Billion Hits!

配信ダウンロード売上、MV再生数、Billboard JAPANランキングなどを通じて国内の人気楽曲を把握するブログ

2005年以前配信曲のダウンロード売上ランキング

この記事では2005年以前に配信された楽曲のヒットをフル配信ダウンロード売上を通じて振り返る。

 

2005年までは音楽の聴き方の主流はCDを購入することだったため、楽曲人気を把握する主要な手段は依然としてCD売上チャートを確認することであった。一方で配信市場も急速に普及を始めており、長い年月を経てCD売上よりもフル配信ダウンロード売上の方が多い数字を積み上げた楽曲も少なからず存在する。

 

50万ダウンロード以上を記録した全曲のデータをランキング化した表は以下のとおり。このうち6曲が配信ミリオンを突破している。

 

f:id:musicnever_die:20210209003732p:plain

 

 

(ランキング作成方法および歴代ダウンロード売上ランキングはこちら↓) 

billion-hits.hatenablog.com

 

(歴代アーティスト別ダウンロード売上ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

なお、ここではあくまでも配信された年で楽曲を振り分けて表を作成している。当時はまだ配信未解禁の楽曲も多いため、CDでは2005年以前に発売されていても配信では2006年以降に解禁された楽曲もあるが、そのような楽曲はここには含めていない。

 

 

この時期活躍したアーティスト

 

以下アーティストの活躍は個別記事を設けて詳細解説しているので、記事へのリンクをあいうえお順に並べた。

 

宇多田ヒカル

EXILE

大塚愛

ORANGE RANGE

コブクロ

中島美嘉

MISIA

 

ミリオン(100万)達成曲解説

 

1位はコブクロ「桜」。2005年に配信された12thシングルCD表題曲である。この曲はコブクロの二人がストリート時代に出会い、最初に作成されたオリジナルナンバーで、「YELL~エール~」とどちらをデビュー曲にするか悩んだ末、しばらく温めることとしていた曲である。文字通り桜ソングであるが、11月発売としたのは、冬の寒さに負けないようにという思いを込めてのことであった。

 

タイアップは発売後に付き、2006年1-3月期に最高視聴率16.4%を記録したドラマ「Ns'あおい」主題歌に起用された。2月にはジャケットを変え、ショートムービーやテレビスポットを収録したDVDを追加したSpring Packageとして再発売。このような施策も功を奏し、桜の季節である春にかけてロングヒットを記録した。最終的なCD売上は43万枚。年間では集計割れを起こし、2005年61位→2006年30位と推移した。

 

しかしダウンロード売上ではCD売上を大きく上回る配信ミリオンを叩き出しており、最終的な配信売上は125万ダウンロードとなっている。それだけでなく、この曲は2006年8月から開始された日本レコード協会のダウンロード数認定において、唯一2006年8月に50万ダウンロード認定を受けた曲になっている(切り売りの着うたは除く)。つまり国内史上初めてフル配信50万ダウンロードを突破した曲が本曲となる。

 

この曲を収録した5thオリジナルアルバム「NAMELESS WORLD」87万枚をセールス。年間でも2006年の9位にランクインした。 


コブクロ「桜」

 

コブクロは2位に入っている永遠にともに110万ダウンロード、9位に入っているここにしか咲かない花75万ダウンロードを売り上げており、この時期大活躍していた。詳細は下記個別記事にまとめている。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

3位はAKINO創聖のアクエリオン。本曲は同名テレビアニメの主題歌として発売当初より人気だったが、発売から2年経過した2007年にパチンコのCMソングに起用されたことで人気に火がつき、10万ダウンロードを突破。その後もダウンロード数を積み上げ続け、2014年に配信ミリオンを突破した。


AKINO from bless4「創聖のアクエリオン」Music Video(Short Ver.)

 

4位は大塚愛プラネタリウム。11thシングル表題曲として2005年に配信された本曲は、最高視聴率22.4%を記録した人気ドラマ「花より男子」挿入歌というタイアップが付いたこともあり、CDで自身2位の売上となる31万枚をセールスしただけでなく、配信で自身最大にして唯一となる100万ダウンロードを達成した。

  

当時の大塚愛は「さくらんぼ」のような突き抜けた明るさのアップテンポ路線が支持されていたが、「プラネタリウム」の大ヒットでじっくり聴かせるバラード路線においても確かな支持基盤を確立することに成功した。

 

メディアでは長らくCD売上自身1位のさくらんぼ」大塚愛最大のヒット曲として紹介され続けてきたが、CDと配信の合算売上では「プラネタリウム」がCD31万枚+配信100万ダウンロードで131万、「さくらんぼ」がCD52万枚+配信50万ダウンロードで102万なので、「プラネタリウム」が自身最大のヒット曲となる。大塚愛の最大ヒット曲の認識は改めなければいけない状況になっている。

 

billion-hits.hatenablog.com

 


大塚 愛 / プラネタリウム

 

5位は中島美嘉雪の華。2003年に配信された本曲は美しいメロディーと歌声で奏でられた極上のウィンターラブバラードとして支持を受け、発売当時はノンタイアップだったにもかかわらず配信ミリオンを突破する大ヒットを記録した。

 

楽曲人気は最初にCD売上に表れた。CDシングル売上は、アルバム発売1ヶ月前先行シングルだったため、24万枚とそこそこの数字に留まっているが、登場週数28週のロングヒットで「STARS」に次ぐ売上となった。そして人気はCDアルバム売上の爆発という形で顕在化し、2ndアルバム「LØVE」141万枚のセールスとなった。なおアルバムは年間チャートでは集計割れを起こし、2003年14位→2004年12位と推移している。

 

配信売上は長期間に渡る楽曲人気の持続が可視化される形で、配信開始13年後の2016年10月に配信ミリオンを達成。一度に一気に売れるのではなく、緩やかなペースを非常に長い期間維持し続けて100万ダウンロードに到達している。13年かけてのミリオンは歴代2位のスロー記録である。

 

中島美嘉最大のヒット曲もシングルCD売上自己最高の「STARS」とされることが多いが、配信売上と合計した数字はCD46万枚+配信10万ダウンロードで56万であり、CD24万枚+配信100万ダウンロードで合計124万となっている「雪の華」が「STARS」を上回っている。 


中島美嘉 『雪の華』

 

中島美嘉は他にも2005年にNANA starring MIKA NAKASHIMA名義で発売した「GLAMOROUS SKY」CD44万枚+配信75万ダウンロードで合計119万を売り上げており、この時期大活躍していた。

 

billion-hits.hatenablog.com

 

6位は中島みゆき「糸」。この曲は1992年に発売され35万枚を売り上げた20thオリジナルアルバム「EAST ASIA」収録曲として発表され、2002年に配信でも解禁された。カラオケの人気曲としてじわじわと浸透していき、配信から16年後の2018年に配信ミリオンを突破した。この曲が現在、100万ダウンロード認定所要日数スロー記録となっている。90年代の楽曲が2000年代に入りここまで浸透した詳細な経緯は下記ツイートでまとめられているので紹介する。

 

 


菅田将暉&小松菜奈 映画『糸』MUSIC VIDEO( 中島みゆき「糸」フル )【8月21日(金)公開】

  

トリプル・プラチナ(75万)達成曲ピックアップ

 

PRINCESS PRINCESS「M」は1989年に発売された7thシングル「Diamonds」のc/wに収録されていた楽曲である。表題曲「Diamonds」は当時から絶大な人気を獲得していて、CDでは109万枚を記録し年間でも1989年1位→1990年37位と推移したほか、2006年に配信でも解禁されるとそこからの積み上げで25万ダウンロードを突破している。

 

しかしc/wの「M」も隠れた人気曲としてじわじわと浸透していき、今や隠れているとは言えないほど表題曲に劣らない人気曲となった。失恋ソングとしてカラオケでも人気となり、売上は75万ダウンロードに到達している。なお1980年代に発表された楽曲で75万ダウンロードを突破している曲は他に久保田利伸「Missing」しかない。いかに突出して長期に渡る人気を得ているかが窺える。

 

多くのアーティストにカバーされたことも知名度が拡大した大きな要因である。特につるの剛士が2009年に発表した「M」のカバーは25万ダウンロードを売り上げており、この曲をリードトラックにしたカバーアルバム「つるのうた」24万枚を売り上げている。

 


プリンセス プリンセス 『M』

 

ダブル・プラチナ(50万)達成曲ピックアップ

 

「Dreamland」は2005年6月に発売されたBENNIE Kの9thシングル。サビのキャッチーさが群を抜く爽やかなアップテンポナンバーの本曲はコカ・コーラのCMソングとして大量オンエアされたこともあり人気を広げ、CD34万枚、配信50万ダウンロードを売り上げた。


BENNIE K - Dreamland

 

「Only Human」は2005年11月に発売されたKの4thシングル。泣きのバラードナンバーである本曲は最高視聴率20.5%を記録したドラマ「1リットルの涙」の主題歌として支持され、CD20万枚、配信50万ダウンロードを売り上げた。


K 『Only Human』

 

「I Want It That Way」アメリカの5人組男性アイドルグループBackstreet Boysが1999年に発表したシングルで、世界的な大人気を獲得したポップソングである。日本でもこの曲をリードトラックに据えた3rdオリジナルアルバム「ミレニアム」81万枚を売り上げる人気となった。Backstreet Boysの代表曲として長く支持されていることもあり、日本での配信解禁は2005年だったが、そこからの積み上げで50万ダウンロードを突破している。


Backstreet Boys - I Want It That Way (Official Music Video)

 

m-flo loves YOSHIKA「let go」は2004年11月に発売されたm-floの17thシングルで、当時駆け出しの女性シンガーソングライターだったYOSHIKAをフィーチャーしたバラードナンバーである。ドコモのCMソングに起用されたこともあり広く普及した本曲はCD12万枚、配信50万ダウンロードを売り上げた。


m-flo loves YOSHIKA / let go

 

「月光」は2000年8月に発売された鬼束ちひろの2ndシングル。ドラマ「トリック」の主題歌にも起用された本曲は鬱屈した感情を描いた歌詞が共感を呼ぶ形で支持を広げ、CD56万枚、配信50万ダウンロードを売り上げた。この曲を収録した1stオリジナルアルバムインソムニア週間1位134万枚のセールスを記録した。


鬼束ちひろ - 月光

 

全力少年は2005年4月に発売されたスキマスイッチの5thシングル。NTTDoCoMo関西のCMソングにも起用されていた本曲は前向きな気持ちになれる爽やかなポップナンバーとして支持され、CD13万枚、配信50万ダウンロードを売り上げた。


スキマスイッチ - 「全力少年」Music Video : SUKIMASWITCH / ZENRYOKU SHOUNEN Music Video

 

「3月9日」は2004年3月9日に発売されたレミオロメンのメジャー2ndシングル。レミオロメンは2005年11月に発売した「粉雪」CD85万枚、配信50万ダウンロードをセールスして大ブレイクしたが、「3月9日」も「粉雪」と同じくドラマ「1リットルの涙」の挿入歌に起用されたため同時期にロングヒットを記録。CD13万枚、配信50万ダウンロードを売り上げた。配信売上だけを見れば「粉雪」と同じ数字になっているが、実際今や卒業式や結婚式などの節目行事で用いられる定番曲となり、「粉雪」に並ぶレミオロメンの代表曲として扱われている。


レミオロメン - 3月9日

  

まとめ

 

以上が2005年以前に配信された楽曲のうち累計フル配信50万ダウンロード以上を記録している主な楽曲となる。当時の音楽の聴き方の主流はまだCDを購入することだったので、配信売上でも上位に入っているこの時期の楽曲は、それだけ長く人気を維持していることが窺える。この息の長い人気を把握するためにも、この時期の楽曲の配信売上はCD売上と併せて確実に押さえておきたいところである。

 

(次年2006年配信曲のダウンロード売上ランキングはこちら↓)

billion-hits.hatenablog.com

 

この記事で紹介したダウンロードデータは日本レコード協会HP内の下記サイトで検索することができる。新たな発見の宝庫なので、時間があれば好きな曲やアーティストのダウンロード数を検索してみることをおすすめする。

 

www.riaj.or.jp

 

おまけ・プラチナ(25万)達成曲一覧

 

ORANGE RANGE 「キズナ
オゾン 「恋のマイアヒ
倖田 來未 「Butterfly」
ORANGE RANGE 「以心電信」
ORANGE RANGE 「ラヴ・パレード」
一青 窈 「ハナミズキ
德永 英明 「壊れかけのRadio」
柴咲 コウ 「かたち あるもの」
虎舞竜 「ロード」
福山 雅治 「桜坂」
平井 堅 「POP STAR」
福山 雅治 「Squall」
山崎 まさよし 「One more time,One more chance」
マイケル・ジャクソン 「スリラー」
倖田 來未 「you」
スピッツ 「空も飛べるはず
JUDY AND MARY 「そばかす」
ネリー 「ジレンマ」
柴咲 コウ 「月のしずく RUI」
L'Arc~en~Ciel 「READY STEADY GO
B'z 「いつかのメリークリスマス
ワム! 「ラスト・クリスマス (シングル・ヴァージョン)」
UVERworld 「D-tecnoLife
德永 英明 「レイニー ブルー」
nobodyknows+ 「ココロオドル -original version-」
Every Little Thing 「fragile」
ORANGE RANGE 「*~アスタリスク~」
藤井 フミヤ 「TRUE LOVE」
氣志團 「結婚闘魂行進曲「マブダチ」
マドンナ 「ハング・アップ」
セリーヌ・ディオン 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン (ラヴ・テーマ・フロムタイタニック)」
久保田 利伸 「LA・LA・LA LOVE SONG with ナオミ キャンベル」
ジェイムス・ブラント 「ユア・ビューティフル」
L'Arc~en~Ciel 「Link」
エレファントカシマシ 「今宵の月のように」
ORANGE RANGE 「お願い!セニョリータ
B'z 「OCEAN」
中島 美嘉 「桜色舞うころ」
ホイットニー・ヒューストン 「オールウェイズ・ラヴ・ユー」
マイケル・ジャクソン 「今夜はビート・イット」
エリック・クラプトン 「チェンジ・ザ・ワールド
B'z 「ultra soul
B'z 「LOVE PHANTOM
ZARD 「負けないで」
HOME MADE 家族 「少年ハート」
D-51 「NO MORE CRY」
ASIAN KUNG-FU GENERATION 「リライト」
夏川 りみ 「涙そうそう
RIP SLYME 「楽園ベイベー」
EXILE 「Choo Choo TRAIN
河口 恭吾 「桜」
Kiroro 「長い間」
宇多田 ヒカル 「Can You Keep A Secret?」
広瀬 香美 「ロマンスの神様
ケニー・ロギンス 「デンジャー・ゾーン」
安室 奈美恵 「CAN YOU CELEBRATE?
浜崎 あゆみ 「M」
Every Little Thing 「Time goes by
KLAUS BADELT 「HE'S A PIRATE」
ボン・ジョヴィ 「リヴィン・オン・ア・プレイヤー」
浜崎 あゆみ 「Who...」
Janne Da Arc 「月光花
m-flo 「come again」
荒井 由実 「やさしさに包まれたなら
つじあやの 「風になる」
JUDY AND MARY 「Over Drive
BOΦWY 「MARIONETTE」
ボーイズ・タウン・ギャング 「君の瞳に恋してる」
爆風スランプ 「Runner」
カーペンターズ 「トップ・オブ・ザ・ワールド」
広瀬 香美 「ゲレンデがとけるほど恋したい」
篠原涼子 with t.komuro 「恋しさと せつなさと 心強さと
宇多田 ヒカル 「誰かの願いが叶うころ
  

おまけ・ゴールド(10万)達成曲一覧

 

Every Little Thing 「きみの て」
浜崎 あゆみ 「HEAVEN」
倖田 來未 「Promise」
Crystal Kay X CHEMISTRY 「Two As One
浜崎 あゆみ 「fairyland」
サンボマスター 「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
MINMI 「サマータイム!!」
大塚 愛 「SMILY」
浜崎 あゆみ 「STEP you」
宇多田 ヒカル 「Passion」
木村 カエラ 「リルラ リルハ
大塚 愛 「黒毛和牛上塩タン焼680円
mihimaru GT 「恋する気持ち」
Every Little Thing 「恋文」
東京事変 「修羅場」
宇多田 ヒカル 「Be My Last」
倖田 來未 「キューティーハニー
19(ジューク) 「あの紙ヒコーキ くもり空わって」
HOME MADE 家族 「サンキュー!!」
アンダーグラフ 「ツバサ」
YUKI 「長い夢」
See-Saw 「君は僕に似ている」
平原 綾香 「Jupiter」
T.M.Revolution 「vestige -ヴェスティージ-
クリスタルキング 「愛をとりもどせ!!」
YUI 「LIFE」
岩崎 良美 「タッチ」
KREVA 「スタート」
デスティニーズ・チャイルド 「サヴァイヴァー
加藤 ミリヤ 「ジョウネツ」
ジェイ・Z/リンキン・パーク 「ナム/アンコール」
氣志團 「One Night Carnival
BEGIN 「恋しくて」
KREVA 「イッサイガッサイ」
nobodyknows+ 「エル・ミラドール~展望台の唄~」
T.M.Revolution 「ignited-イグナイテッドー」
槇原 敬之 「僕が一番欲しかったもの」
宇多田 ヒカル 「光」
YUKI 「JOY」
渡辺 美里 「My Revolution
mihimaru GT 「Love is...」
KREVA 「音色」
デスティニーズ・チャイルド 「ルーズ・マイ・ブレス」
アバ 「ダンシング・クイーン」
ボン・ジョヴィ 「イッツ・マイ・ライフ」
ブラック・アイド・ピーズ 「パンプ・イット」
HIGH and MIGHTY COLOR 「PRIDE」
槇原 敬之 「世界に一つだけの花
高橋 瞳 「青空のナミダ」
ビヨンセ 「クレイジー・イン・ラヴ(フィーチャリング Jay-Z)」
ウルフルズ 「バンザイ~好きでよかった~」
鳥羽 一郎 「兄弟船」
エミネム 「ルーズ・ユアセルフ」
宇多田 ヒカル 「COLORS」
CHEMISTRY 「My Gift to You
マイケル・ジャクソン 「バッド」
CHEMISTRY 「Wings of Words
坂本 冬美 「夜桜お七
宇多田 ヒカル 「Automatic」
マイケル・ジャクソン 「ビリー・ジーン」
マイケル・ジャクソン 「ブラック・オア・ホワイト」
RADWIMPS 「25コ目の染色体
マイケル・ジャクソン 「スムーズ・クリミナル」
SOUL'd OUT 「To All Tha Dreamers」
ジャミロクワイ 「ヴァーチャル・インサニティ」
高橋 瞳 「僕たちの行方」
セリーヌ・ディオン 「トゥー・ラヴ・ユー・モア」
藤井 フミヤ 「Another Orion」
ジャーニー 「オープン・アームズ」
宇多田 ヒカル 「traveling
倖田 來未 「大切な君へ」
B'z 「今夜月の見える丘に
B'z 「ALONE」
宇多田 ヒカル 「SAKURAドロップス
day after tomorrow 「Starry Heavens
B'z 「もう一度キスしたかった
B'z 「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない
Janne Da Arc 「Rainy~愛の調べ~」
ORANGE RANGE 「上海ハニー」
Crystal Kay 「Kiss」
オアシス 「ホワットエヴァー」
UVERworld 「CHANCE!」
ベン・E・キング 「スタンド・バイ・ミー
BOΦWY 「B・BLUE」
相川 七瀬 「恋心」
相川 七瀬 「夢見る少女じゃいられない」
CHEMISTRY 「almost in love
髙橋 真梨子 「ごめんね・・・」
SEAMO 「a love story with BENNIE K
YUKI 「歓びの種」
RIP SLYME 「One」
アース・ウインド & ファイアー 「セプテンバー」
エリック・クラプトン 「ティアーズ・イン・ヘヴン」
ベット・ミドラー 「ローズ」
奥田 民生 「イージュー★ライダー」
YUKI 「ドラマチック」
倉木 麻衣 「Secret of my heart
ザ・ベイビースターズ 「ヒカリへ」
K 「over...」
REBECCA 「フレンズ ~remixed edition~」
倉木 麻衣 「Love, Day After Tomorrow
EXILE 「HERO」
ZARD 「マイ フレンド
浜崎 あゆみ 「Memorial address
浜崎 あゆみ 「teddy bear」
モンキーズ 「デイドリーム・ビリーバー」
ヴァネッサ・カールトン 「サウザンド・マイルズ」
ユニコーン 「すばらしい日々」
ゴスペラーズ 「ミモザ
ノーランズ 「ダンシング・シスター」
安室 奈美恵 「GIRL TALK
平井 堅 「思いがかさなるその前に・・・」
Origa 「inner universe
エレファントカシマシ 「悲しみの果て」
T.M.Revolution 「HEART OF SWORD ~夜明け前~」
T.M.Revolution 「HOT LIMIT
倖田 來未 「hands」
安室 奈美恵 「ALL FOR YOU」
ジャクソン5 「帰ってほしいの」
ORANGE RANGE 「ロコローション
L'Arc~en~Ciel 「自由への招待
Skoop On Somebody 「sha la la」
浜崎 あゆみ 「SEASONS」
倖田 來未 「Rain」
大塚 愛 「大好きだよ。」
坂本 龍一 「Merry Christmas Mr. Lawrence
浜崎 あゆみ 「Moments」
DREAMS COME TRUE 「HAPPY HAPPY BIRTHDAY」
THE BOOM 「島唄 (オリジナル・ヴァージョン)」
大塚 愛 「金魚花火
シンディ・ローパー 「タイム・アフター・タイム
シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー 「キス・ミー」
アヴリル・ラヴィーン 「コンプリケイテッド」
T.M.Revolution 「WHITE BREATH
day after tomorrow 「そして僕にできるコト」
ゴスペラーズ 「ひとり」
アリシア・キーズ 「イフ・アイ・エイント・ガット・ユー」
m-flo 「miss you loves melody. & 山本領平
古内 東子 「誰より好きなのに」
Do As Infinity 「柊」
浜崎 あゆみ 「No way to say」
BOφWY 「ONLY YOU」
大塚 愛 「甘えんぼ」
ジャクソン5 「ABC」
中島 美嘉 「FIND THE WAY」
ASIAN KUNG-FU GENERATION 「遥か彼方」
MR. BIG 「トゥ・ビー・ウィズ・ユー」
ゴスペラーズ 「永遠に」
玉置 成実 「Reason」
倖田 來未 「最後の雨」
BRAD KANE/LEA SALONGA 「A WHOLE NEW WORLD」
グリーン・デイ 「バスケット・ケース」
a-ha 「テイク・オン・ミー」
グリーン・デイ 「マイノリティ」
ユンナ 「ほうき星」
浜田 省吾 「悲しみは雪のように (single version)」
バービーボーイズ 「目を閉じておいでよ」
m.o.v.e 「Gamble Rumble」
中島 美嘉 「STARS」
CLAIRE 「FLY ME TO THE MOON」
上戸 彩 「夢のチカラ
広瀬 香美 「promise」
KAN 「愛は勝つ
玉置 成実 「Realize」
KISS 「ラヴィン・ユー・ベイビー」
浜崎 あゆみ 「A Song for ××
中島 美嘉 「WILL」
広瀬 香美 「DEAR . . . again」
EXILE 「Together」
globe 「DEPARTURES
大塚 愛 「Cherish」
CHEMISTRY 「You Go Your Way
倖田 來未 「1000の言葉」
ORANGE RANGE 「ミチシルベ ~a road home~」
L'Arc~en~Ciel 「New World」
倖田 來未 「real Emotion」
EXILE 「We Will~あの場所で~(Original mix)」
センチメンタル・バス 「Sunny Day Sunday
TUBE 「あー夏休み」
EXILE 「Your eyes only~曖昧なぼくの輪郭~」
Every Little Thing 「出逢った頃のように
hitomi 「LOVE 2000
Janne Da Arc 「DOLLS
ASIAN KUNG-FU GENERATION 「君という花」
浜崎 あゆみ 「Voyage」
山崎 まさよし 「セロリ」
ゴスペラーズ 「星屑の街」
元ちとせ 「ワダツミの木」
THE ALFEE 「星空のディスタンス
安室 奈美恵 「White Light」
髙橋 真梨子 「桃色吐息」
浜崎 あゆみ 「evolution"Original Mix"」
浜崎 あゆみ 「Dearest~Original Mix~」
MISIA 「キスして抱きしめて」
ジョン・レノン 「ハッピー、クリスマス(戦争は終った)」
Every Little Thing 「また あした」
Every Little Thing 「Dear My Friend
JUDY AND MARY 「クラシック」
PEABO BRYSONREGINA BELLE 「A WHOLE NEW WORLD(ALADDIN’S THEME)」
宇多田 ヒカル 「DISTANCE」
浜崎 あゆみ 「HANABI
ASIAN KUNG-FU GENERATION 「ループ&ループ」
X JAPAN 「Silent Jealousy」
坂本 真綾 「プラチナ」
元 ちとせ 「語り継ぐこと」
KOKIA 「ありがとう・・・」
安室 奈美恵 「Say the word」
LOVE PSYCHEDELICO 「Last Smile」
工藤 静香 「慟哭」
TM NETWORK 「STILL LOVE HER (失われた風景)」
鬼束 ちひろ 「私とワルツを」
SUM 41 「スティル・ウェイティング」
奥田 民生 「さすらい」
電気グルーヴ 「Shangri-La」
平井 堅 「LIFE is... ~another story~」
玉置 浩二 「メロディー」
平井 堅 「even if」
真心ブラザーズ 「サマーヌード
玉置 浩二 「田園」
北出 菜奈 「消せない罪」
髙橋 真梨子 「はがゆい唇」
MISIA 「眠れぬ夜は君のせい」
岡村 孝子 「夢をあきらめないで」
高田 梢枝 「秘密基地」
BoA 「VALENTI」
渡辺 真知子 「かもめが翔んだ日
ヨーロッパ 「ザ・ファイナル・カウントダウン」
JUDY AND MARY 「くじら12号」
森山 直太朗 「生きとし生ける物へ」
くるり 「ばらの花」
米米CLUB 「Shake Hip!」
高橋 真梨子 「for you・・・」
X JAPAN 「Say Anything」
Do As Infinity 「陽のあたる坂道」
シンディ・ローパー 「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン」
BoA 「JEWEL SONG」
PUFFY 「アジアの純真
Crystal Kay 「Boyfriend -partⅡ-/原題:What Makes Me Fall In Love」
平井 堅 「楽園」
東京スカパラダイスオーケストラ 「美しく燃える森」
JUDY AND MARY 「散歩道」
安室 奈美恵 「Wishing On The Same Star」
Do As Infinity 「深い森」