである。この表をもとにしながら、東方神起のヒット史を振り返る。

 

f:id:musicnever_die:20201123120344p:plain

 

 

(ランキング作成方法および歴代ダウンロード売上ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

 

上表を発売日順に並べたダウンロード売上データは以下のとおり。

 

f:id:musicnever_die:20201123120912p:plain

 

結成~2007年まで

 

東方神起は2003年にユンホ、チャンミンジェジュン、ユチョン、ジュンスの5人により韓国で結成された。すぐに自国内で同年の音楽賞を受賞する活躍を見せると、翌2004年からは海外進出を本格化。日本での活動もスタートし、翌2005年に1stシングル「Stay With Me Tonight」の発売でメジャーデビューを果たした。

 

ただ、今でこそK-POP文化は日本国内に根付いているが、当時はまだ馴染みが薄かったこともあり、デビューしてすぐにブレイクというわけにはいかなかった。それでも精力的な新作発売やライブ活動を地道に続けた結果、徐々にその実力が認知されていき、じわじわと売上も上昇していく。

 

2007年6月発売の11thシングル「Lovin' you」は彼らの歌唱力が存分に活かされたバラードナンバーで、それまで以上の支持を集めた結果、CD売上チャートでは自己最高位を更新する2位を獲得した。売上は10万枚を超えなかったが当時の自己最高となる5万枚を記録。ステップアップの契機となった曲なのは間違いない。それを証明するように、配信では2014年1月に10万ダウンロード認定を受けている。根強い楽曲人気を基にコツコツと売上が積みあがった結果、CD売上を超える数字となり、ヒットのボーダーラインを突破した。発売日順ではこれが初の10万ダウンロード突破曲となる。

 

2007年8月には12thシングル「SUMMER-Summer Dream/Song for you/Love in the Ice-」を発売。本作ではCD売上が自身初の10万超えとなる12万枚を記録した。ただ、この売上上昇はハイタッチ会参加券をCDに付属させ会当日までにかけてCDを大量販売したことによる要因が大きく、楽曲人気が牽引しての売上増ではなかった。それを証明するように、ダウンロード認定では表題曲は何の認定も受けていない。

 

2008年

 

それでも人気の拡大とともに着実にCD売上の自然な増加も進み、2008年に入ると週を選びさえすればオリコン1位も獲得できるほどの数字になっていった。早速1月発売の16thシングル「Purple Line」で自身初のオリコン1位獲得に成功。初動売上4万枚は週間1位水準としては低いが、他に高CD売上勢が不在であり、狙い通りとなった。ただ、累計売上は10万枚超えを果たせなかったほか、販路限定盤*1を集計対象外にしていたBillboard JAPANではCD売上チャート6位。ラジオエアプレイ数も加味した総合チャートHot 100では10位に終わっている。これは当時のビルボード楽曲人気を可視化するという理念のもと複数商法によるCD売上増加がチャートに与える影響を抑える意図もあったものと思われる。

 

こう書くと「Purple Line」も楽曲人気を伴っていないと思ってしまいそうになるが、配信では2014年7月に10万ダウンロード認定を受けている。本曲の洗練されたダンスミュージックは後の人気の広がりとともに支持を広げ、6年越しの売上10万突破に繋がった。

 

この1週間後に発売された3rdオリジナルアルバム「T」も後の人気の広がりとともに売上を積み上げ続け、2年弱にわたるロングヒットで累計売上は自身初の10万超えとなる15万枚を記録した。

 

4月には22ndシングル「Beautiful you/千年恋歌」を発売。オリコンでは再び1位を獲得し、それだけでなくTOP200圏内47週ランクインのロングヒットとなり累計売上も自身2曲目の10万超えとなる12万枚を記録した。一方で前述のとおり複数商法効果が除かれたBillboard JAPAN Hot 100では1曲目の「Beautiful you」が週間最高10位、TOP100圏内登場週数3週となっている。登場週数の少なさは、ビルボードがCD売上以外の指標も集計対象にしていたことで、相対的にCD売上を主力とする本作の順位がTOP100から押し出されたことが考えられる。

 

意外にもダウンロード認定では表題曲2曲とも何の認定も受けることが出来ていないため、本シングルの楽曲人気評価は難しくなっている。当時は音楽の聴き方がCDから配信に移行する過渡期だったことも考慮しなければならない。ここではCD売上が下位でロングヒットしていたのは2曲目の「千年恋歌」の人気が大きかったと見る。この曲は韓国ドラマ「太王四神記」のテーマソングで、日本でも放送されていた。この視聴者層が主婦層や時代劇好きの40代男性などCDに馴染みのある世代だったゆえに、本作はこの時期には少なくなっていたCD中心の楽曲人気となったものと思われる。

 

どうして君を好きになってしまったんだろう?」配信50万ヒット

 

7月には23rdシングルどうして君を好きになってしまったんだろう?を発売。本作も他の高CD売上勢が不在だった週に発売してオリコン1位を獲得し、前作に匹敵するロングヒットでCD売上は12万枚を記録した。複数商法効果を除外したBillboard JAPAN Hot 100でも自己最高位を更新する6位を獲得。だが本曲はCD売上だけでは見えない突出した人気を獲得し、ダウンロード売上が急増。自身2位となる50万ダウンロードを記録した。

 

配信売上推移は以下のとおりである。

 

  • 発売9ヶ月後の2009年4月に10万ダウンロード突破
  • 発売2年6ヶ月後の2011年1月に25万ダウンロード突破
  • 発売4年4ヶ月後の2012年11月に35万ダウンロード突破
  • 発売5年6ヶ月後の2014年1月に50万ダウンロード達成

 

見てのとおり、急増と言っても発売後すぐにダウンロード売上が積み上がったわけではない。後年になればなるほど東方神起の代表曲としての本曲の支持が広がり、売上を拡大させていった動向がこの推移で可視化されている。本曲は同年の日本レコード大賞優秀作品賞を受賞しているが、オリコン1位やCD売上と同様、どちらかと言えば称号が人気に先行した格好になっており、実際の高人気は後年になって付いてきた。

 

本曲は失恋を歌う切ないラブバラードで、メンバー5人の歌唱力が美しいメロディーを引き立てる仕上がりになっていた。繊細なファルセットとサビの力強い絶唱は、歌詞で描かれた想いを伝えることができなかった切なさや後悔を説得力ある形で表現しており、多くの感情移入を誘った。


東方神起 / どうして君を好きになってしまったんだろう?

 

10月には24thシングル呪文-MIROTIC-を発売。本作も他の高CD売上勢が不在の週に発売されオリコン1位を獲得。CD売上は惜しくも10万枚に届かなかったが、売上水準は明らかにベースアップしていた。配信では10万ダウンロード認定を2014年7月に受けており、CDで達成できなかった10万超えを達成している。やはり本曲も長い年月に渡って人気が浸透していた。複数商法効果を除外したBillboard JAPAN Hot 100でも自己最高位を更に上書きする4位を獲得した。

 

2009年

 

2009年1月には25thシングル「Bolero/Kiss The Baby Sky/忘れないで」を発売。やはり高CD売上勢が不在の週に発売されオリコン1位、CD売上も11万枚を記録した。配信では1曲目の「Bolero」がCD発売1ヶ月前から先行解禁され、2014年1月に10万ダウンロードを突破している。複数商法効果を除外したBillboard JAPAN Hot 100では週間6位を獲得した。

 

3月には26thシングル「Survivor」を発売。本作では他の高CD売上勢が発売同週に存在したためオリコンでも3位となったが、売上は引き続き好調で10万枚を記録。複数商法効果を除外したBillboard JAPAN Hot 100では11位となり惜しくもTOP10入りを逃しているが、本曲も徐々に人気が浸透する形で2014年1月に配信で10万ダウンロードを突破している。

 

同月にはここまでのヒット曲を収録した4thオリジナルアルバム「The Secret Code」が発売され、31万枚をセールス。2008年以降に積み上げた数々の称号に人気が追いつきつつあることを示した。

 

「Share The World」配信75万ヒット

 

そして4月には自身最大のヒット曲が誕生した。27thシングルとして発売された「Share The World/ウィーアー!の1曲目に収録されている「Share The World」である。本曲はアニメ「ONE PIECE」のオープニングテーマとして幅広い認知を獲得し、自身最大売上となる75万ダウンロードを記録した。

 

配信売上推移は以下のとおり。

 

  • 発売1ヶ月で10万ダウンロード突破
  • 発売3ヶ月で25万ダウンロード突破
  • 発売11ヶ月後の2010年3月に50万ダウンロード突破
  • 発売3年6ヶ月後の2012年10月に60万ダウンロード突破
  • 発売4年9ヶ月後の2014年1月に75万ダウンロード達成

 

見てのとおり、これまでの楽曲とは明らかに異なるハイペースで配信売上が積み上がり、1年も経たずに50万ダウンロード突破を果たしている。最終的にはミリオン一歩手前となる75万ダウンロードにまで到達した。

 

本曲は明るく前向きな曲を得意とする前山田健一による作曲で、軽快なリズムに乗せた5人の爽やかな歌声がアニメタイアップも経由してお茶の間に浸透し、多くの支持を獲得した。

 

CD売上にもこの人気は表れており、オリコンでは再び1位を獲得しただけでなく下位でロングヒットし、TOP200圏内登場週数45週と、自己最高売上を更新する18万枚を記録した。一方で複数商法効果を除外したBillboard JAPAN Hot 100では最高4位、TOP100圏内登場週数5週。この曲の人気可視化に関しては完全にビルボードは失敗した。当時のビルボードはCD売上とラジオエアプレイ数を集計対象にしており、ダウンロード売上はまだ集計対象に含められていなかった。CDで見えない楽曲人気をラジオで代わりに拾い上げることで、当時からCD売上だけのチャートよりも楽曲人気指標として優れていたBillboard JAPAN Hot 100だが、まだ当時は完全ではなく、本曲のようなヒットの捕捉漏れも存在した。


東方神起 / Share The World

 

また、本シングルの2曲目ウィーアー!も2008年12月から先行配信されており、2009年10月に10万ダウンロードを突破している。本曲は言わずと知れたきただにひろしの同名曲のカバーで、「Share The World」の前のオープニングテーマとして起用されていた。まさにONE PIECE盤とも言うべきシングルにより東方神起の人気は更にステップアップした。

 

「Share The World」のヒットで一段高となったアーティスト人気は次の28thシングル「Stand by U」のCD売上に表れた。嵐と同時発売だったため週間最高位は2位だったが23万枚を記録してCD売上の自己最高記録を更新。複数商法効果を除外したBillboard JAPAN Hot 100でも自己最高位を更新する2位を獲得した。引き続き販路限定盤が集計対象外になっていながらのこの記録は、一般流通盤の売上も着実に上昇していたことを示している。配信でも25万ダウンロードを記録する人気曲となった。

 

同月には東京ドーム公演も成功させ、グループの人気は絶頂を迎えたが、このタイミングでメンバーのうちジェジュン、ユチョン、ジュンスと、韓国の所属事務所SMエンターテインメントとの関係が悪化。和解に向けた交渉も難航し、グループとしての活動が困難な状況に陥る。

 

そんな中でもできる範囲で作品のリリースが続けられた。9月には初の配信限定シングル「甘く果てしなく」を発売。CDと異なり複数商法で数字を上積みすることができない発売形態だったため数字の伸びは遅かったが、2014年1月に10万ダウンロードを突破した。

 

同月にはジェジュンとユチョンによるユニット作品「COLORS 〜Melody and Harmony〜/Shelter」JEJUNG & YUCHUN (from 東方神起)名義で発売され、18万枚をセールスした。こちらはCD中心のヒットとなりダウンロード認定は受けていない。なおBillboard JAPAN Hot 100では1曲目の「COLORS 〜Melody and Harmony〜」東方神起本体としては未達成だった週間1位を獲得している。

 

2010年

 

2010年1月には29thシングル「BREAK OUT!」が発売され、CD売上の自己最高を更新する28万枚をセールス。和解を願うファンの想いが売上に表れた。Billboard JAPAN Hot 100でも本曲で東方神起として初の週間1位を獲得。引き続き販路限定盤が集計対象外となっている中で達成された快挙であった。配信でも2014年1月に10万ダウンロードを突破している。

 

2月には自身初のベストアルバム「BEST SELECTION 2010」を発売し、自己最高売上となる58万枚をセールス。収録曲のうち、特典Discに収録されていた新曲「時ヲ止メテ」が3月にシングルカットされ、25万枚を売り上げた。Billboard JAPAN Hot 100でも2曲目の週間1位を獲得。本曲はダウンロード認定を受けておらず、CD中心のヒットとなった。

 

5月にはジュンスによるソロシングル「XIAH」XIAH junsu名義で発売され、22万枚をセールス。本作収録曲も特にダウンロード認定は受けていない。6月にはシングルコレクション「COMPLETE -SINGLE A-SIDE COLLECTION-」カップリングコレクション「SINGLE B-SIDE COLLECTION」が発売され、それぞれ10万枚を売り上げた。

 

2011年以降

 

しかし結局事態は打開されず、2010年は半年間のグループとしての活動休止の末、11月に残ったメンバーのユンホとチャンミンの2人により東方神起としての活動を再開することとなった。そしてこの間に日本の音楽市場環境も激変。それまでにも兆候は見られていたが、シングルCD売上が楽曲人気指標としての機能を完全に失い、数字が示す中身が楽曲人気ではないものへと完全に変質した。*2

 

活動再開を飾る31stシングルWhy? (Keep Your Head Down)は2011年1月に発売された。表題曲はガツンと聴かせるダンスロックチューンになっており、歌詞の内容も信じていた愛に裏切られた男の激しく昂ぶった感情が表現されたものになっている。それまでのグループ活動を巡る困難でたまった鬱憤を叩きつけたようにも見えたこの曲はファンだけに留まらず多くのリスナーを引き込み、その結果配信25万ダウンロードを売り上げるヒットを達成した。Billboard JAPAN Hot 100でも週間1位を獲得した。


東方神起 / 「Why? [Keep Your Head Down]」Music Video(Full Version)

 

続いて7月には32ndシングル「Superstar」を発売。ダウンロード認定は受けていないものの、Billboard JAPAN Hot 100週間1位を獲得した。同週のオリコンではNMB48絶滅黒髪少女が1位だったが、当時のビルボードでは劇場盤を集計対象外としていたため、東方神起がCD売上でNMB48を上回った。

 

9月には活動再開後初となる5thオリジナルアルバム「TONE」を発売し、33万枚をセールス。活動休止前の水準を維持する根強い人気を見せた。収録曲のうち、リードトラックとして発売1週前に先行配信されていた「B.U.T (BE-AU-TY)」が2014年1月に10万ダウンロード認定を受けている。

 

2012年3月には34thシングル「Still」を発売。ダウンロード認定は受けていないものの、Billboard JAPAN Hot 100では週間1位を獲得した。

 

同年12月には36thシングル表題曲Catch Me -If you wanna-の先行配信が解禁され、2014年1月に10万ダウンロード認定を受けた。Billboard JAPAN Hot 100でも週間1位を獲得している。2013年3月にはこの曲も収録した6thオリジナルアルバム「TIME」が発売され、29万枚をセールスした。

 

今のところ、発売日順でダウンロード認定を受けている曲は「Catch Me -If you wanna-」が最後となっているが、以降も存在感は発揮され続けた。2014年3月には7thオリジナルアルバム「TREE」が発売され、26万枚をセールス。本作には37thシングル「OCEAN」などが収録されている。

 

同年6月には41stシングル「Sweat/Answer」を発売し、1曲目の「Sweat」Billboard JAPAN Hot 100週間1位を獲得した。同週のオリコン1位はNEWS「ONE-for the win-」だったが、ビルボードではダウンロードやツイッターの要素でNEWSとのCD売上差を逆転し、東方神起が総合1位となった。

 

f:id:musicnever_die:20201127001331p:plain

 

続いて11月には、42ndシングル「Time Works Wonders」Billboard JAPAN Hot 100で自身8曲目となる週間1位を獲得した。同週のオリコン1位はNMB48「らしくない」だったが、ビルボードでは前述のとおり劇場盤が集計対象外だったため、オリコンよりもNMB48東方神起のCD売上差が小さく、ダウンロードやツイッターの要素でCD売上差を逆転して東方神起が総合1位となった。なお今のところBillboard JAPAN Hot 100ではこの「Time Works Wonders」が自身最後の週間1位獲得曲となっている。

 

f:id:musicnever_die:20201127002017p:plain

 

更にこの曲はBillboard JAPAN Hot 100の年間でも2014年の7位に入った。この要因には、ビルボード上位入りを目指すファンにより、この年から集計対象に新たに加わったSNSにおけるメンション数を稼ぐべく、ツイッター上で宣伝活動が活発化したことが挙げられる*3。12月にはこの曲も収録した8thオリジナルアルバム「WITH」が発売され、26万枚を売り上げた。

 

2015年からはユンホとチャンミンの兵役義務のため活動が一時休止されたが、2017年10月にベストアルバム「FINE COLLECTION 〜Begin Again〜」を発売して活動を再開。本作は15万枚を売り上げ、変わらぬ存在感を見せた。

 

2018年9月には久々となる9thオリジナルアルバム「TOMORROW」を発売し、15万枚を記録。本作には活動再開第一弾シングルとなった「Reboot」などを収録している。

 

2019年10月には10thオリジナルアルバム「XV」を発売し、18万枚をセールス。衰えぬ人気を見せつけた。本作には46thシングル「Jealous」などを収録している。

 

まとめ

 

以上まで見てきたとおり、東方神起は多くの困難を伴いながらも日本国内の活動を長期に渡り継続させ、変わらぬ人気を見せ続けている。その実態は、5人組時代では主にCDシングルとダウンロード売上、2人組時代では主にダウンロードとCDアルバム売上によって可視化されていた。特に日本にK-POP文化を持ち込んだ立役者としての実績は大きく、そのパフォーマンスは今なおライブ動員数が国内トップクラスであることからしても大きな支持を得ていることが窺えており、今後の活躍にも大いに期待できるものとなっている。

 

ここで紹介した数多くのヒット曲を手っ取り早く入手するには、2010年に発売されたベストアルバム「BEST SELECTION 2010」がおすすめ。全て網羅はできないものの、10万ダウンロード以上を記録している多くの楽曲を2枚のDisc数で押さえることができる。

 

BEST SELECTION 2010

BEST SELECTION 2010

  • アーティスト:東方神起
  • 発売日: 2010/02/17
  • メディア: CD
 

 

活動再開後の楽曲も押さえたいという場合は、2017年に発売されたベストアルバム「FINE COLLECTION 〜Begin Again〜」がおすすめ。

 

FINE COLLECTION ~Begin Again~(ALBUM3枚組)(スマプラ対応)

FINE COLLECTION ~Begin Again~(ALBUM3枚組)(スマプラ対応)

  • アーティスト:東方神起
  • 発売日: 2017/10/25
  • メディア: CD
 

 

この記事で紹介したダウンロード売上データは日本レコード協会HP内の下記サイトで検索することができる。新たな発見の宝庫なので、時間があれば好きな曲やアーティストのダウンロード売上を検索してみることをおすすめする。

 

www.riaj.or.jp

 

*1:東方神起の場合は、ファンクラブ会員のみに販売されていたBigeast盤が該当する。

*2:これを踏まえ、楽曲人気を追うことを目的とする本ブログでも、2011年以降の作品では誰であってもシングルCD売上枚数には一切言及していない。

*3:なお、翌年以降はこの結果を踏まえてか、ツイッターのメンション数のBillboard JAPAN Hot 100における総合ポイント換算率が引き下げられたため、現在ではファンによるツイッター活動だけで年間上位入りすることは不可能になっている。